「運命は自分で変える」音が聞こえなくても正確なリズムを刻むプロダンサー

リン・チンラン/Lin Ching Lan
台湾で活躍する、重度の先天性聴覚障がいを持つプロのダンサー・振り付け師。障がいを乗り越え、音を床からの振動で感じ取る方法でダンスを習得。聴覚障がい者によるダンサ一一座を創設したり、映画に出演したりと幅広く活躍。2015年、聴覚障がい者ミスコンテスト アジア大会で優勝。

160222_sk2_01 リン・チンランさんは台湾のプロダンサー。社交ダンスの先生だった母親のもとに生まれたチンランさんは、先天的に重度の聴覚障がいを持っていました。音が聞こえないというハンデを抱えながらも幼い頃からダンスの魅力に惹き付けられていったチンランさん。いつしか「自分で踊りたい」と強く思うようになりました。
160222_sk2_03 しかし、チンランさんがダンスを始めようとダンススクールの門を叩いても、彼女を受け入れてくれるスクールは見つかりませんでした。どのスクールも、重い聴覚障がいを持つ彼女にダンスを踊ることは無理だと決めつけていたのです。

その偏見が、逆に彼女を強くしました。

「足の裏」で音を聞く
全神経を研ぎ澄ませた彼女が
つかんだ術

160222_sk2_02 ある日、チンランさんは音楽の振動が床から伝わってくるのに気づきました。彼女はその振動を必死に拾い上げ、一定のリズムとして感じ取る術を身につけていきます。そして、正確なリズムを刻んで身体を躍動させることに成功するのです。
160222_sk2_04 足の裏から伝わるほんの小さな振動だけを頼りに、これほどダイナミックなダンスを表現できるようになるまでに、彼女がどれだけ壮絶な努力を重ねて来たでしょうか。バレエ、ストリートダンス、民族舞踊、あらゆるジャンルに精通する彼女のダンスは、彼女が背負ったハンデを少しも感じさせません。それどころか、音との究極の一体感を伴っているように見えます。

「自信」が、
さらに彼女を光り輝かせた

160222_sk2_05 今や揺るぎない自信に満ち溢れているチンランさんは、2015年、チェコで開催された聴覚障がい者ミスコンテスト アジア大会において、グランプリを獲得しました。これは台湾人として初めての快挙です。
それだけにとどまりません。彼女はダンスで自分の夢を叶えただけでなく、今では自分と同じく聴覚障がいを抱えたダンサーで構成される一座を率いて精力的に活動しています。
160222_sk2_06 彼女はこう言います。
“神様は扉を一つ閉めたとしても、どこか窓を開けてくれるもの”
その窓はきっと、あらかじめ決められているかのように見える運命に抗い、出口を探そうと諦めることなく努力し続けた人に開く窓なのでしょう。


ここで紹介するWEBムービーは、このエピソードをまとめたもの。制作しているのは「運命を、変えよう。〜#changedestiny〜」というキャンペーンを展開中の『SK−II』です。

運命は、自分の手で変えられる

『SK−II』は、「すべての女性には運命を変える力がある。肌が変われば、運命を変える勇気と自信が生まれる」と強く信じ、リン・チンランさんのように自らの手で運命を切り開く女性を応援しています。どんな人の中にもきっと、運命を変える力が眠っているはず。今日、この瞬間をきっかけに、あなたも、勇気を出して最初の一歩を踏み出してみませんか?

『SK−II』のブランドサイトでは、リン・チンランさんを含め運命を変えてきた女性12名それぞれのエピソードが公開されていますので、ぜひチェックしてみてください。共感できるストーリーがきっと見つかりますよ。

運命を切り開いてきた12名の女性たちのストーリーはこちらで公開中

title_kanren

Sponsored by SK−II
アメリカやカナダ、フランス、イギリスなど、欧米各地のランドマークの路上でポーズをとる、一糸まとわぬ姿のダンサーたち。NY在住の写真家、ヨルダン・マター氏の...
Collective-Revolutionの記事によれば、音楽にはすべての基準となる音の高さ「基準周波数」というものがあり、1953年に国際標準化機構(I...
舞台の上で、美しく舞い踊るバレエダンサーたち。その美しさの裏には、並々ならぬ努力があることは、多くの人の知るところです。厳しい練習や競争、ケガの絶えない生...
「結婚観」、それはお国柄が色濃く出る価値観の一つ。時代が変わり、結婚に対する自由な考え方が世界に広がりつつある今もなお、古くから残る結婚観が女性たちを苦し...
健常者と車いすのダンサーがペアを組んで踊る社交ダンス。パラリンピックの正式種目になるほどの人気スポーツだという。ヨーロッパで広く普及し、日本も競技人口が少...
まるでヘッドホンをつけているかのように、「あなただけに聞こえる」スピーカーが、「INDIEGOGO」で紹介されています。これさえあれば耳へのストレスなく、...
「砂」から「泡」へ──。正確な時間を刻む砂時計。その中身をシャボン水に代えただけで、「計る」ための道具は、時間の流れそのものを「楽しむ」ためのものになりま...
あなたは、運命の相手を信じますか?「Elite Daily」の男性ライター、Anthony Petronzioさんの恋愛観がなかなか面白かったので紹介した...
2015年12月10日、バレエダンサーのニック・トペテがこの動画をFacebookにアップしたところ、瞬く間に再生回数が650万回を突破!飛行機遅延のあい...
「モダン・ダンスの祖」と呼ばれる女性がいる。19世紀末のパリ社交界でトップスターの座に上り詰めて、のちのダンス界に多くの影響をもたらしたロイ・フラーだ。鮮...
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
2015年12月、ラスベガスで開催された大会「World of Dance Las Vegas 2015」で、ダンサーのFik-Shunが見せたパフォーマ...
人生を変える、運命の選択。おそらく多くの方がこれまで、何度かそういった経験をしていることでしょう。そして、その結果はやはり誰にも分からないものです。だけど...
■Twerk Dance(トゥワークダンス)とはアメリカで今大流行しているtwerk(トゥワーク)ダンスをご存知だろうか。足を大きく広げ腰を低く落とし、音...
今年11月に93歳を迎えた小説家・佐藤愛子さん。彼女のエッセイ『九十歳。何がめでたい』は、これまで数々の困難を乗り越えてきたからこそ見える視点で、バッサバ...
恋愛映画やラブコメで必ずといってもいいほど登場する「運命の人」。現実にそんな人いるの?と疑うあなたに、今の相手が運命の人かもしれない「11のサイン」をお教...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
全米の超人気ダンス番組「アメリカズ・ベスト・ダンス・クルー」で、史上最高レベルとの呼び声高いパフォーマンスを披露し、いまや振付師、総合演出家としても活躍す...
2015年12月13日20時頃、テレビ朝日系列でたった一回だけオンエアされたCMがあります。きっと、100人いたら99人が見逃したであろう、この傑作。でも...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...