防護メッシュで覆われた「探査用ドローン」がかっこ良すぎる

まず見てくださいこの見た目!かっこいいでしょう?

Df9e3ce2a32bf49ba1f2bc132076db1392c0f53d

ドローンにもいろいろなタイプがありますが、そのコントロールは難しそうな印象があります。その点この「Gimball」は、狭いところでも使用できるよう改良されたもの。衝突する前提で機体の周囲に防護メッシュを組んでいます。暗いところでも撮影ができるようにとクールなライト付き。

1e07ba2cc825026fb183ca9191be6e0530f3945c

しかもこれ、ただビジュアルがいいだけではなく。探査機として大マジメにその活躍が期待されているシロモノ。

「狭い・暗い・険しい」
氷河の探査でも活躍!

7612d4f7f9a1baab430e8c4dfeaf111d6402d816

環境科学に詳しいライターEmily J. Gertz氏は、「Take Part」にドローンが様々な分野の科学的調査で活躍していることを書いた上、その活用例を紹介しています。

「Gimball」を開発したスイス企業「Flyability」社は、世界でもっとも厳しい環境のひとつと言われているマッターホルンにあるレスキューチームと共同で、海抜3,500メートル地点の調査を行いました。これは、温暖化によって氷河にどんな影響があったのかを調べるもの。その様子を捉えた動画がこちらです。

人間が立ち入ることはもちろん、無事に戻ってくることも困難な、クレバスと呼ばれる氷河の割れ目の内側など、危険な領域でも様々なアングルで映像を記録できるようになりました。照明代わりにもなり、危険区域での救助活動など幅広く活躍が期待されています。

直径40cm、重さ500g、機動領域は500m圏内。最長12分間の飛行が可能で、バッテリー交換がカンタンにできます。いまだプロトタイプで改良を重ねている最中ですが、2016年の半ばには製品化を予定。産業用のため販売予定価格は25,000ドル(約300万円)とプロ仕様ですが、とても魅力的なドローンですよね。

Licensed material used with permission by Flyability
take_part_logo_closed_100313 (1)
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物...
「The Flir Duo」は、可視光と熱探知のセンサーがどちらも利用可能な、世界で初めてのアクションカメラです。大きさは41×59×29.6mm、重さは...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...
楽しい楽しいショッピング、ついたくさん買ってしまうと荷物を運ぶのもひと苦労。「そんなの、彼氏を呼んで荷物を持ってもらえばいいじゃない」と言えればいいのです...
2015年12月13日20時頃、テレビ朝日系列でたった一回だけオンエアされたCMがあります。きっと、100人いたら99人が見逃したであろう、この傑作。でも...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
撮影用やおもちゃ感覚で、量販店でも買えるようになったからといって、日常の生活のなかにドローンが浸透している人は、まだごく一部の人にすぎません。もちろん不要...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
動画を見ると想像以上にパワフルです。でも、ドローンって主には空撮用に使われていますよね。ウェイクボードをするかのように使っていますけど、大丈夫なのこれ?使...
撮影用のドローンにも様々な種類がありますが、これは画期的! 現在米軍では、大きめのハチぐらいというミニサイズの撮影用ドローンがテストされています。2015...
いま、世界中で話題のガジェットがあります。イギリス発、世界最小のドローン「Micro Drone 3.0」。指でつかめるほどに小さい、このドローン。クラウ...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...