夜道を照らす「ドローン照明」このサービスは流行りそう

撮影用やおもちゃ感覚で、量販店でも買えるようになったからといって、日常の生活のなかにドローンが浸透している人は、まだごく一部の人にすぎません。もちろん不要な人にはこの先も。でも、「これはナイス!」と唸ってしまったアイデアを紹介します。

Light My Way
行く道をドローンで照らして!

Medium e104c3777d8c3f795be9e0fe9f21c8d9363b9eaaMedium ca3e19831824d82ed9f2edc3fdeca265a0c87741

映画『未知との遭遇』さながらのこの写真。家の真上にいるのはもちろんUFOではなくドローン。イギリスのある保険会社がサービス開始に向けて、最終段階に入った「Fleetlight」は、照明付きのドローンをアプリで呼び出し、目的地までの夜道を照らしてもらうというもの。

原理は単純。スマホのGPS機能をオンにしておけば、あとは上空からドローンが夜道を照らしながら追っかけてくれるだけ。

編隊を組んだドローンが
前後左右をライトアップ

Medium b97086340a6500cb14a39cb0eb3a8a04884cfb9fMedium 92ecd3730105dd6ab78af7875eb659c9b5fcc585Medium e29463b7cfa8de5e0a9ed1506f43dca51f856113

200Wのタングステン電球を搭載したドローンは3機(目的によって4機)が編隊を組んでユーザーに同行。7メートル上空から1機はユーザーの前方を、感覚を開けて2機が左右から照明を当てることで、前後左右の明るさを確保するスグレモノ。

また、歩く速度から、ラン、自転車など、スピードに合わせてドローン自体のスペックも2パターン用意。自動車のスピードにも対応可能というから大したもの。たしかに夜道が危険なのは、なにも自分が歩いている(自転車に乗る)とも限らないわけで。

Fleetlightが重点的にテスト飛行を繰り返してきたのは、ロンドンから南に降ったサウスダウンズ国立公園内の町ペットワース。ここは、イギリス国内でも街灯が少なく“最も危険な道”、とマイナスなイメージが定着してしまっているエリア。

町では、夜道で危険な思いをしたり、怪我をするケースが毎年を絶たなかったそうです。また、真っ暗闇が犯罪の温床となっていることは疑いようのない事実、と保険会社のマーケティングディレクターの声を「Co.Exist」が紹介しています。

見守りドローン技術は
オープンソース

Medium 7a235225a5bd2d5bb9896406cb72d28b3eef26cd

 都心で暮らしていると忘れてしまいますが、ちょっと郊外へ出ただけで、民家からもれる明かりも街灯の数もぐんと減り、月明かりだって心もとなく不安にさせるもの。女性なら尚更でしょう。

夜道での怪我や犯罪に保険をかけさせるのではなく、それを予防する対策に打って出た保険会社のアイデアがいいじゃないですか。

ちなみに、このFleetlingtプロジェクトはオープンソースで、世界中どこの地域やコミュニティでも、必要な人たちのために技術を活かしてほしい、と開発者。夜道を照らすトーチライトが近い将来、無人のドローンに変わる日がくるかもしれませんね。

Reference:Co.Exist
Licensed material used with permission by Direct Line Insurance
モルディブに青く光る海があるという。砂浜近くに押し寄せた海洋性プランクトンの一種「夜光虫」が、夜の海に青い道をつくる現象だ。瞬間、それをイメージさせるが、...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
いま、世界中で話題のガジェットがあります。イギリス発、世界最小のドローン「Micro Drone 3.0」。指でつかめるほどに小さい、このドローン。クラウ...
AED搭載ドローンが、救急現場に直行する!すでに様々な用途を目的として、ドローンが活用されるようになってきている。一般的には遠隔撮影用のものが多いが災害時...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
最近目にする機会が多くなった「ドローン」ですが、まだまだ認知度は低いもの。「一体何が凄いんだ!ただのラジコンじゃないか!」なんて人もいまだに多いかもしれま...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
まず見てくださいこの見た目!かっこいいでしょう?ドローンにもいろいろなタイプがありますが、そのコントロールは難しそうな印象があります。その点この「Gimb...
日本が誇る絶景「富士山」を舞台とし、20台を超えるドローンの編隊飛行、三味線の生演奏、そしてMIDIコントロールされた1万6,500個のLEDライトが一斉...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
ドローンでクジラとイルカを空撮!その美しさに癒される・・・。Reference:Drones Over Dolphin Stampede and Whal...
猫背が癖になってしまい、貧相に見えると周りから注意されがち…。そんな悩みを解決してくれる、姿勢を矯正するガジェット「UpRight」を紹介します。1日に1...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
これはオーストラリア西端にあるケープレンジ・ナショナルパークで撮影された動画です。ドローンを遠隔操作して、美しい景色を撮影!しようとしたら、なぜかコントロ...