シールタイプの「反射板」は、夜道でも自己主張ができる

クロスバイクに求められるのは、乗り心地だけでなく、ファッション性も重要な要素。「バイクで自己主張する」はもはや自明の理だけど、愛用の自転車にあれもこれもと付属パーツを搭載するような、スペック過多では“街乗り”のスマートさが失われてしまいます。

ということで、スタイルも大切、でも安全はもっと大切なすべてのサイクリストのみなさんへ。こんな「反射板」はいかがでしょう。

夜道で存在感を発揮する
反射力◎の「リフレクターシール」

3db1c1137165dbb481e6a7fa0e94f2c0da56d6ee4af2f7743b45d7e9829c301837bd2e948a053e9a

「FRECTR ZERO(フレクター ゼロ)」と呼ばれるこの反射板は、反射性に秀でた何千ものマイクロプリズムによって、夜道でも光が当たると、まるで電気がついているかのように光を跳ね返すスグレモノ。

その反射力の強さは、欧米の救助車の回転灯に匹敵するレベルだとか。こんなふうに、夜道でも存在がはっきり確認できます。

062727c6c5b9a9e731e62e05926782520871f4a84424b70041cd0667861f048f0aa3630435d7dbdf

スポークに巻きつけるかたちで接着するシールタイプだから、装着もラクラク。どこに貼りつけるかによって、夜道での見え方も変わってくるので、ポジションや枚数で個性を発揮することもできる。これならば、強いこだわりを持つサイクリストたちだって、スタイルを損なわずに愛車をカスタムできるんじゃないでしょうか。

(仮に)時速160キロでも、
ズレない、はがれない。

1枚あたりの重量は、わずかに0.7グラムと超軽量。それでいて、「丈夫さ」に関しては太鼓判のよう。だって、普通に考えたら時速160キロの適応テストって、やりすぎですから(笑)。

とにかく「はがれにくい」というメリットは、この実験だけでなく、結構な水圧でホースの水を直接当てている動画(最下部)の映像からも伝わってきます。水でバシャバシャ洗っても問題なしなら、タウンだけでなく、オフロードにもいいかも。

A518405294a0852845a61e8862836d4f8d9bd7b6

メーカーHPによると、1セット(4枚入り)プラス送料で約2,800円ほど。2セット以上の購入で送料無料に。

普段はさりげなくも、夜道ではこれでもかと自己主張する。機能プラスαあって、はじめて街乗りユーザーの心も動くんじゃないでしょうか。

Licensed material used with permission by FLECTR
自転車に乗るときに、ヘルメットの着用が義務化されていたり、追い越す時に確保しなければならない距離が定められていたりと、日本と比べてサイクリストの意識がちょ...
12月の平均日照時間がわずかに6時間半ほどしかない、北欧スウェーデン。そんな自然環境だからこそ、暗闇を快適に過ごす便利グッズのクオリティには、思わず唸って...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
目的地に向かったり、きれいな景色を横目で見ながら走ったりするだけが「サイクリング」の楽しみ方ではありません。オーストラリアのパースを拠点とするサイクリング...
モルディブに青く光る海があるという。砂浜近くに押し寄せた海洋性プランクトンの一種「夜光虫」が、夜の海に青い道をつくる現象だ。瞬間、それをイメージさせるが、...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
自転車に乗っていると、いくら気をつけていても危険につながってしまうことがある。特に、視界の悪い夜はそう。減速したり、曲がったりする時は、自分なりに安全確認...
くりくりお目々がチャームポイントの男の子、Tima Kuleshovくん。彼の得意技は、かけっこでもテレビゲームでもありません。こんなに可愛らしい顔をして...
都市空間での最適な移動手段を追求し続け、Folding BikeやCross Bikeを展開する「Tern Bicycles(ターンバイシクルズ)」。ここ...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
まず、下の写真を見てください。部屋には木材で作られたインテリアが並びますが、これらには“ある秘密”が。実は、手前の大きなテーブルや奥の椅子、像を置いたサイ...
撮影用やおもちゃ感覚で、量販店でも買えるようになったからといって、日常の生活のなかにドローンが浸透している人は、まだごく一部の人にすぎません。もちろん不要...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
社会に出ると、2つの違う意見が出て、その板バサミになることはよくあります。どちらかに味方をするともう一方を不快にさせてしまったり…。もちろん両者に納得して...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
亡くなった祖母の化粧台から見つけた小さな手かがみ。最初は、祖母の記憶の断片を探すように、ただ手かがみを置いて撮影していた。それがいつしか、どこへ行くにも手...
バランス感覚を養うことで、補助輪なしでもすぐに自転車に乗れてしまうとあって(わが家も一発OK)、いまや子どもたちの三種の神器のひとつとも呼べるのが、ストラ...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...