アルゼンチンの「キッズバイク」は子ども以上にパパを夢中にさせる

バランス感覚を養うことで、補助輪なしでもすぐに自転車に乗れてしまうとあって(わが家も一発OK)、いまや子どもたちの三種の神器のひとつとも呼べるのが、ストライダーに代表される「キッズバイク」だ。

週末の公園に行けば、BMX調のカラフルなペダルなしバイクがスイスイと横をすり抜けていく。スチール感のあるシンプルで軽いタイプが本質的にはいちばん良いはずだが、どの子もみんな同じに見えて、いまいちオリジナリティが感じられない。

遅かれ早かれ、いつかは自転車に乗れるようになるんだし、ならば少しでも人と違ったものを選びたい。そんなこだわりパパ、あるは生粋のライダーにしか響かなくてもいい。このキッズバイクは、間違いなく親が欲しくなるそれだ。

子どもよりパパが夢中になる
ディテール

314dfa68ce3d053ad2b60da3eb676b18c6f2ba36Eb499d2e61d1a3db0f26f8862a994318efa93fd0

南米チリのサンチアゴにあるクラフトメーカー「Jokos」のキッズバイクが欲しくてたまらない。バイク乗りでもない自分をそれでもアツくさせるのは、リアリティにこだわり再現されたキッチュなこのフォルムだ。なんかもう、これでスイスイ進まなくても、またいでくれるだけで満足してしまいそう。

タンクもマフラーも「いや、いらんでしょ!」なんて突っ込みたくなるかもしれないが、ここまでちゃんと再現してくれていること自体に感謝したくなる。しかも、このワイドハンドルとくれば、尚更だ。もう一度ことわっておくが、バランス感覚を養うためのこれはキッズバイクであって、バイク(自動二輪車)をすんなり運転するためではない。

組み立て式の木製パーツは
カスタムもリペアも自由自在

641811c5710857038795ec5bd03260029bc8944b

さて、子ども以上にパパがアツくなってしまう理由がここにもある。タイヤを除くボディパーツは木製の組み立て式で、その一つひとつを職人がていねいに削り出したハンドクラフト。もちろん組み立てる楽しみはパパのもの。

腰掛けるシートにはちょっとしたこだわりがあるようで、長時間座っていても、多少バンピーな場所でライドしても痛くならないよう、子どものお尻にあったなめらかな曲線に研磨して仕上げているそう。

6cd9209ee35aaf2a548196f2429b65e80fb7d6c3C2fa02d6236954d969727e1ae7caea35534be62c

これはグッとくるでしょ?アルゼンチンの子どもたちは、こんな感じでキッズバイクを楽しんでいるんだろうな。車体重量は3.8キロ。あのストライダーが2.9キロというから、そこまで重いわけではなさそうだ。当然、成長に合わせてサドルも5段階に上げられるから、一台のバイクとの出会いのように、リペアしながら長く愛することだってできる。

どうせならばシェルタイプのヘルメットよりも、こういう方が雰囲気もでる。ということでスエード地のヘッドギアがデフォルトで付属されているっていうのもいいじゃない。

乗らないときでも
オブジェのように美しい

Fb81e155e9d817f38189d2f300b20698332c4ea29bea7c28a85b2d35344f82ae35f3f1f5ea25fa97

ところで、このキッズバイク「Jokos N°1」がモデルにしているのは、1920年代から40年代にかけて生産されたバイクたち。たとえばそれはインディアンであり、BMWであり、トライアンフ、ノートン、ハーレー・ダビッドソンといった、今でも熱狂的なファンが多いトップメーカーの二輪車からインスピレーションを得たオリジナルだそう。オールドスクールな当時のバイクのかっこよさから抜け出せない生粋のバイク乗りでなくても、このフォルムにやられるパパは間違いなくいるはずだ。

大げさに言えば、スピードだけでなく、自由な生き方や冒険心をかき立てるロマンチシズムさえ湧いてくる、往年の名車たちにインスパイアされたこの遊び道具は、じつのところ、子どものためではなくパパたちのためのものだったりして(笑)。

Licensed material used with permission by Jokes
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
世界には“餃子ライク”な料理が結構あります。そのひとつ、アルゼンチンの「エンパナーダ」。100%の牛ひき肉に、トマトや干しぶどう、オリーブなどを入れてつく...
海外でとてつもない反響を得ているムービーがある。ちびっ子がペダルのないキッズバイク「ストライダー」で通学する様子を撮影したものなのだが、実はこの少年只者で...
001 大陸:南米002 国名:アルゼンチン003 地名:パタゴニア、フィッツロイ山004 日付:2012.04.04「この景色、ずっと見ていたい」Abo...
世界中にデザートは数あれど、これほどシンプルで素朴な味わいなものは、そう多くないはずです。「ナティーヤス・ピウラナス」という名のアルゼンチンのプリン。黒砂...
日本で昨今ブームの「牛カツ」ですが、アルゼンチンにも牛肉にパン粉をつけて揚げ焼きにした「ミラネッサ」という料理があります。これ、お肉を薄く叩いて作るから、...
くりくりお目々がチャームポイントの男の子、Tima Kuleshovくん。彼の得意技は、かけっこでもテレビゲームでもありません。こんなに可愛らしい顔をして...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
「年に1度、私の誕生日だけ空に無数の光が飛ぶの!」育ての親ゴーテルによって、幼い頃から塔に閉じ込められていたラプンツェルの唯一の楽しみ。それは年に1度だけ...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
ドレスコードは「ツイード」。まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
食物アレルギーのため、毎朝マーガリンを塗ったトーストしか口にできない娘のために、パパがとった行動がステキすぎる!とイギリスで話題の家族を紹介します。たった...
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...