サイクリスト御用達「バイク風呂敷」が、じわじわきてるらしい

ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、サドルバッグは見た目がゴツく使い勝手が悪い。

「バイク風呂敷」は、生地に収まる範囲ならば、どんな大きさ・形状のものも運べてしまう優秀アイテムです。

持ち運びがとっても便利!

Dd8e6c0b1ff3eebb36046428adcc772b574ed224

イーストリバーサイクルズが販売しているこの風呂敷、サドルの下にくくりつけて使うスタイルで、とても軽くたためて、必要な時だけ使えるのがポイント。サドルバッグが苦手とする長いものも包んできゅっと結べば運べちゃいます。

でも、自転車に風呂敷という組み合わせ、不思議な感じがしますよね。

店主・岡野さんの“自転車師匠”がサドルバッグの代わりに風呂敷を使っていたのがきっかけだそう。パッキングの仕方を習って使ってみたところ、簡単に結んでもほどけず、快適なライディングを楽しめたことからこのプロダクトが生まれました。

日帰りツーリングもOK!

0313e14fc65daa7df45d03e9fec462a739fd45d5

大きさは、同店がロードバイクに合わせた60cm×60cmのオリジナルサイズ。ライドで携帯する補修品や工具、着替えなどを包むのに最適な大きさなのだそう。

7b7c8ba5c528a39cd48fd36fdca64d4c0b91ca2f

落ちないかどうかが心配なところですが、パッケージには結び方がイラストで紹介されており、簡単に装着できるので安心。不安な人は、お店で教えてもらえます。

31129e7279f7bae01874464bda966d0ea8622bde

スタンダードなレールのあるサドルが装着されていれば、どんな自転車でも使えるこの風呂敷。価格は2,000円(税込)とお財布に優しめで、現在は黒色と紺色のみの展開。本気度高めなロードバイク乗りに、じわじわ浸透中なのだとか。

E6b99f979d4169966eedb59fb65272b5ac4f05b4
Licensed material used with permission by イーストリバーサイクルズ
目的地に向かったり、きれいな景色を横目で見ながら走ったりするだけが「サイクリング」の楽しみ方ではありません。オーストラリアのパースを拠点とするサイクリング...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
いま、日本の「風呂敷」にインスピレーションを得たシューズが、国内外で密かなブームを呼んでいる。これは、イタリアのVibramから登場した、その名も『FUR...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
自転車に乗っていると、いくら気をつけていても危険につながってしまうことがある。特に、視界の悪い夜はそう。減速したり、曲がったりする時は、自分なりに安全確認...
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
外出先で「いま自転車があればなあ…」と思うシチュエーションがあるはずだ。歩くのに疲れてしまったけれど、かといって電車やバスに乗るほどでもない。そんなときに...
夜道を走る自転車って、結構危ないですよね。サイクリストもドライバーも、お互いドキッとするような怖い思いをした経験が少なくないはず。とくにドライバーから見る...
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...
クロスバイクに求められるのは、乗り心地だけでなく、ファッション性も重要な要素。「バイクで自己主張する」はもはや自明の理だけど、愛用の自転車にあれもこれもと...
約20年前に発売された折りたたみ自転車「トレンクル」です。両親がサイクリング用に購入したようですが、ほとんど乗らずに実家の倉庫に眠っていたものを譲り受けま...
くりくりお目々がチャームポイントの男の子、Tima Kuleshovくん。彼の得意技は、かけっこでもテレビゲームでもありません。こんなに可愛らしい顔をして...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
Levi'sがGoogleと共同開発を進めてきた次世代型ウェアラブルジャケットが、いよいよ2017年春リリースとなるようです。創業140余年、デニム業界の...