古い道路標識をリサイクルした、地球にやさしい「反射板」。

自転車に乗るときに、ヘルメットの着用が義務化されていたり、追い越す時に確保しなければならない距離が定められていたりと、日本と比べてサイクリストの意識がちょっと高めなオーストラリア。

そこでつくられている、環境に配慮した反射板がいい感じ。

古い「道路標識」をカット。

1e5ce93963a2136ac010e4931e84d0224b8dd518E583446e269c6bdf2d655be998071c62868942390c50d9747676605d192b3ad66e94e5b818699863A2ac76a6170c42a2fc45c3eebc4f24b73e0c8b5681569fdaca425db004f59d58405442bd41fa317953f48f3dfcc01def4a70d905fec7f68b509ebcf0D870a8e167041620d2ae573d5955697d87b484383a7a2a08801dba8fa2f2a3a49850a1bcfbc930c2D93475faa81a56c6a99703eac77aca967fae8f7dB6e05a07d7929b782cf6e6168be45f604e09ed65532e01e12f59c51d369e3eb942e7d9e5cdfff7c938f0e32d256624bc9031cf820e99fc11728997b79e6530678bf257e9149cdd673d563106716ae4008e836afacbf85bedf83078fb346242e09b4da3b070028c8f7dc90d3b745f33216138159fae67ccf278129aa62e0991c00cdf8284f6e3756b91756d6a8a0aec572acf3a34710af2cc05e27b5db44f247cB562645ae4625529bbbfd37eb195360261fd441e15c8f89a93cb81b57586e4e0da1badd03ea14dc3Fc6a4fe5b469208fd23b4b75c42462a94f327a6b832ecbd4e489a8a2ebf1418d2027eea62cfa40a513b7817c285f1258897253150e2217877eb361e16cb6f75ec4e02fc4b2fc0339d1bc15c241e4bf89

付け方は上の動画のようにスポークにつけてドライバーで締めるものや、ゴムバンドでフレームにくくりつけるものがあります。

素材の93%は交通標識をカットしたもの。そのほか7%はフェルトやステンレススチール、アルミニウムが使われています。元が元ですから反射効果はお墨付き。資源循環できて、見た目がグッド。

各種、日本への送料込みで765円から。詳しくはEtsyで確認してみて。

Licensed material used with permission by Cyclesign
クロスバイクに求められるのは、乗り心地だけでなく、ファッション性も重要な要素。「バイクで自己主張する」はもはや自明の理だけど、愛用の自転車にあれもこれもと...
まず、下の写真を見てください。部屋には木材で作られたインテリアが並びますが、これらには“ある秘密”が。実は、手前の大きなテーブルや奥の椅子、像を置いたサイ...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
12月の平均日照時間がわずかに6時間半ほどしかない、北欧スウェーデン。そんな自然環境だからこそ、暗闇を快適に過ごす便利グッズのクオリティには、思わず唸って...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
亡くなった祖母の化粧台から見つけた小さな手かがみ。最初は、祖母の記憶の断片を探すように、ただ手かがみを置いて撮影していた。それがいつしか、どこへ行くにも手...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
社会に出ると、2つの違う意見が出て、その板バサミになることはよくあります。どちらかに味方をするともう一方を不快にさせてしまったり…。もちろん両者に納得して...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...
166年前に発明された技術を使って、子ども達の写真を撮影し続けている、スペインのアーティスト・Jacqueline Robertsさん。坂本龍馬の有名なポ...
米・カリフォルニア州に住む7歳の男の子リヤンくんは、なんと3歳の頃からリサイクル活動を続けているらしいのです。地球のことをサスティナブルに考えている、とい...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...
1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。「地球は青かった…」宇宙からの帰還を果たしたガガ...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
先日Instagramを見ていたら、一面真っ赤に染まった紅葉の写真に出会った。赤く染まった木々が水面に反射してまるで写し鏡のようで、写真全体がとにかく真っ...