路地に家具を置いて、模様替えしちゃえ!(ポルトガル)

ポルトガル・アブランテスで行われたインスタレーション「DomestiCITY」は、公共の場に家族団らんの場と同じような空間をつくったもの。プロジェクトオーナーであるコロンビア人のアーティストたちが、いつも路地に座っている年配の人々から「家具が欲しい」との要望を聞いたことがきっかけです。

彼らは使われなくなったイスやテーブルを修理し、カラーリングして通りに設置。普段は何も起こらないただの通路を、リビングスペースのように模様替えしてしまいました。

路上でくつろごう!

Medium 95829136e19c3de0214700e3dc8b5558d22d51cfMedium 53e4152f42183af912fc088567083424bf9ce86cMedium 30616266e251f1c2a188f63c00eb511362ae513f

壁には会話を促すための言葉や、話題を投函できるメールボックスが。そのほかにも、絵を描くための道具など、そこに集まる人々の行動を刺激するモノが選ばれています。

Medium 4f0d079f40409cfaa818757c424453c87f5ee88cMedium 6e80881d6965d8e0a3dacfdfb09e37f9bf7dc15c

通りがかった顔見知りに「ちょっと座って行きなよ!」なんて声をかける人が出てきそうな雰囲気。休憩するにしても、公園のベンチとは違った居心地が味わえるかもしれませんよね。

設営に携わったクリエイターのMazzanti氏によれば、みんな口々に「家のリビングに居るみたいだ」と話していたそう。この一件は、テレビでも紹介されて話題に。

もしも毎日通るあの路地に、イスとテーブルがあったらーー。ひょんなことからご近所づき合いがスタートするなんてことも、ありうるかもしれませんよね。

Licensed material used with permission by Canal180, 180 Creative Camp and Domesticity
舞台はポルトガル・マデイラ諸島の路地。上空にはいくつもの電球が。やや密集している感はあるものの、特に気になるポイントはなさそうです。そう、いまのところは─...
雪が積もれば、最高に楽しい「そり滑り」。出身地によって、つねに身近にあった人、今まで1度も乗ったことがない人、さまざまかと思います。そんな「そり」を交通手...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
ポルトガルのアゲダという街には、毎年7〜9月に開催する芸術祭のひとつに「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」という傘祭りがあります。その様子をたまたまネット...
気づけば2月も終盤。さあ、春がやってきます。そんなタイミングで暖房機の紹介をするのは、時期外れだと思う人もいるかもしれません。でも、そこにはちゃんと理由が...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の...
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
とあるバス停に設置されているこちらの公衆ベンチ、刺繍が編まれてる!珍しいですよね。たまたま通りがかった通行人がその画像をSNSに投稿したところ、瞬く間に拡...
楽しい楽しい休み時間。友達と一緒に思いっきり遊びたいところですが、もし相手が見つからなくて、ひとりぼっちになってしまったら…?そんな悲しい思いをしないで済...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
愛くるしいリスの写真が、噂になっている。撮影をしているのは、カリフォルニアをベースに活動するフォトグラファー、Ashly Deskinsさんだ。ある朝、A...
寂れた街のストリートを、夜な夜な吹き溜まる不良どもが占拠する。おもむろに立ち上がると思うとスプレーを一振り。ふと朝目を覚ませば、昨日までなかったそれが、壁...
言うは易く行うは難し──。環境を守ることの重要性は、誰もが認識し、口にする。では、一体どれだけの人が、具体的なアクションに落としこめているだろう?自戒を込...
さる3月29日、東京メトロがビジネスパーソンに向けて、エキナカワークスペースとして溜池山王駅と表参道駅、銀座駅に無料のコンセント付きワークデスクやベンチを...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...