スムージーの酸化を防ぎ、美味しさを保つ真空ボトル「SANS」

手づくりのフルーツスムージーや野菜ジュースは、作り置きしたり、持ち歩くことが難しいですよね。なぜなら鮮度が命だから。時間が立てば酸化も進み、栄養素が失われてしまうだけでなく、味や色だって落ちちゃいます。

ここで紹介するのは、中身を真空状態で保存できるボトル。飲みものを注いだ後に空気を抜ける仕組みになっており、鮮度を保てるのだとか。

野菜や果物を新鮮に保つ
真空ボトルって?

C9ac769cfc95bbe34ed74bae00bf79e377d1f978756c5a3c5fea3f74eb7e0279e3888fcd14bd9674

使い方はカンタン。ボトルのフタを閉めて、バキュームポンプを数回プッシュすれば、中の空気を抜けます。

もちろん飲み口は広め。480mlの容量があり、ドリンクホルダーにも入るので携帯に便利。それに、魔法瓶と違って中の色が見られるところも素敵。ボトルを覆っているカバーのカラーバリエーションも豊富です。

134cf0f8b4bd5ac269272de17deb4aba030b373e4a966fd85bbf2c282d54b290ff22238f0b1c0f4b

実際、どのくらいもつの?

気になるのは、このアイテムによってどのくらいの違いが現れるのか。「Kickstarter」には、ジュースの変色を見るために、24時間放置して試した画像が紹介されています。試験品によるテストですが、結果がコチラ。

F2d6126c1c594a5c1c0029169c5583d58f537bf1

これはケール、青りんご、マンゴー、ピーチ、水で作ったもの。結果、「SANS」のキャップを閉めなかった左側のものに関しては、4時間も立たないうちに茶色っぽく変色し始めてしまったそうです。

朝作ったスムージーは、できるだけ早くすべて飲んでしまいたいもの。写真を見る限り、「SANS」なら美味しさを長く保てるかもしれませんね。

今は資金調達中の段階、日本からは送料込みで1つ40ドル(約4,500円)で予約できます。まだまだ改善の余地はあるとのこと。続報に期待しましょう!

Licensed material used with permission by SANS
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
mai kitamura体の内面から美しく健康になることの重要性を考え、2014年4月から野菜や果物を使ったスムージーを制作。Instagram(@mai...
おしゃれなトッピングは@mai_smoothieの魅力のひとつ。今回はマンゴーの果肉をたっぷり乗せた、ボリューム感あるスムージー。マンゴーに含まれる豊富な...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
mai kitamura体の内面から美しく健康になることの重要性を考え、2014年4月から野菜や果物を使ったスムージーを制作。Instagram(@mai...
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
今回、@mai_smoothieが教えてくれるのは、爽やかなキウイの甘酸っぱさにヨーグルトをMIXにした、ヘルシーなスムージー。キウイに含まれる豊富なビタ...
 スムージーに梨を使う?意外に思われる方、@mai_smoothieのレシピのポイントは、すだちの酸味を活かしている点。さらにもうひとアレンジ。今回はシャ...
ベトナムに行くとアボカドシントー(スムージー)にベトナムコーヒーを注いだ「アボカドコーヒー」なるものに出会う。気絶しそうな組み合わせなんだけど、飲んでみる...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
日差しの強さがさらに増しているこの時期、運動をする人にとって何より大切なのが水分補給。ウォーターボトルを用意したいところですが、持ち歩くのはちょっと面倒。...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
欧米では、すでにおなじみ毎年恒例の「消防士カレンダー」。鍛え上げられた肉体を惜しみなく披露するのは、現役フランス人消防士たち。鋼の肉体は然ることながら、美...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
ものすごく簡易的なモノに見えます。が、このボトルでろ過すれば、大抵の水が飲めるようになるそうです。詳しくは以下のとおり。<除去できるもの>・ウイルス(球菌...
ビールやワイン、ジュースなどのボトルや瓶には、思わず残しておきたいと思うようなデザインのものがあります。とはいえ、取っておいても特に使い道がないので、普通...
その理由は、「THE PINT」がボトルであり、グラスでもあるから。水やジュースはもちろん、トランスフォームさせてコーヒーやビールだって楽しめるため、ちょ...
仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、も...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...