初夏にピッタリ♪りんごとキウイを使った「グリーンスムージー」の作り方

スクリーンショット 2015-06-22 18.42.49mai kitamura体の内面から美しく健康になることの重要性を考え、2014年4月から野菜や果物を使ったスムージーを制作。Instagram(@mai_smoothie)に日記感覚で投稿した、うっとりする美しいスムージーが話題を呼ぶ。現在フォロワー数は6万人を越える。近著に『it's MAI SMOOTHIE』(光文社)。

以前の私は、職業柄、不規則な生活が続き、それとともに食生活も偏った毎日を過ごしていました。このままではいけないと思い、野菜や果物を気軽に摂取できるスムージーを飲みはじめたのがキッカケです。でも、緑一色のスムージーでは見た目が寂しい。そこで、スムージーをひとつの料理として考え、味や見た目にこだわりを持ったものを作るようになりました。

りんごとキウイの
シンプルグリーンスムージー

<材料> りんご:150g キウイフルーツ:30g ほうれん草:20〜40g 氷:100g ライムの搾り汁:少々 ◆トッピングりんご、キウイフルーツ、ライム各適量

<作り方>
トッピング用のキウイフルーツは、薄くスライスしてグラスの内側に張り付ける。スムージーの材料はすべてミキサーにかけて、グラスに注ぐ。最後にライムとりんごを飾る。

運動の後など、さっぱりしたいときに飲みたいスムージー。氷を使用するとキンキンに冷えて、暑い季節に美味しく飲めます。ほうれん草の量はお好みで。


“目でも味わう”
デコスムージー

maiさんが作るスムージー最大の魅力は、まるでカフェのスイーツのような可愛らしいデコレーション。“目でも味わう”ことを意識した、色とりどりの層やマーブル、美しいトッピングの数々に思わず心が踊ります。トッピングだって、コツさえつかめば驚くほど簡単なんだそうですよ。

たとえば、このグリーンスムージーもまずは、薄切りにしたキウイフルーツが登場します。水気の多いキウイフルーツは、キッチンペーパーでかるく水分を取っておくと、グラスからはがれ落ちにくいんだとか。

グラスを斜めに傾けて、淵のからゆっくりスムージーを注いでいくと…キウイが動かずに留まっていてくれます。

最後は気になるmaiさんの七つ道具のご紹介。写真は毎回、同じ角度、同じ場所で定点で撮影するのが彼女のスタイル。撮影器材はiPhone5Sだけなんですって。

Licensed material used with permission by @mai_smoothie

 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
今回、@mai_smoothieが教えてくれるのは、爽やかなキウイの甘酸っぱさにヨーグルトをMIXにした、ヘルシーなスムージー。キウイに含まれる豊富なビタ...
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
mai kitamura体の内面から美しく健康になることの重要性を考え、2014年4月から野菜や果物を使ったスムージーを制作。Instagram(@mai...
おしゃれなトッピングは@mai_smoothieの魅力のひとつ。今回はマンゴーの果肉をたっぷり乗せた、ボリューム感あるスムージー。マンゴーに含まれる豊富な...
手づくりのフルーツスムージーや野菜ジュースは、作り置きしたり、持ち歩くことが難しいですよね。なぜなら鮮度が命だから。時間が立てば酸化も進み、栄養素が失われ...
 スムージーに梨を使う?意外に思われる方、@mai_smoothieのレシピのポイントは、すだちの酸味を活かしている点。さらにもうひとアレンジ。今回はシャ...
今まさに最旬を迎えている桃。甘い芳香ピーチアルデヒトは、精神を落ち着かせるリラックス効果があります。また、ジューシーな果肉には、皮膚に潤いを与えてくれるカ...
ベトナムに行くとアボカドシントー(スムージー)にベトナムコーヒーを注いだ「アボカドコーヒー」なるものに出会う。気絶しそうな組み合わせなんだけど、飲んでみる...
信州のりんごの季節は青りんごから始まります。1年で1番最初に取れるこの時期の青りんごはさっぱりとした酸味と爽やかな香りが初夏にぴったり。そんな信州の青りん...
小さな果実に栄養がたっぷり詰まったキウイ。春から夏にかけてはニュージーランド産が多く出回りますが、9月下旬からは国産モノも数多く登場してきます。健康維持、...
カラフルな食材の色彩を応用しない手はない!と、Erin McDowellさんが紹介したレシピは、ありもので十分賄えそうなフードカラーリングソースの作りかた...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
フルーツのフレーバーをつけたミネラルウォーターが今じゃたくさん売られているけれど、どうしても甘ったるさと香料っぽさがなじめない。そもそも加糖してる時点でミ...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
ヘルシンキ在住のAnni Kraviさんは、ビジネススクールを卒業したばかりの20代の女の子。Instagramに日々アップされる彼女のヘルシーレシピは、...