変わった靴下を履く人ほど成功する!?その「3つの理由」とは

「見ちゃう靴下」ってありますよね。どうやらいろいろとメリットがあるみたいです。ここでは、その理由として考えられている要素を3つ紹介。これをきっかけに、あなたもド派手な靴下に挑戦してみる?参考までに!

01.
周囲の目や意識が
服装によって変化する

crazysocks160329-03

ある程度想像できる話ですが、「Psychology Today」に掲載された研究結果には、実際にその傾向が。

同研究は、靴下にかぎらず服装の違いによる印象を比較したもの。チェーン店で購入したものと、マイナーな店で購入したものとでその第一印象を比べたところ、後者の印象には、自信・成功・活動的・高収入といったイメージが付加されやすい傾向にありました。

着ている人の心境が変化したのか、はたまた見ている人の印象が変わったのかーー。または、その両方なのかもしれません。

02.
フランクな会話の
きっかけに◎

crazysocks160329-06

Quartz」にある、スタイリストLauren Rothmanの意見もポジティブなものです。彼女は以下のように話しています。

「変わった靴下やその他個性的な服を身に着けることによる利点は、自分を勇敢な人間、またはクリエイティブな人としてブランディングできることです。きっと、思いがけない会話のきっかけに恵まれているはず」。

なんでも、会議室で存在感を示すための材料として、派手な靴下を用いるビジネスマンがたくさんいたとか…。

03.
シリコンバレーでは
ビジネスツールの1種だった?

crazysocks160329-04

「The New York Times」の記事にも同じ内容が紹介されていました。名のある起業家たちには、派手な色や模様の靴下を履く傾向があり、他との差別化を図っていたようです。つまり、印象を強くして、人の記憶に残ろうというわけ。なかにはこんな人が。

「会議に参加すると、下を見ている人々が私の靴下に気づきます。すると、みんなウンウンと頷きながら自分のパンツの裾を上げ、靴下を見せてくるんですよ。まるで、ギャングのサインみたいですけどね」。

ちなみに、彼のお気に入りは、イエロー・ブルー・オレンジのストライプだったとか。たしかに目立ちそうですよね。

Reference:Psychology Today,Quartz,The New York Times.

あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
今朝、洋服を選ぶのに何分かかりましたか?5分、10分、もしくはそれ以上…?その時間や労力を捨て去ることができれば、人生が大きく変わるかもしれません。世の多...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
成功するための基本は行動することにある。これは、ビジネス誌の編集ライターJef Haden氏が「Inc.com」に寄せたメッセージ。多くのビジネスパーソン...
「靴みたいに耐久性がある靴下」「靴下みたいに軽い靴」どちらもあったら嬉しい機能ですが、シカゴのスタートアップ企業が開発したのは、まさにそんな1足。「SKI...
どういう人生が成功といえるのか、分からない若者たちへ──。アメリカの20代に人気のウェブメディア「Elite Daily」で紹介されていた「成功の形」に関...
靴下の柄の好みから自分の性格が丸わかり! 米メディア「LittleThings.com」でイラストと共に掲載された性格診断がこちら。サクッとできるので、試...
ユニークで個性豊かな人を見ると、自分もあんなふうになってみたいなと思うことがあると思います。個性的な人といっても、いったいどんな特徴を持っている人が個性的...
「成功したい、成長したい」と多くの人が思っているはず。でも実現できない時、きっと失敗を恐れて行動していないのでは?成功や成長は、行動の先にしか成り立ちませ...
【起業家のジレンマといえば】友人との関係、会社を大きくしていくこと、家族と過ごす時間、日々の運動、十分な睡眠。選べるのは3つだけ。これは、マーク・ザッカー...
アメリカでは、ほとんどの大学の成績がA~Dで評価されます。Aが一番成績がよく、90点~100点程度で一般的にクラスの上位20%ほど。Cはクラスの平均、もし...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
ADHDの人は、成功しやすい?注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、子どもの頃に発症して大人になってもなかなか症状が消えず困っている人も多い障害のひとつ。具...
「口が悪い人ほど成功しやすい」こう言われて納得できる人は少ないはず。でも、「Elite Daily」に掲載された記事を読めば「なるほど!」と頷けるかも。実...
成功したいーー。それは誰もが胸の奥に抱く夢ですが、実際には「成功する人」と「しない人」が存在してしまうのは、どうしてなのでしょうか。数々の企業や経営者を取...
人生どの地点で成功を収めるかは人それぞれ。まだ何も手にしていない!という人は、ぜひこの記事をチェックしてみては?その内容は、「あなたが“遅咲き”で成功を手...
隣の芝生は青く見える、と言いますが、あなたがどんなに成功していたとしても、世界一になるというのは、なかなか難しいものですよね。どんなことにだって、上には上...
「言霊」という単語があるほど、言葉の力は偉大です。前向きな言葉をつぶやけば、不思議と気持ちがポジティブになる。そんな経験をしたことがある人も多いのでは?つ...
世の中には沢山の「成功法則」に関する書籍がある。そこには多くのポジティブワードが散りばめられている。「常に笑顔」、「楽観的になる」「大きな声で挨拶する」、...