片付けられない人たちの救世主「250円の段ボール箱」中毒者が続出するそのワケとは?

160316_minikura_01250円の段ボール箱の正体、それは寺田倉庫が提供するクラウド収納サービス『minikura MONO』。その名前を聞いたことがある人もいるかも知れません。このサービス、新しい収納のカタチということで、「片付けられない人たちの救世主」として注目を集めているのですが、気をつけた方がいいかも知れません。安易に手を出すと抜け出す事のできない「悪魔のサイクル」に──

※「minikura MONO」は用法・用量を守って正しくお使いください。

悪魔のサイクル01.
一日中「預ける」ことを
考えてしまう

160404_minikura03_001「minikura MONO」は家の中に溢れたモノを専用の段ボール箱にどんどん詰めこんで送るだけ。あっという間に部屋が片付きます。そのスピード感、そしてスッキリ感は一度体験するとコワいほどクセになるそう。すると、そのスッキリ感を味わいたいという気持ちが抑えられず「他に預けられるモノはないか」と普段からムズムズする羽目に──自宅でだけではありません。職場でも友達の家でも、モノで溢れて片付いていない部屋を見ると、預けたくて、ウズウズウズウズ・・・

悪魔のサイクル02.
預け過ぎて、部屋が寂しくなる

160404_minikura03_002そんなスッキリ感の虜になってしまった人は、ヒマさえあれば、段ボール箱を購入しては預ける、預ける、預け続ける──すると何が起きるのか?そうです、必要最低限のモノだけを残して、部屋からモノがなくなるのです。そのがらんとし過ぎた部屋は、目指したワケでもないのに、まるでミニマリストのよう。それまで暮らしていた散らかった部屋に慣れていた人は、急に寂しくなってしまうかも?

悪魔のサイクル03.
キライな言葉は「断捨離」
買い物をし過ぎてしまう

160404_minikura03_003このサイクルにハマった人は、常に自宅の収納スペースに余裕があるので、躊躇せずに買い物をします。何しろモノが増えても預ければOKという気持ちなので、欲しいものはガマンしないで買う主義に。欲しいものは手に入れながらもスペースに余裕がある、そんな夢のような暮らしのせいで、心にもゆとりができます。そんな彼らの口癖は──「キライな言葉は断捨離、あんなもったいないコトはできません」・・・

※「断捨離体質」の方は「モノを捨てない」ことに対するアレルギー症状が出る可能性があります。「minikura MONO」をご使用の際はご注意ください。

btn_lvs_160309_04

悪魔のサイクル04.
「豪邸に住んでいる人」
と勘違いされる

160404_minikura03_005「minikura MONO」のユーザーは、端から見ると不思議な存在。何しろ、いつも自宅のスペースに余裕があって、欲しいものはガマンせずに買うものだから、洋服はいつも新しいのを持ってるし、花見用のレジャーシートから、夏に使うビーチマット、行楽シーズンのアウトドア用品、冬はスノボまで。いつ聞いても「あ、それオレんちにあるよ」・・・そんなコトが続くと、いつのまにか周囲にはこんな噂が。「アイツ、なんでも持ってるな・・・」「アイツんち、けっこう広いらしいぜ」「いや、けっこうどころか豪邸に住んでるらしいよ」──時には言われのない妬みをぶつけられることも!?

悪魔のサイクル05.
夜中に思い出にふけるクセが
抜けなくなる

預けた荷物は、アイテム一点一点が撮影されてminikuraのマイページ上で閲覧可能。どんなに片付けられない人だって、ブラウザ上ではいつでもキレイに整理された状態で眺められるから、ついつい毎晩眺めてウットリ。苦労して集めた自慢のフィギュアコレクションから昔の卒業アルバムまで、夜中に見てたら思い出にふけってすっかり寝不足・・・時には急に預けたモノを手に取りたくなってアイテムを呼び出してしまうことも。アイテム一点からボタンひとつで呼び出し可能で最短翌日には届いてしまうから、「呼び出しては預ける」の無限ループに。

悪魔のサイクル06.
オークションで
有名な出品者になってしまう

「minikura MONO」は、預けたアイテムをブラウザ上で指定するだけで、超簡単にヤフオク!への出品連携が可能。落札された商品は『minikura』から直接落札者の元へ届けてくれます。らにオプションを利用すれば「アイテムの360°撮影」や「アイテムの採寸」で出品のクオリティを高めてくれるから、出品者としての評価はうなぎ登り。夜な夜な出品を続けるうちに、妙なプロ意識が芽生えて来て何が本業かわからなくなる人もいるとか・・・

あっという間に部屋が片付くスッキリ感、スペースに余裕があり過ぎる部屋、心に生まれるゆとり、今まで管理できていなかったモノがリスト化される快感、「オークション」という新たな可能性・・・「minikura MONO」の依存性の高さがこれでお分かりいただけたでしょうか?興味を持ってしまった方は、くれぐれもご注意を!

btn_minikura_160405_01※もう一度言います。「minikura MONO」は用法・用量を守って正しくお使いください。

Sponsored by 寺田倉庫株式会社

フィンランドでは、妊娠4ヵ月を迎えた家庭にふたつの選択肢が与えられます。ひとつは育児給付金を受け取ること。もう一方は、「ベビーボックス」という段ボール箱を...
あなたは「段ボール」にどんなイメージを持っているだろうか?丈夫で使い勝手が良いと考える人もいれば、道端に捨ててある光景から、「不潔なもの」「ゴミ」という印...
「大麻より中毒性の強いものは、身近にたくさんあるんだ」。そう主張するのは、米メディア「WeedHorn」のCEO、Rick Bakasさん。Weedは草…...
マンガやアニメを通じて日本の弁当文化が注目されています。フランスを中心にヨーロッパではブームで、なんでも“BENTO”として辞書に載るほどなんだとか。ここ...
公共福祉のための寄付や、チャリティーの精神が浸透しているアメリカで、新たにこんなすてきなコミュニティサービスがスタートしました。もちろん、すべてが市民レベ...
ここで紹介するのは、恋に奥手な女性たちの“ドキドキ”をリアルに描いた映像。彼女たちが意中の男性に想いを伝えるための手段は「10円玉」です。クリスマスにぴっ...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
デジタルアーティストであるCristian Girottoさんのこの作品は、もし動物たちが自撮りをしたら?ということがテーマ。それぞれが自身の特徴をこれで...
片付けても片付けても、部屋を散らかすルームメイト。使ったものもそのまま置きっぱなしでイライラ…。もはや「片付けろ!」と言うのにも飽き飽きしてきたので、アー...
ひとり暮らしの何が大変かって、そう、メシですよね、メシ。外食ばかりだとカロリーや栄養バランスが気になるし、自炊しても食べ切れなかったりしてもったいないし、...
クラウドファウンディング「Kickstarter」に登場後、わずか半日で目標額を突破し話題をさらった新製品が、この弁当箱。もちろん、ただのそれではありませ...
私たち人間は、とどまることなくゆらゆらと漂うものに、自然に惹かれてしまうのかもしれない。だからこそ、なのだろうか。こうした「浮遊系インテリア」を、最近はよ...
クラスの中心に立っているような人気者って、羨ましいことにどのコミュニティに行っても目立って愛されている。そういう人が社会に出ても成功するんだろうなあ……と...
予定価格は350万円(税抜き)から。「自然指向のライフスタイル」を提案するアウトドアブランドのSnow Peak(スノーピーク)が、住まいとしての機能をも...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
三度の飯よりホットドッグが好き?ケチャップとマスタードをかけるだけじゃ味気ない?「Cool Matrrial」が紹介したホットドッグ12変化を紹介しよう。...
そそのかされても仕方がない!見てください、このぎゅーぎゅーパンパンに詰まった卵ちゃんの誘惑。たまらーん♪なんといってもこのボリュームが凄い!ムチムチの具が...
門出の季節にぜひ見て欲しい動画を紹介します。じつはこれ、今からちょうど一年前、全米で話題と感動をさらった女子高生の物語。卒業パーティーのはずがなぜか爆買い...
青い鳥でお馴染みのTwitterのロゴは、13個の円を組み合わせた「曲線だけ」で描かれている──。そんな話を聞いたことがあるかもしれません。カナダ出身の女...