「いつでも友だちが呼べる部屋」をキープする方法

「いつ、誰が来ても問題ない部屋」を普段からキープできる人になれたとしたら、人生にどんな変化をもたらしてくれるのだろうか。

「お片づけインストラクター」の尾井理恵さんに話を聞いた。

「整理整頓」は効果がすぐに実感できる

C1b406a2456800fdde169fe1197f439868bc40fe

「運動や食事などを新しく習慣化するには、少なくとも数ヶ月から数年掛かりますが、『整理整頓』は比較的早く身につきます。その日、もしくは数日のうちには、片付けに対して前向きになっている自分を感じるでしょう」

無駄なものがなく、すっきりと整った空間を快適に感じる人は多い。ほんの少しの工夫と時間を使うだけで気分が良くなるのだとしたら、習慣化することが自分だけでなく周りへのメリットにもなりそうだ。

ドイツでは「人生の半分」を意味するほど
大切な整理整頓

プロサッカー選手の長谷部誠は、ベストセラーとなった著書『心を整える』のなかで、こう記している。

ドイツには「整理整頓は、人生の半分である」ということわざがある。日頃から整理整頓を心がけていれば、それが生活や仕事に規律や秩序をもたらす。

出典:『心を整える』勝利をたぐり寄せるための56の習慣(幻冬舎)

整理整頓の考え方が、場の秩序を作り上げる。これはつまり、整理整頓によって自分の時間をマネジメントしやすくなる、ということ。時間を有効に使えるため、残った半分の人生は思い切り楽しめるという教えだ。

では改めて、具体的な整理整頓について、尾井さんの言葉に戻ろう。

片付けのコツは「整理8割・整頓2割」

F8c8dd661986ca8ea086b7de72e7a2e94da142dd

尾井さんが考える「整理」と「整頓」の違いはこうだ。整理とは、必要なものとそうでないものを分け、必要でないものは潔く手放すこと。整頓とは、必要なものを取り出しやすく収めること。

「重要なのは『整理』です。片付けが成功するコツは整理8割、整頓2割と考えましょう」

まずはすべての持ち物を見直し、家の中から「不要なもの」「数年使ってないもの」「いつか使うかもと思ってなんとなく取ってあるもの」をなくすことが第一歩だと言う。

これまでに尾井さんがアドバイスされたお宅のビフォアー・アフターを見てみよう。

A15d5d726d292c277c307b4ce1225c75a3e37c8b

左がBEFORE、右がAFTER

散らかる原因は
「使わないものを収納してしまっているから」

「じつは多くの人が、使わないものを収納スペースに置いている」と、指摘する尾井さん。そのため、本来収納すべき日常的に使うアイテムを収納するスペースが不足し、結果として家の中が散らかるという負のループに陥っている。

写真のお宅でも、日常的に使うアイテムに定位置がない一方で、普段あまり使わないものが収納棚のなかに静かに収められていた。

とはいうものの、じゃあどこに何を収納すればいいのか悩むかもしれない。そこで尾井さんがくれたキーワードが「ゴールデンゾーン」だ。

ゴールデンゾーンとは、自分の目から腰までの高さの範囲内にある収納場所のこと。日常的によく使うアイテムはゴールデンゾーンを定位置にする。それだけで日常生活における「使う→定位置に戻す」という片付けが習慣化できるという。

下の写真のお宅では、普段あまり使わない来客用グラスなどが、目線の位置とその下の棚を占拠していたので、各アイテムの使用頻度を考えた定位置に整頓された。

自分で「やばい」と気づけたら
もう半分成功したようなもの

7e53b13dda4626bf2e0a2da86245734e82a97ae6

左がBEFORE、右がAFTER

「じつは片付けの相談をくれた時点で、もう半分くらい整理整頓に成功してる」と笑う尾井さん。なぜならそれは素直になった証拠であり、ありのままをさらけ出したSOSだからだという。

依頼を受けて一緒に部屋に向き合うと、ほとんどの相談者はすぐに自分の癖や無意識の習慣に自分で気づくらしい。「自分で実感できたあとの変化は早く、効果も大きいんです」

「いつでも友達が呼べる部屋」は、意外にもシンプルなアドバイスによって実現しそうだ。整理整頓を身につけて、新しい自分を実感してみてはいかがだろう。

「外見はシンプルかもしれないけど、小さなディテールまですごく考えて作り上げたんだ。そして、パーフェクトな形と機能になったのがコレだよ」シンプルな物こそ、完...
汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づ...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
磁気を使ってキレイにクローゼットを整理整頓する、画期的な収納アイテムが「Kickstarter」に登場。クローゼットを整然と保つことが苦手な人には、まさに...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
「Becoming Minimalist」に、ライターJOSHUA BECKER氏が、自宅を散らかさないための7つの習慣をまとめています。どうやら彼には、...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
月間60万PVを誇る人気ブロガーの、みうさん。自身が実践する「ヨガの教えを活かしたシンプルライフ」は、多くの人からの支持を集めていて、今年7月には書籍『ヨ...
気持ちの整理をつけたくてもうまくいかないときには、そのことばかりに考えが集中し、どうしても気持ちが沈んでしまうものです。自分の気持ちをうまくコントロールで...
家事なんて、とりあえず部屋が片付けばいいんじゃないの?と思っていませんか?いえいえ、家事はアナタを幸せに導いてくれる魔法の時間なんです。自著『可愛くなる家...
モノや情報に溢れる現代社会。何かを手に入れることよりも、手放すことの方が難しかったりします。あなたの家は、ついつい買ってしまったモノで溢れていませんか?じ...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
パッキングが苦手な人のための便利グッズを紹介しましょう。この商品が効果を発揮するのは、目的地のホテルに到着した、その瞬間です!スーツケースからそのままハン...
普段の生活はもちろん、就職、結婚、転職などのライフスタイルの変化で、モノはどんどん増えていきます。適度に断捨離できれば良いのですが、なかなかそんな時間はな...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
自由気まま、いつでもマイペースな猫。そんな彼らから学べる「人生の極意」は意外と多いみたい。「The New York Times」のベストセラー作家・イラ...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
このライフブックは内省ができる本。ワークに沿って書き込んでいくのが特徴だ。好きなことを見つけたり、夢や目標の捉えかた、1ヶ月ごとの振り返りシート、具体的な...
いつの時代も、自信にあふれた人は輝いて見えるもの。でも、そうした人も、決して雲の上の人ではありません。あなたもほんの小さなステップで、そこに辿りつけるので...