改めて問いたい「シンプルライフ」5つのススメ

物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。

ですが、憧れるだけで実践にまで至っていない、そんなあなたに、「シンプルライフで大事な5つのコト」を紹介します。まず、ひとつでも取り入れてみませんか?

1.断捨離・ミニマリスト→必要なものを見極める目をもつ

スペース

物にあふれた、整理整頓のできていない部屋で暮らしていると、自分の心の中も雑多で部屋と同じようにスッキリしない……部屋は心の鏡とも言われています。

自分が本当に必要なもの以外を処分し、整えられた部屋を作り上げる。そうすれば、「アレってどこにあったっけ?」「掃除しなければ…」といったストレスから解放され、いつも迷いなく簡単に目的のものを探し出すことができます。それは、必要なものだけに囲まれているからこそできることなのです。

「モノの取捨選択ができる」 それこそが、断捨離・ミニマリストの条件と言えるでしょう。まずは、「コレは本当に必要なもの?」と自分に問いかける。それがシンプルライフの始まりです。

2.小さいスペースでOK。整理された空間を作る

部屋は心の鏡と言いましたが、部屋のある箇所がモノであふれている、何をしまってあるのかわからない、ということは、心の中にも未解決なモヤモヤがあり、「やらなければならないけれど、やれていない」がある状態。

この状態が続くと、スッキリせず、自分はどうせダメなんだと自分の評価を下げていくことになってしまいます。心地よい生活を送りたいのに、それではよくありませんよね。一気に全てを片付けなければと思うのではなく、まずは一箇所を整えましょう。

テーブルの上や机の上など、目につく場所、小さいスペースからでOK。一箇所整理された場所があると、見るたびに綺麗で嬉しいと思い、他の場所も頑張ってみようとモチベーションが上がるはず。そうして、整えたスペースを増やしていければ、部屋もシンプルになっていきますよ。

3.ストレス排除。我慢は禁物!

shutterstock_16138654_2

自分の心に無駄なストレスを与えるものから、遠ざかってみませんか?生活に追われて、または仲間からの影響でやっているもの、例えば仕事の愚痴が中心の乗り気ではない飲み会や接待、付き合い残業、またプライベートにまで及ぶ仕事関係で苦手な人とのSNS。

本当はやりたくない、楽しくない、自分に無理をしていると感じているものがあれば、それはきっぱりやめてしまいましょう。人間関係のためにやめることができないと思うかもしれませんが、その日は用事がある、SNSは友人だけとしていて、仕事関係の人とはやらないなど、自分のルールを明確にして話せば、先方もわかってくれるはずです。

自分のルールをしっかり持って、周りに流されない。自分の心に正直に過ごす、それが不必要なものをそぎ落として生活するシンプルライフにつながります。

4.逸品を選び、心豊かで贅沢な暮らしをする

シンプルライフは、とにかく物を捨てて減らせばいいというわけではありません。自分の必要なものには、「一生モノ」となるような逸品を選び出す、ということも必要になります。使い捨てではなくメンテナンスすれば長く使えるもの。

例えば、靴だったら、沢山揃えておくのではなく、オーダーメイドで何十年も履けるものを大切に履いてみるのはいかがでしょうか。愛着がわくのはもちろん、自分の人生を一緒に生きるため、もはや「自分の歴史」といってもいいはずです。人気のブランドだからという視点ではなく、自分にとって価値があるものを選び、それに囲まれて贅沢な生活を送る。

このように自分の心が求めているものを知る。これも、不必要な物に囲まれることを防ぎ、シンプルライフを始めるきっかけになります。

5.過剰な装飾をやめ、本当の自分自身を見つめる

シンプル

自分はどんな生活が心地よいと思うのか、何を人生に求めているのか、それが即答できる人はなかなかいないのではないでしょうか。このような自問自答を繰り返し、本当の自分を知ること、これがシンプルライフの目指すところと言えます。

今までは自分の心を満たすために「流行りのブランド」を取り入れており、過剰な装飾で息苦しかった、と自覚すれば、本当に必要なものに囲まれ、自分の心に正直に、心も環境も自分好みに整理された状況で過ごすことができるはずです。

まずは、自分は本当に何が好きなのか、どのような生活を送りたいのか、を見つめ直すことから始めてみましょう。

ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
家のなかの「モノ」ってちょっと厄介。だって放っておくと、いつの間にか増えてしまいますから。ここではヨガインストラクター兼人気ブロガーである、みうさんの著書...
ぼくたちはモノに時間を奪われている。モノ増えれば増えるほど、自由に使える時間は少なくなるというわけだ。ここで紹介するのは、自著『ぼくたちに、もうモノは必要...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
気がつけば2016年ももうすぐおしまい。今年こそはキレイな家に住もうと思っていたはずなのに、なかなかうまくいかない…。そんなあなた、大掃除で家の中にあるも...
健康的で、幸せな人生を歩むこと。それは誰もが望むものではないでしょうか?ライターのKristy Rao氏が、そんな願いを実現する25の習慣を「mindbo...
自然と調和し、大地と共に生きてきたネイティブ・アメリカン。数奇な運命にありながら、今日まで伝承されている、彼らの精神性や教訓をライターAlanna Ket...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
「外見はシンプルかもしれないけど、小さなディテールまですごく考えて作り上げたんだ。そして、パーフェクトな形と機能になったのがコレだよ」シンプルな物こそ、完...
「いつも気忙しくてイライラしている」「ビジネス書を読んでもしっくりこない」「効率化するほどストレスになる」そんな悩みを抱えた人も多いのでは。大切なのは、ワ...
あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込ま...
夢を思い描くことは大切なこと。もちろんそればかりじゃいけないとわかってはいます。では、頭の中にある理想を実現するために一体何が必要なのでしょう?そのヒント...
世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・...
毎日、たくさんの人と関わっていくなかで、相手は自分のことをどう思っているのか、どのような結果を求めているか、と揺るがされ、自分の軸を見失ってしまうときもあ...
ほんのひと月前、大掃除してキレイにしたはずの家の中。いつの間にかとっ散らかっているのを見て見ぬフリしていませんか?そこで話題にしたいのが、昨年9月にローン...