汚部屋よサラバ!スッキリ綺麗に片付ける方法、コツ、手順とは?

汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づけるための方法、コツ、手順について説明していきます。

20151027_dirty-room-cleanup_00

汚部屋はオサラバ!部屋を綺麗に片付ける方法とは?

汚い部屋を片づけるうえで、有効な方法になってくるのが「断捨離」という考え方です。

一度ブームのようになったので、ご存知の方も多いでしょう。部屋の中には長い間使われていないものも多く存在します。それらをどんどん捨てるというやり方です。

また、捨てる際には、ものを一つ一つ吟味していったときに、心が動いたり、ワクワクするものは残して、それ以外のものは全て捨てるのがいいでしょう。

このようにして不要なものを整理するだけでだいぶ部屋がスッキリします。あとはきれいに掃除して、汚部屋とはオサラバしましょう。

効率性をあげて、汚部屋をきれいに片づけるための3つのコツ

ここからは片づけるためのコツを幾つか紹介していきます。

1.掃除が終わったときのイメージを持つ

20151027_dirty-room-cleanup_1_01

掃除が終わったらどんな部屋になるかイメージをしっかりしておきましょう。完成図を持っておくことが第一に大事になってきます。あとからビフォーアフターの写真を見て驚けるように、片づけ前の写真を撮って保存しておきましょう。

2.収納は万全にする

ものに対して収納は万全でしょうか?どうしても収納が少ないと、ものが溢れかえってまた散らかってしまう原因になります。また、タンスの引き出しの中も小分けできるスペースを確保するなどして、きちんと分類分けして整理できるようにしましょう。100均で収納グッズを買えば、低予算で揃えることができます。

3.お掃除グッズは事前に揃える

C

お掃除グッズにも忘れないようにしましょう。クイックルワイパーのような簡易的なものは毎日のお手入れに。大掃除のときは、やはりきちんと専用の洗剤を使用して雑巾やタワシで磨きあげるべきです。必要なものがなければ、事前に買っておきましょう。

事前準備と、汚部屋片づけの当日の手順

1.掃除をする日時を決める

20151027_dirty-room-cleanup_2_01

まずは掃除に取りかかる日時をしっかり決めておきましょう。予定を立てるところから始めます。一日で終わりそうにない場合は、掃除完了日を定めることが大事です。友だちを招く日を決めておけば、否が応でも掃除に精が出るものです。

2.掃除をする場所を決める

次に、掃除を行っていく場所を決めて行きます。注意したいのは、漠然と一気にやり過ぎないようにすること。キッチンならキッチン、リビングならリビングと場所を定めてからやるようにしましょう。

3.一度全てのものを取り出し、どんどん捨てて行く

Colorful books packing

いよいよ掃除をする当日。まずは、決めた場所にあるもの全てを一気に取り出すところから。それからどんどん不要なものを処分していきます。ハサミやボールペンなど、必要最低限の数があれば事足りるものは、数が多すぎても処分の対象にしましょう。

4.必要性が低いものから奥に収納していく

そして、残ったものについては、必要性が低いものから奥に収納し、よく使うものは取り出しやすいところに置いておくのがポイントです。

5.アフターの写真を撮る

Pretty woman is a proffessional photographer with dslr camera

全ての片づけが終わり、きれいに掃除もした後に、部屋の風景写真を撮りましょう。ビフォーアフターで比べてみると、その違いには感動するはずです。

今回は、汚部屋を片づけるための方法とコツと手順について説明してきました。一度片づけたら、また散らからないように工夫するのも大切です。ものを買い過ぎないように注意し、日ごろから整理整頓する癖をつけるようにしておきましょう。

普段の生活はもちろん、就職、結婚、転職などのライフスタイルの変化で、モノはどんどん増えていきます。適度に断捨離できれば良いのですが、なかなかそんな時間はな...
ぼくたちはモノに時間を奪われている。モノ増えれば増えるほど、自由に使える時間は少なくなるというわけだ。ここで紹介するのは、自著『ぼくたちに、もうモノは必要...
「いつ、誰が来ても問題ない部屋」を普段からキープできる人になれたとしたら、人生にどんな変化をもたらしてくれるのだろうか。「お片づけインストラクター」の尾井...
片付けても片付けても、部屋を散らかすルームメイト。使ったものもそのまま置きっぱなしでイライラ…。もはや「片付けろ!」と言うのにも飽き飽きしてきたので、アー...
気がつけば2016年ももうすぐおしまい。今年こそはキレイな家に住もうと思っていたはずなのに、なかなかうまくいかない…。そんなあなた、大掃除で家の中にあるも...
ほんのひと月前、大掃除してキレイにしたはずの家の中。いつの間にかとっ散らかっているのを見て見ぬフリしていませんか?そこで話題にしたいのが、昨年9月にローン...
天才と呼ばれる偉人たちのワークスペースが、どんな場所だったのかが一目で分かる。イギリスのブラインドメーカー「Made to Masure Blinds U...
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...
ミネソタ大学のキャスリーン・ヴォース教授は、散乱した部屋で活動をしていた方が、よりクリエイティブになるということを、研究で明らかにしました。"ただのだらし...
「Becoming Minimalist」に、ライターJOSHUA BECKER氏が、自宅を散らかさないための7つの習慣をまとめています。どうやら彼には、...
「外見はシンプルかもしれないけど、小さなディテールまですごく考えて作り上げたんだ。そして、パーフェクトな形と機能になったのがコレだよ」シンプルな物こそ、完...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
今年も残すところあとひと月。身の回りの整理をして来る年に備えたいところです。ここに紹介するのは、片付けが苦手な人のための指南書。ミニマリズムを推奨する「B...
トイレの夢を見て目を覚ましたことはあるでしょうか。目覚めとしては決して良いものではありませんが、昔からトイレの夢は吉夢として伝わっています。トイレは日々の...
仕事が忙しいとき。人間関係などで嫌なことがあったとき。ああ、気分転換したいなぁと思うことってありますよね。そんなときに使える、おすすめの気分転換の方法をご...
もうダメだ、諦めるしかない。そんな心が折れそうな瞬間は、誰にだって訪れます。そこで立ち上がる人と、つまづいてしまう人の差は何か…。それはちょっとした「コツ...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...