汚部屋出身ミニマリストが、モノを捨ててわかった「6つのこと」

ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない幸せがあることに気づいた。そしてたくさんのモノを捨てた。捨てまくった。そうしたことで人生は大きく変わった。

自著『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』からその理由を紹介する。ぼくたちに、もうたくさんのモノは必要ないのだ。

01.
自分のことが好きになれる

Close up of a man doing breath exercises outdoor

モノが少なくすることで、家事、あらゆる生活は簡単になり、楽になる。簡単で楽なわりに、こなせば自分に自身が湧いてくる。

早起きし、出社する前にゆっくり朝食をとり掃除も洗濯もきちんと済ませてから出かけるのと、ギリギリまで寝ているのでは、出社後の仕事のやる気もまるで違う。きちんとした生活を送るだけで、自分に自信が持て、自分のことが好きになれる。

02.
何者かになる必要はないと気づく

特に若い世代は「個性的でありなさい」「何かを成し遂げなさい」というメッセージを日々受け取っていると思う。何者かになりたまえ!という強迫観念だ。ぼくもそんな風にずっと思っていたし、何者にもなれないことにいら立ってもいた。

モノを捨ててぼくが思うのは、何かを成し遂げたり、何者かになる必要はないということだ。モノを減らしたぼくは、普通の生活をするだけでもかなりの充実感がある。ただ生きているだけで、楽しくなってしまった。

03.
誰かと比べなくなる

iStock_000008509474_Mediumminimal-life5150921-008

自分を誰かと比べることは、モノの追求と同じで終わりがない。自分より優れた人はいつだっている。自分に必要なモノがわかるミニマリストになれば、比べる「誰か」ではなく「自分」にフォーカスが移っていく。ぼくが今持っているモノは誰かと比べて「欲しい」と思ったものではなく、自分にとって「必要」だと思い、自分が選んだモノばかりだ。ぼくはぼくに必要なモノすべてを持っている。だから自分を誰かと比べる必要も、もうなくなったのだ。

04.
人からどう見られているか
気にしなくなる

ぼくは人からの目線をとても気にしていた。部屋に積み上げられた本がそれを表していた。ぼくは本を積み上げることで、「自分の価値」を伝えたかったのだ。それらを手放すことで、人の目線が気にならなくなっていった。モノを手放したおかげで、無駄な自意識や、贅肉のように行動を邪魔するムダなプライドも手放すことができたのだ。

もう何をしたって恥ずかしくない。これからは、自分がしたいと思うことをするだけだ。

05.
本当に必要なことに
集中できるようになる

Designer on the phone

モノを減らすと、集中力まで高まる。これはなぜだろうか?

モノは「手入れしてほしい」「洗濯して欲しい」といった「沈黙のメッセージ」を発している。モノを減らすと、それが減り、自分が本当にしたいことにいつでも手をつけられるようになる。本当に大事なものに集中できるようになるのだ。

06.
「今」のことしか
考えられなくなる

「いつか」使うかもしれないモノをたくさん捨てた。ぼくは「未来」を捨てまくった。すると、なぜだか未来のことが考えられなくなった。以前ぼくは将来の不安のことばかり考えていた。まだ35歳なのに老後の孤独死のことまで心配していたのだ。

モノを捨てるたびに、何度も「今」必要かどうかと問いかけてきた。そうしてぼくは「今」のことしか考えられなくなった。本当は、人はただ「今」を味わえばいいだけなのだ。

ぼくたちにもうモノは必要ない。
コンテンツ提供元:ワニブックス

佐々木典士/Fumio Sasaki

ワニブックスに勤務。すべてを保存し、何も捨てられない汚部屋出身。2010年ごろから身の周りのモノを手放し始める。2014年クリエイティブディレクターの沼畑直樹とともに、ミニマリズムについて記すサイト「ミニマル&イズムless is future」を開設。

誰もが適切な量ではなく、「自分の価値を損なう」までにモノを増やしてしまっている。そんなモノとは1度距離を取ってみたほうがいい。モノを持たなくて済む、社会の...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
以前のぼくは「欲しいモノを持っていない」自分を不幸に感じていた。しかし本当は僕の願いはすべて叶っていたし、欲しかったものはすべて持っていた。家も仕事も服も...
あなたが幸せになりたくてもなれない原因、何かわかりますか?それは「あなた自身」にあるのかもしれません。あなたの中にある欲やプライド、さまざまなことが幸せを...
日本でも「断捨離」や「ミニマリスト」など、物を「捨てる」ことで本来の豊かさを求める人が増えています。しかし、生活を劇的に変化させてしまうと、それ自体がスト...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込ま...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
買い物はハッピーな気分になるし、いいリフレッシュになります。でも、「becommingminimalist」のJoshua Beckerさんによれば、人は...
ほんのひと月前、大掃除してキレイにしたはずの家の中。いつの間にかとっ散らかっているのを見て見ぬフリしていませんか?そこで話題にしたいのが、昨年9月にローン...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
普段の生活はもちろん、就職、結婚、転職などのライフスタイルの変化で、モノはどんどん増えていきます。適度に断捨離できれば良いのですが、なかなかそんな時間はな...
かつては、同じ場所、同じ時間、同じ顔ぶれで働くことがスタンダードだったかもしれません。でも、多くのテクノロジーの進化や、働き方の多様化によって、そういった...
汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づ...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
ここで紹介するのは、アメリカのメディア「Higher Perspective」に掲載された「6つの仏教の教え」。それは、あなたの人生を変えてしまうほどの可...
モノや情報に溢れる現代社会。何かを手に入れることよりも、手放すことの方が難しかったりします。あなたの家は、ついつい買ってしまったモノで溢れていませんか?じ...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
出会いと別れ、新たな環境に身をおく心機一転の「春」。この時期に自分の身辺整理(身も心も)をすることを、英語で(Spring Cleaning)と表現するん...