ことあるごとに「ボーッとすること」のススメ

私はかなり空想しがちなほう。人と話していようが夜道を歩いていようが、所構わずどうでも良いことを思い浮かべてしまっています。しっかりしている人から見れば「ねえ、ちゃんとしてよ!」と言いたくなるかも。

でも、実は空想にふけるのは良いことも多いらしいですよ。一見怠け者の所作に見えるけど、実はやらなきゃ損だったりして。だってあなた、毎日タスクに追われていませんか? 「Little Things」のライターLaura Caseley氏の記事を紹介しましょう。

01.
大人になるにつれ
空想できる世界は縮んでいく

F05374db30f5f949f39614b1613f4b921760f7b1

悲しいけれどこれが現実。大人になると空想の量も幅も減るんです。空想しようとしなくなるってことじゃなくて、シンプルに空想が「減る」。

子どもの頃は目をキラキラさせて夢見ていたようなことを、大人になると実際に経験しちゃうからっていうのも理由のひとつ。例えば、小さな頃は結婚についていろんなことを想像するけど、大人になって実際に結婚したら、もうその必要も無くなりますよね。

いろんなことを実際に知ってしまうって、夢見る余地を失うことでもあるのです。だから減った分の空想は意識的にしたほうがいいというわけですね。

02.
成長した脳で
かつてはできなかった空想を

84f1faa10c85b937ae8e1b54d428d2c55c0bfbe4

でも一方で、大人には大人にしかできないことがあるのもまた事実。私たちの神経の結合部分の構造は、脳みそが成長するにつれて変わってくるからです。

つまり、子どもの時にしていた空想と大人になってするそれとは全く違うものってこと。大人には大人の時しか見れない夢があるのです。とすれば、今こそ改めて空想するべきじゃない?

03.
「ボーッと」するだけで
脳みそがフル回転する

1472baa1db4bb638df28a868a4a74b8163a6e852

人間の脳みそには2種類の思考モードがあります。客観的に分析する考え方と、主観的に感情移入する考え方。前者は事実や論理、後者は感情や直感を司っています。

空想中は、通常は分かれがちなこのふたつのモードをぐるぐる回ることになるので、知らぬ間に脳みそがフル回転している状態になれるのです。

04.
いつの間にか
「やわらか思考」の持ち主に 

0f9b14e754a4fff12f2aa9da20bf568093f45580

03.で言及した通り、空想している間は、脳みそは完全な客観的モードにも、完全な主観的モードにもなりません。だからひとつのものごとを両面から見ることができ、思考の幅が広がるのです。

おかげで、よりクリエイティブになれるし、頭が柔らかくなって新しい関係性やアイデアを思いつきやすくなれます。

05.
飴と鞭を使いこなせ!
大事なのはメリハリ

09ad3e763099ad41b1258f78610a62a063f32c5d

まぁ、そうはいっても常時空想してればいいわけではありません。一応ことわりを入れておくけれど、やるときはやらなきゃダメですよ。

目の前にやるべきことがあって、今まさに手をつけてる最中。それなのにいつの間にか空想の穴に吸い込まれて…あぁ、本当はもっと楽しいことがしたいな、って、ちょっと待った!

空想の大事なポイントは、いつ自分を甘やかすべきかちゃんと知っておくことです。締めるときは締める。甘やかすときは甘やかす。失敗できない作業や、常識的な考えが必要なときはちゃんと集中すること。これが大事なのは言うでもありません。

06.
自分の世界を
広げるチャンス

Fb054ab883f2ef1137687b23d90f56ef38f6ed06

もし子どもが空想の世界に飛んでいても、「なにボーッとしてるの!」なんて言ってはいけません。そのままのびのびと浸らせてあげましょう。だってそれって、本当に良いコトなんですから。

特に、自分が別の人になっているような空想は、異なるアイデンティティーを体験することにつながります。自分の頭で新しい考え方を発見することができるようになるんです。

また、ティーンエイジャーたちにとっての空想は、新しいことや直感的な感情処理のひとつの方法にもなります。

07.
現実逃避が
意外な発想を連れてくる

23a19fcdde0a326b3c083d6faba1776b6c56e9b9

やらなきゃいけないことが山ほどあるって時に、現実逃避のひとつのカタチとして出てくる空想。でも時にはそういうのも大事だったりします。

現実逃避は、時々思いもよらぬ解決策を提案してくれることもあるんです。もし行き詰まっているような状況で空想をしている自分に気づいたら、それは無意識のうちに解決策をひねり出そうとしているのかも。

でも切羽詰まった時の空想を習慣にするのはさすがに危険でもあります。現実逃避は実際に何かを解決してくれるわけではないのですから。

08.
誰だって空想するもんだ

B30159c3d6d7e1a92b034d1be992e7bbe2fc13a4

いい歳した大人がどっぷり空想に浸るなんて、なんだかアブナイ人みたいと思いますか?そんなことはないですよ。実際、ほとんどの人はみんな同じようなことを空想するものじゃないですか。特に、自分の直面してる問題についてとか。

お金持ちになる空想は金銭的な不安からきているものですし、有名になるみたいなものは誰かに認めてほしいという欲求の表れ。世界を背負う妄想?それは、現実世界で力のない人がしがちでしょう。セックスやロマンスについては言うまでもないですね。

はたまた、なにか物凄い怒りのパワーで復讐劇を遂げるようなイメージをする人もいるかもしれません。でも心配しないで。それだって普通のことです。ただ害のない方法で怒りを発散しようとしているだけですよ。

09.
怠け者になるなんて嘘
むしろ頭がキレキレに

7ec6ab6dbb20e5800ddbe3cd1b8571be079e13a6

「空想は怠け者がすることだ」なんてイメージが蔓延しているようですが、実際、空想の多さと成功するかどうかの間にはなんの関連もありません。むしろ、よく空想するような人は想像力が豊かなことが多く、クリエイティブに問題を解決しなければならない時などには、驚くべき力を発揮してくれるものです。

10.
いくつになっても
夢見がちであれ!

C870e319eb25214325d251554f91b973c5c88102

このように、本当に集中しなければならない時を除けば、空想するのはいいことずくめ。特にストレスの対処や新しいアイデアの模索には本当に役に立つことなのです。

時には周りの全ての人から距離を置いて、ふわふわと思考の海に身を委ね、なんでも好きなことを思い浮かべる…その間、自分は何にでもなれる。そう考えただけで、心踊る感じがしてきませんか?

Licensed material used with permission by Little Things
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
自由気まま、いつでもマイペースな猫。そんな彼らから学べる「人生の極意」は意外と多いみたい。「The New York Times」のベストセラー作家・イラ...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
このライフブックは内省ができる本。ワークに沿って書き込んでいくのが特徴だ。好きなことを見つけたり、夢や目標の捉えかた、1ヶ月ごとの振り返りシート、具体的な...
家のなかの「モノ」ってちょっと厄介。だって放っておくと、いつの間にか増えてしまいますから。ここではヨガインストラクター兼人気ブロガーである、みうさんの著書...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...
さなぎが蝶になるように、ある日突然背中がバリっと剥けて、大人の自分に生まれ変われたらどんなに楽なことでしょう。ここで紹介する「15のライフレッスン」は10...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
「継続は力なり」。自転車は一度乗り方を覚えてしまえば一生乗れますが、人生の教訓となると、一度うまくいったからといって、毎回うまくいくワケではありません。だ...
仕事に没頭して、気がついたら今日も深夜…。やりがいを感じることもあるけど「私の人生ってこのままで良いのかな?」と思うことだってありますよね。そんな「クオー...
あなたは今の人生や生き方に満足していますか?心のどこかで、もっとこうしたい、ああしたい。そんな気持ちがあるのなら、いま一度この質問を自分の心に問いかけてみ...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込ま...