都会で「スローライフ」をおくる上で気をつけたい5つのこと

ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても、都会ではそんな決意をくじくような誘惑がいっぱい。
ここでは、都会でスローライフ実践で気をつけるべきポイントを紹介いたします。

1.
物欲を掻き立てられる
ディスプレイの誘惑…

買い物

季節を先取りした、きらびやかなディスプレイが街を演出する都会。まだ寒い冬に、春を迎える華やかな淡い色を使ったコーディネート。それらはとても魅力的に見え、新しい季節のために服や生活品を買いたくなってしまいますよね。こうしたディスプレイを見なければ買う予定もなかったものでも…つい買ってしまう。これだって都会ならではの誘惑ですよね。

でも物質主義、消費社会から離れて自分のペースを作るのがスローライフ。本当に必要なものは何なのか、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。

2.
「心地いい生活」は、
モノを増やすことじゃない

「スローライフ」や「ロハス」を提唱するコンセプトショップが街にはひしめいています。書店に行けば、心地いい暮らしを集めた書籍フェア、セレクトショップでは「作り手が見える」品物の数々。スローライフにあこがれる人にとっては、これらを手に入れいざ、「心地いい」を実践してみたくなりますよね。
だけど、モノから始めるスローライフは本末転倒。まずは自分の心に余裕を作って、心の中から“らしい”生活を始めましょう。

3.
限られた自然をいかに楽しむか

116041936

たとえば、森の中で肌を通り過ぎる風を感じたり、ふかふかした土の感触を手にすること。都会で暮らしているがゆえに、自然のぬくもりから遠ざかってしまうこともあるでしょう。もちろん、高層ビルの間にも自然はあります。だけど、ゆったり森林浴という訳には、なかなかいきません。

都会で自然を満喫するには、ちょっとしたテクニックが必要。いくら混雑していたり、喧騒があったとしても、自分をコントロールして自然にとけ込む工夫を見つけることです。

4.
周囲の誘惑に
自分のスタイルを見失いがち

友人にもさまざまなタイプがいると思います。「バーゲン命」だったり、「暴飲暴食がストレス発散法」だったり、週末は「クラブとバーを梯子」だったり。スローライフとは、真逆のようなライフスタイルを送る友人だっているはず。では、あなたは?

自分が送りたいと思うスタイルをかき乱されてしまう、そんな誘惑だってあるはず。そもそも、都会でスローライフは絵に描いた餅なのか。
ですが、ここは「自分は自分」のスタンスを。自宅に戻れば、ゆったり過ごすなど、心地いい生活を作り上げていく努力ができれば、自分なりのスローライフを築き上げることはきっとできます。

5.
喧騒や他人の歩幅に
自分を見失いそうになる

shutterstock_319146869_2

毎日の満員電車、次の打ち合わせが間に合わないから急いでタクシーを拾う、帰社したらデスクワークが山積み。仕事が終わらないまま自宅に持ち帰り仕事で、疲れが取れずにまた出社…。そんな日々を送る人々で溢れています。
そんな状況では、ゆったり丁寧な暮らしを始める気力も出てこないかもしれません。それは体だけでなく、心の疲労にもつながります。

それでも、ただ飲み込まれているだけでは、生活は何も変わりません。そこから一歩踏み出して、周りを見回して、自分のペースを整え、あなたなりの歩幅でいきましょう。都会でスローライフを体現するにはこれ。自分の人生を充実させることができるはずです。

オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
自由気まま、いつでもマイペースな猫。そんな彼らから学べる「人生の極意」は意外と多いみたい。「The New York Times」のベストセラー作家・イラ...
家のなかの「モノ」ってちょっと厄介。だって放っておくと、いつの間にか増えてしまいますから。ここではヨガインストラクター兼人気ブロガーである、みうさんの著書...
昔ほど「一度は都会に出るべきだ」という風潮は弱まりつつありますが、それでも今だに多くの若い世代が「都会に住むこと」に憧れているもの。なかには都会に住むこと...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
大人になり都会で生活をしていると、自然に触れる機会は減ってしまいがちです。しかし、たまにアウトドアでキャンプなどをすると、代謝が上がったり、気持ちが晴れや...
このライフブックは内省ができる本。ワークに沿って書き込んでいくのが特徴だ。好きなことを見つけたり、夢や目標の捉えかた、1ヶ月ごとの振り返りシート、具体的な...
考えてみれば、たしかにめちゃくちゃスゴい話。だって、本来バスケのフリースローは5.8m(スリーポイントラインからだって6.25m)だ。そもそも、どうすれば...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
オランダのイラストレーターかつグラフィックデザイナーであるIvo van de Griftさんによる「Big City Lights」という作品は、真夜中...
世界中で注目されている、家庭内のごみを極限まで出さないことを意識した「ゼロ・ウェイスト」は、まさに究極のシンプルライフ。ベア・ジョンソンさんの著書『ゼロ・...
これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしなが...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...