私がシリコンバレーを去り、牧場で働いている理由

これは、才ある者たちがしのぎを削るシリコンバレーから、自然豊かな牧場へと主戦場を移した女性の物語。

Food52」のMeghan Shepherdさんがインタビューしたのは、元銀行員のKatie Steereさん(29歳)。積み上げてきたキャリアを手放し、心機一転、実家の牧場にて第二の人生を歩みはじめる決断をした理由。そして、いま感じている正直な気持ち。

エリートだから、アメリカだから。そんなこと、一切関係ありません。彼女の発言は、日本の私たちにとっても、示唆に富んでいます。

スーツを脱いで
「命」に囲まれる仕事に

2016年、Katie Steereさんはカリフォルニアを離れ、大地を感じられるニューイングランドで新たな人生をスタートさせました。200年もの歴史を持つ、家族の農場へと戻った彼女。今では近くに住む人たちに卵を届け、Deep Roots Farmでスイカを食べるブタを眺める、そんな生活を送っています。

ーー牧場を再興させるのは、とても難しい作業ですよね。どうやって取り組み始めたんですか?

この牧場は、7世代も前からあります。当初は酪農場で、1900年代初期には街に電気を提供する工場もありました。しかし酪農場は70年代に倒産して以来、放置されていました。いまは、放牧の牧畜に建て替えようとしている最中です。

ーー畜産業の世界に入る前の生活について教えてください。

シリコンバレーの銀行で働いていました。いくつもの作業スペースが並んでいて、そこにいればいるほど、どんどん自分の人生から切り離されていくように感じました。唯一に楽しみといえば、週末だけ。でも同僚を見ていると、週末の過ごし方と言えばずっとテレビを見ているだけだったり。そうして退職を待ちわびながら「いいことが起こらないかな」と夢見る人生に違和感を感じました。

ーーなぜシリコンバレーを離れようと思ったのでしょう。

都会では、まったく世界との繋がりを感じられなかったんです。ヒッピーの子どものように聞こえるかもしれませんが、私は大地が大好きなんです。地球と繋がりを感じることに喜びを覚えますし、都会の銀行で働いているときも、心の奥底では大地と離れたことに寂しさを感じていました。

農場で働くことは、いつか叶えたい夢でした。ある時、私は「Ted Talk」で、難しい決断を下すことについてのスピーチを見たんです。そこでは、「恐怖心から行動をためらっていると、どんどん時間だけが過ぎていってしまう」と語られていました。

その言葉に胸を打たれました。私は与えられたことをやってきただけで、自分で何かを決めてやったことがなかったんです。流れ着いたところでなんとか生きていただけでした。そのスピーチをみた直後、私は仕事を辞め、牧場に戻ろうと決心しました。

ーー退職して最初に挑んだのは、パシフィック・クレスト・トレイル(※アメリカの三大長距離自然歩道のひとつ)でしたよね。どんな旅だったのですか?

まずここを選んだのは、西海岸を離れる前に、この地のフードカルチャーや冒険心を養う考え方を学ぼうと思ったためです。この文化には、元々強く惹かれていたので。

この旅を通して、私は改めて「牧場に戻る」という決心を固めることもできました。というのも、行き交う人々にその話を打ち明けると、みんな揃って喜んでくれ、「そうするべきだ」と後押ししてくれたからです。

牧場に戻る前の訓練にもなりましたね。自然に左右される過酷なハイキングだったのですが、これってある意味、畜産業と似ていますよね。だってどれだけ疲れていても、体調が悪くても、天気が悪くても、起きて作業しないといけないのですから。

ーーKatieさんは、今夏バージニアのPolyfarmでインターンをされていましたよね。その経験を経て、働き方に関して考えは変わりましたか?

インターンをすることで、意志がより強くなりました。子牛が命を落とすなど辛いこともありましたが、毎日「命」に囲まれている感覚がありました。そんな繋がりを持てたのは、とても貴重なことだった気がするんです。動物とおいしい空気を吸って、外で戯れることができて、とても幸せでした。

食べる牛の名前を
お客さんは知っている

ーー以前はベジタリアンだったとお伺いしました。畜産農業をすることで、ヴィーガンとしての立ち位置は変わりましたか?

私は4年ほどヴィーガンでしたが、当時は少し不健康になっていました。満腹感を味わえず、ビタミンやミネラルも十分に摂取できていなかったんでしょう。そういった経緯もあって、動物を食べる生活を再開しました。今のところ、問題ないですね。

ーー動物に対して、どのような愛情をお持ちなのでしょう?

彼らは愛されるべきです。うちに来てくれるお客さんたちは、みんな自分が食べている牛の名前を把握しています。それだけでも、命に意義があるでしょう?ゆくゆく殺してしまうのなら、生きている間は大事に扱ってあげるべきだと考えています。

ーー化学肥料を使わず放牧をメインに行っているそうですが、味や品質にはどのような影響があるのでしょう?

放牧をすると、味にも見た目にも劇的な変化があります。卵の黄身は普段に増して黄金色ですし、ビーフは深い赤色をしています。ブタからはとても厚く美しいベーコンができます。スーパーのものとはまるっきり違う味だ、とお客さんは言ってくれています。

ーーそんなに効果的なら、なぜもっとたくさんの人がこの手段を使わないのでしょう?

結局は政府と繋がりがある、大きな農業会社がパワーを持っているんでしょう。それで「消費者と食べ物の繋がり」は薄れていくばかり。ほとんどの人が、どこからどうやってきた食べ物なのか、考えを巡らせないんです。「早く・安く」という点が優先され続けて、今に至るのではないでしょうか。

自分が信じることを
ただやり続けるだけ

ーー若くして農業を始めることは、難しいのでしょうか。

簡単でもあり、難しくもありますね。ずっと長い間農業をしている人からしてみると、大規模な生産方式を優先して、小規模なものは潰していかねばならない状況に陥っています。

そんな状況下で、若者たちはローカルな食、持続性のある食作り、そして放牧農業という新たなムーブメントを積極的に持ち込んでいます。試行錯誤しながら生産し続けた結果、「購入したい」と言ってくれるお客さんも増えています。言うなれば、そこが「簡単」なところでしょうか。農業そのものは、とても難しいですよ。

ーー最初の1年でもっとも学んだことは何でしたか?

丁寧に育てた食材の価値を理解し、買うことに喜びを感じてくれる人もいれば、全く伝わらない人もいる、ということです。後者は、激安スーパーで卵を12個79セント(約80円)で買えることに喜びを感じるのです。彼らの考えを変えるのは非常に難しいため、自分が信じることをただやり続けるしかないと思っています。

ーー牧場で働くことについて、想像と現実は同じでしたか?

想像以上に特別な経験になっています。毎朝外に出て、牧場を蘇らせることができるわけですから。この世に、これ以上特別なことはないです。

ーー料理へのこだわりはありますか?

牧場を再生していく中で、私はすっかりローカルフードオタクになってしまいました。が、一人で全てこなしているため、あまり料理をしている時間もありません。作り置きをして、余り物を食べることが多いですね。

一番好きなのは、友達や大事な人に料理を振舞うこと。大好きな人とテーブルを囲って、自分で育てた食べ物を食べる時間は、本当に幸せです。

ーー動物とはどうやってお別れ(食肉処理)をしているんですか?

泣きますね。ヴィーガンに戻ったほうがいいんじゃないかと思ったりもします。でも最終的に、地球と人間は動物を必要としていて、私の役目はできる限り良い方法で彼らを育てることだ、と言い聞かせています。

ーーなぜこの仕事を続けられているのですか?

とても残酷ではありながら、野生的でロマンチックな生活を動物と共に送れるからですかね。あとは、最高の食べ物を地元の人に送り届けることができるから。彼らが喜ぶ顔を見ると、このスタイルを次世代につないでいきたいと思います。

Written byMegan Shepherd
Licensed material used with permission by Food 52
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
自由気まま、いつでもマイペースな猫。そんな彼らから学べる「人生の極意」は意外と多いみたい。「The New York Times」のベストセラー作家・イラ...
設計は安藤忠雄。美術館か邸宅?なんて思っていたら、実はこれ“馬の邸宅”。そう、牧場なんです。しかも、所有者はトムフォード。安藤忠雄が牧場をデザインしていた...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
このライフブックは内省ができる本。ワークに沿って書き込んでいくのが特徴だ。好きなことを見つけたり、夢や目標の捉えかた、1ヶ月ごとの振り返りシート、具体的な...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...
これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしなが...
仕事に没頭して、気がついたら今日も深夜…。やりがいを感じることもあるけど「私の人生ってこのままで良いのかな?」と思うことだってありますよね。そんな「クオー...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
家のなかの「モノ」ってちょっと厄介。だって放っておくと、いつの間にか増えてしまいますから。ここではヨガインストラクター兼人気ブロガーである、みうさんの著書...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
「Uターン就職」。実家を飛び出し、首都圏の大学に進学。その後また故郷に戻って職を得る。そういう選択肢も増えています。でも故郷に帰るなら、いっそもう一度実家...
「継続は力なり」。自転車は一度乗り方を覚えてしまえば一生乗れますが、人生の教訓となると、一度うまくいったからといって、毎回うまくいくワケではありません。だ...
さなぎが蝶になるように、ある日突然背中がバリっと剥けて、大人の自分に生まれ変われたらどんなに楽なことでしょう。ここで紹介する「15のライフレッスン」は10...