1分で優しくなれる「入院中に、窓際の男とした会話」。

事故で腰椎を痛めた。おかげさまで、一日中ベッドから起き上がれない。

窓際にはもう一人、入院患者がいた。彼は肺に水が溜まって激痛が走るため、昼間に1時間だけ上半身を起こす。

私たちは、病室でいろいろなことを語り合った。

よく喋る窓際の男

Medium e974f222e7c527db25a65d9b6e33774fa1dd0d35

ふたりで話していたのは、お互いの妻や家族、仕事、兵役、休暇のこと。

毎日昼になると、彼が外で起きていることを説明してくれた。よくしゃべる男だが、じつにありがたい。風景を見ることができないけれど、男の言葉から景色を想像できた。

窓からは公園が見えるらしい。美しい湖があり、水面にはアヒルや白鳥がいる。子どもたちがボートを漕いでいる。

若い恋人たちが腕を組んで花畑の中を歩く。街全体がよく見渡せて、地平線だって眺められるみたいだ。

目を閉じて思い描く。パレードがある日もあった。バンドの演奏は聞こえなかったけれど、心の中ではその様子をしっかりと眺めていた。彼の話を聞くだけで、何が起きているのかが十分わかった。

それから数週間後

Medium 3f71a005ad359efb1182b28c5c2474768bc048c1

ある朝、看護士が窓際のベッドを片付けにきた。彼は眠ったまま安らかにこの世を去ったそうだ。

彼女にベッドを移動して欲しいと声をかけた。窓からの眺めを、この目で確かめたくなった。痛みはあったが、肘を立ててゆっくりと上半身を持ち上げた。

窓から外を覗いた。でも、ブロックの壁しか見えなかった。

もう一度看護士に声をかけた。彼は一体どうやって景色を見ていたのだろう?美しい湖のある公園が見えたはずだ。

「きっと、あなたを勇気づけたかったんでしょうね」。

窓際の男は盲目だったのだ。彼には公園どころか、壁さえも見えてはいなかった。

この話は、「i heart intelligence」が紹介した、Harry Buschman作『The Man by the Window』のショートストーリーを元にしています。

YouTubeには、映像化された別のバージョンも。いずれにせよ、ルームメイトを楽しませようという“窓際の男”の行動に、考えさせられます。

Reference:drmezo4u
Licensed material used with permission by i heart intelligence
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
今後の生き方に不安を感じているあなたにお届けしたいのは、「Spirit Science」のライターElimor Baderさんがまとめた、なんとなく過ぎて...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
「常に、死を意識することのススメ」と題した記事をご紹介します。なんて、唐突に言われても、私たちが常日頃から、死について考えているかといえば、そんなに多くは...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
さなぎが蝶になるように、ある日突然背中がバリっと剥けて、大人の自分に生まれ変われたらどんなに楽なことでしょう。ここで紹介する「15のライフレッスン」は10...
米シアトルの西に位置するヴァション島。この小さな島で起きた犬の救出劇が話題になっています。行方不明になった犬捜索しても見つからず…2015年9月12日、ヴ...
「人民の、人民による、人民のための政治」のコトバで有名なアメリカ合衆国第16代大統領のリンカーンですが、じつはそれ以外にも数多くの名言を残しています。思わ...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
舞台は2016年1月某日の「夜の空港」。離発着が減り、人の往来も少なくなっているトランクレーンで、リアル「人生ゲーム」が仕掛けられました!荷物の下にはサプ...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...
優しそうだから、楽しそうだからなどの理由で、付き合い始めた男性が、しばらく付き合ってみたら、「つまらない男」だったという経験はありませんか?付き合う前に、...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
新たなライフスタイルを提唱する「becomingminimalist」のCEO、Joshua Becker氏は、「私たちが価値を感じるものは、年々変わって...
精神的にも若かった10代を経て、20代は大人へと成長していくもの。環境が大きく変わるこの時期は、誰にとっても刺激的でかけがえのない10年間でしょう。そして...