煮物に「アレ」を入れるだけで、カルシウムがたくさん摂れます

日本人の食事はカルシウムが不足しがちと言われています。カルシウムは体内で最も多いミネラルで、その99%が歯や骨に存在します。そのため不足すると骨や歯が弱くなり、成人では骨粗しょう症の原因にもなります。

しかも、十分に摂っているつもりでも、カルシウムは体に吸収されにくいという特徴を持っています。

しかし、料理にあるものをプラスすると、カルシウムの吸収がグンと高まるって知ってました?

答えは「レモン汁」
でも、どうして?

魚や肉などの骨にはたくさんのカルシウムが含まれていますが、当然食べにくい……。そこで、利用したいのが酸です。カルシウムは、酸によって溶け出します。

例えば、お酢。アジの南蛮漬けなどでお酢を使用すると、骨からカルシウムが溶出し、身にも浸み込み、骨の中のカルシウムも無駄なく摂りいれることができます。

ちなみに、お酢よりもクエン酸の多いレモン汁の方がカルシウム溶出がアップすると言われています。その率はなんと14倍という報告もあるぐらい。これは、クエン酸のキレート作用という働きによるもので、カルシウムを包み込んで溶けやすい形に変えてしまうのです。

例えば、煮物の場合、
レモン汁はこうして加えよう!

169626428

実際に料理で使用する時には、ちょっとしたコツを覚えておきましょう。とっても簡単ですよ。

例えば魚の煮物。カルシウムは酸が多く、煮る時間が長いほど溶出されます。そこで魚の煮汁にレモン汁を惜しみなく入れ、弱火でじっくりコトコト味を浸透させていきましょう。

その間、魚の骨に含まれるカルシウムがじゅわっと身へと、煮汁へと、溶け出していきます。食べる時は魚の身だけでなく、煮汁も飲むのがベターです。

成長期の子どもをはじめ、すべての人にとって大切なカルシウム。効率的に摂るために、日々の料理にレモン汁を取り入れてみてくださいね。

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
スゴい!これはタメになる!今、アメリカのハードウェア・チェーン(日本で言うホームセンター)「Lowe’s」が作成したVineアカウントが話題だ!ストップモ...
日々の暮らしをちょっと良くするハウツー動画サービス「ビエボ」に掲載された、レタスの芯を一瞬できれいに取る裏ワザをご紹介。これさえ知っておけば、1枚1枚葉っ...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
柔らかくてクリーミーなアボカドを今スグ食べたい!そんなときに使える裏ワザを「Purewow」から紹介。・ベーキングシート。・アルミホイル。・固いアボカド。...
え!と思うものもありますが、使えるアイデアもチラホラ。今スグ試してみたくなる裏ワザを「10 Life Hacks You Need To Know For...
ここで紹介するのはアメリカで話題のライフハック動画。なかには、いわゆる“ネタ”的なもの、実際に役立つのか「?」なものもありますが、なるほどと思えるようなア...
突然ですが、どんな方法で玉ねぎのみじん切りに挑んでいますか?ただでさえ目にしみるうえに、ちっともパラパラ「みじん」にならない人へ。ライターChris Wu...
「WonderHowTo」で紹介されていたのは、卵の殻の利用術。ライターBrady Klopferさんによれば、彼が1年でどのくらいの卵を食べているか計算...
包丁研ぎやシャープナー、ましてや砥石がなくたって、切れなくなった包丁をスパっと鋭い切れ味に戻す方法がありました。使うのはアレ。動画で紹介するこの方法、覚え...
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...
健康のことを考えたとき、一番に始めるたいのが「食生活の改善」。野菜を多めに摂ったり、玄米にしてみたり、なんとなくでも栄養管理をする人も多いはず。しかし、そ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
お椀のなかを見たとき、まずこれがお味噌汁なのだ、と理解するまでに少しばかりの時間が必要かもしれません。でも、そんな大胆なひらめきこそ料理家・平山由香さんの...
味はもちろんのこと、料理をする際は健康効果も意識したいところです。ここでは春野菜との「食べ合わせ」だけで、健康効果の向上が期待できる組み合わせを紹介しまし...
通勤中の電車の中で、はたまた休日のカフェで。「音楽を聴くこと」は、当たり前のように日常に溶け込んだ行為です。が、その前にごちゃごちゃに絡まったイヤホンを解...
世界の頂点に4度輝いた「ノーマ(noma)」が、1ヶ月半の期間限定レストランを東京で成功させたのは2015年のこと。食材も勝手もまったく違う不慣れな土地で...
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...