「一度で使い切れない・・・」余ったハーブは、こうして有効活用!

フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

香りをつけたり、食材の臭みを消したり、飾ったりと、お料理には欠かせないハーブ類。でも、一度に使う量は少量だし、使用頻度は低いし、思い出したときには冷蔵庫の片隅でかぴかぴになっていた……。

そんな経験をしたことある人も少なくないのでは? ここでは、一度では使い切れなかったハーブを簡単かつお手軽に保存する方法をレクチャーします。覚えておいて、ソンはないですよ!

時短料理にも最適!
ハーブオイルのキューブ

Parsley frozen in ice cubes

まず、製氷皿を用意します。余ったハーブを適当な大きさに切って入れ、ひたひたにオリーブオイルを注いだら、冷凍庫で凍らせるだけ。

使うときは、凍ったまま肉・魚のグリルやパスタに使ったり、解凍してピザに塗ったりと用途はいろいろ。ハーブと一緒にニンニクを入れておけば、時短料理にも使えそうですね。

ちなみに、オイルはココナッツオイルでもOK。その場合、22度以下で固まるので冷凍庫でなくても、冷蔵庫保存が可能ですよ。

味も見た目も◎
ハーブバター

0012854293_Large

オイル同様、肉・魚のグリルにのせるほか、ディップにようにして食べたり、トーストに塗ったり、いろいろ使えるハーブバター。見た目もオシャレなので、パーティーにもぴったりです。

作り方もとっても簡単。室温に戻したバターにフレッシュハーブのみじん切りを混ぜ、再度固めるだけ。冷蔵保存の場合、3~4日を目安に、長くても1週間以内に食べきることも忘れずに。

すぐに使わないなら、約1カ月間保存できる冷凍がおすすめ。ラップやアルミホイルで巻いて棒状にしておくと、使いたい分だけ切って使えるので便利ですよ。

ハーブの基本の「き」
どれをどの料理に使えばいいの?

Fresh herbs preparation for drying on black background

最初はレシピ通りに作ろうと揃えてみたけれど、その後余ったものをどんなお料理に使えばいいのか、悩んでしまう人もいるのでは。ラストはお料理ごとに相性のよいハーブたちをご紹介します。

■肉料理…セージ、タイム、オレガノ、パセリ、ローズマリー、ローレルなど
■魚料理…タイム、ディル、パセリ、フェンネル、レモンタイムなど
■卵料理…コリアンダー、チャービル、チャイブ、ディル、バジル、パセリなど
■野菜料理…タイム、チャイブ、ディル、バジル、パセリ、ローズマリーなど

オイルやバターと一緒に保存すれば、余ったハーブを救済できるうえに、お料理の効率UPも図れていいことづくめ。ハーブは鮮度が命なので、早めの保存を忘れずに!

屋内で野菜を育てて楽しむ「水耕栽培キット」に注目が集まっているのは、なにも日本だけじゃありません。あのIKEAが発売したと大きな話題になったものだけでなく...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
もう9月ですが、まだまだ「蚊」対策を怠ってはいけません。彼らが活動するのに適した温度は約25℃〜30℃と言われており、10月頃まで私達の血を求めてくるでし...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体...
突然ですが「スマッシングハーブ」を知ってますか? これは火をつけて使用するハーブのこと。浄化の儀式や瞑想時にネイティヴアメリカンがその煙を利用していたこと...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
連日の猛暑にカラダばかりか、心までぐったりしている人に向けて、一瞬でも暑さを忘れさせてくれる、オシャレなフレーバーアイスキューブのご紹介!用意するものは製...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
キッチンが見えていると、料理が美味しく感じる!キッチンがオープンなレストランは楽しい。自分の注文した料理がどんな人にどのようにして作られいるのかを見ること...
セレクトショップや食品雑貨店でも見かける「コーディアル」は、ハーブや果汁を濃縮させた飲みもの。イギリスでは特に親しまれていて、家庭でつくる人たちもたくさん...
使用されているのは、「西洋ハーブ」やアーユルヴェーダなどで古くから知られる「薬用植物」「和漢植物」。私たちのココロやカラダの状態に合わせて、独自の調合で作...
取材に行くときも、旅先にも、いつもカバンの中に入れているのは、小瓶に入ったハーブオイルです。ちょっと疲れた時や、パソコン仕事で肩が凝った時、取材前に緊張し...
テクノロジーが進化し、どんどん便利になる今日この頃。目新しいアイテムも魅力的ですが、一方で「昔ながらの知恵」に立ち返りたくなることもあります。たとえば、消...
フレンチ、中華、そしてトルコ、これが俗に言うところの世界三大料理です。その中でトルコ料理だけ、日本人の印象が薄いのはなぜでしょう。ドネルケバブのイメージは...
「いまや女たちの料理力はどんどん退化して、無能な男レベルに近づき、おいしいものをみずからの腕でほしいままにする自由を喪失している」。約40年前に発売された...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
これは、いくつものシステムキッチンを店舗に集約して、時間貸ししてしまおうというIKEAのアイデア。実際にロシアで行なわれたこの取り組みは、ネットでキッチン...