余ったビールで料理を劇的に美味しくする裏ワザ

宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術さえ抑えておけば、流しの前でやるせない想いになることもなし。

ビールのおいしい季節です。家で飲む機会が多い人は、ぜひ試してみませんか。

01.
お肉を漬け込んで
柔らかさUP

87f1fe96bfb463d3202abf96a9165d2081ce5035

まずは基本中の基本ワザ。

調理前1〜2時間ほど、お肉がひたるくらいの量のビールに漬け込んでおくだけで、ビールの炭酸や有機酸がタンパク質を分解して、お肉を柔らかく、ジューシーな仕上がりにしてくれます。

02.
失敗しないサクサク天ぷら
決め手は衣にビール!

天ぷらをサクッと揚げるのに、ビールを使うと聞いたことがありませんか?天ぷら粉を溶く冷たい水の半分をビールにするだけ。本当に小ワザです。

ビールに含まれる炭酸が衣の中に空洞をつくるため、その空洞から食材の水分が抜けて、サクサクの衣に仕上がるというロジック。さらには衣にも、ビールのうまみ成分が加わりおいしさもUP!

03.
煮込み料理に奥行きを出す

8a15abd2b8bdf922c734d7149ac97bc09ef2e2cd

煮込み料理にもビール、より深みのある味わいになります。オススメはトマト煮込みやカレー。では、どのくらいの量を目安にすればいいか。基本は煮込むために使う水分の半分から1/3程度。入れすぎると苦味と甘みが際立つので注意しつつ、あとはお好みで調整を。

飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
1日の仕事が終わって、待ちに待った家での晩酌。家で飲むビールって最高の息抜きです。とはいえ、缶からグラスへとただただ注いでいませんか?そう、缶ビールのおい...
グラスを変えるとビールが変わる―。そんな想いのもと、約500年にわたって、こだわりのモノづくりを続けるドイツブランド『シュピゲラウ』。実はいま、同ブランド...
「それ、家にあったらめっちゃイイですね!」あるプロダクトの紹介記事を書こうとHPを眺めていると、僕のPCを覗き込んだビール好きの後輩が話しかけてきた。どう...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
料理スキルに自信はないけれど、気の利いたゴハンは作ってみたい。そんな願望に応えてくれるのが、今回紹介する「ビールごはん」。読んで字のごとく、水の代わりにビ...
宅配ビザを頼むと、どうしても数枚余ることがあります。熱々は美味しいんだけど、冷えてしまえばそれも半減。翌朝まで放ったらかしにしておくと、もうどうしようもな...
ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
歴史と伝統がたっぷり詰まったドイツのビール。かの地では、豚肉をビールで煮込んだ料理があります。調理に使うワケですから、当然ビールのお供としてもぴったりの一...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
海外旅行に行ったなら、その国の言葉で「こんにちは」「ありがとう」「ビールください」が言えれば、その旅は素晴らしいものになるでしょう。さらに「乾杯」まで言え...