旅に出てリフレッシュするべき「3つのタイミング」って?

もちろん休暇を取らなきゃいけないし、お金だってかかる。ほかにも悩みは尽きないけど、「旅」にそれ以上の価値を感じている人は多いもの。

世界を周りながらトラベルライターとして活躍するイギリス人女性、Amy Stewartが、その一歩を踏み出すべきタイミングを書いています。以下、「Elite Daily」に掲載された記事を一部紹介。こんなことを考えるようなら、決断するべきときかも。

01.
逃げたいワケじゃないけど
行き詰った!

Medium a4ef935607eea5fa18b6924f9ee7855feaa9e908

友だちや家族、仕事。いろいろなことがフクザツに絡んで、もうどうしていいものか…。そんな時、部屋に閉じこもってフトンをかぶっていれば現実逃避はできますが、求めているのは、それではありませんよね?

視点を変えるだけでカンタンに解決策が見つかる可能性だってあります。新鮮な空気を吸うだけでも大違い。ボランティアに参加して誰かの問題解決を手伝えば、客観的なヒントが得られるかもしれません。知らない土地を訪れれば、ビックリするようなこともたくさん起こり得ます。それまで抱えていた問題だって、小さく感じますよ。

02.
何事も「物足りない」と
感じてしまう

Medium 9eccea08cc4f2a32cbacb851ac37ebf3cef95532

とくにSNSを見ていると、どんなに順調に生活を送っていたとしても、誰かのうらやましい体験が目に入ってきてしまうもの。日常と比べると、羨ましく思えてしまうことがたくさんあります。

そして、憧れからくるモヤモヤは、実際に体験するまでなかなか消えてくれないから困りもの。だから、素直に旅に出て、これまでにない経験で全身を満たしてしまいましょう。そのほうがラクなのです。

03.
最後にドキドキしたのがいつか
思い出せない

Medium 5c8dbb9258cf13348d309e3e4f60252fc5be300f

目が覚めたら会社に向かい、家に帰ったらベッドに入る。その繰り返しの中に、ドキドキはありますか?もし、それまで好きだったことにさえ気持ちが盛り上がらなくなってしまっていたら、何かを思いっきり変える必要がありそうです。

今までとは違うライフスタイルに触れて、もっと自分に合った生き方を考えなおすチャンスを作りましょう。それには冒険してみることが一番。

胸が高鳴る体験を、思い出せないほどしていないなんてあんまりじゃありませんか。すべてを投げうってでも、今スグ旅に出ましょう!

Licensed material used with permission by Elite Daily
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
「Elite Daily」のライターAshley Fern氏が「休暇を取るべきサイン」をまとめています。週末の休みはあれど、それだけでは日々の疲れはなかな...
「今から20年したら、やったことよりやらなかったことを後悔するだろう。もし迷っているなら、決断せよ。今いる安全な場所から離れて、探検し、発見しよう」ーマー...
旅好きのあなたに一つ質問を。旅行に持って行くシャンプーのサイズって、結構悩ましくないですか?大きすぎると荷物になるし、持て余すのもイヤ。かといって、小さす...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
今こそ、飛び出すべき。フラれた・・・。失恋はいつだってツラい。学校も仕事も行きたくないし、毛布にくるまって閉じこもっていたい。そんなアナタに、ちょっと荒療...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
ちょっとでも会えない日が続いたら、きっと心も離れちゃう…と、恋人がいるときはできるだけ離れないようにしようとするのは、ある意味自然なのかもしれません。でも...
「人生は旅だ」。なんて使い古された言い回しに聞こえるかもしれません。しかし、文学作家のドクター・スース氏はこう言います。「大人になっても子どものような心を...
 本は、新しい知恵を与えてくれる。新しい一歩を踏み出す勇気をくれる。そして、旅に出るきっかけになり得ることだってある。今回紹介するのは、読んだら思わず旅に...
いかに休息を取るか。これは日々を忙しく過ごすビジネスパーソンにとって、永遠の課題。心身ともに疲れた状態では、何事もうまくいかない。ここでは自著『超一流の超...
ここで紹介するのは、年収3,000万円という高給を手放し、51歳で77年式のフォルクスワーゲンに乗って旅に出たBob Cooneyという男性の物語。「Th...
安藤 美冬/Mifuyu Ando1980年生まれ、東京育ち。慶應義塾大学卒業後、集英社を経て現職。ソーシャルメディアでの発信を駆使し、肩書や専門領域にと...
恋人とは、積極的に旅行に出かけましょう。そういう時こそ、普段の生活では見られない一面が良くも悪くも発見できるものだから。「相手のことはなんでも知ってる」な...