すげぇ!今度の「フライボード」はジェットエンジン搭載だ(動画あり)

ジェットスキーヤーのフランク・サパタ氏が考案し、GoogleのCMでも話題となった、水噴射圧を利用して水上を飛んだりはねたり。あのフライボードの進化版とも言える、超ぶっ飛びマシンが登場。

サパタ氏自らテスト飛行に挑んだ貴重な映像をどうぞ!

今度は、ホースレス
ジェットエンジンだ!

D2118f1281c8f2cb47c3430ceeff2119af58d557

こちらが元ジェットスキーチャンピオンのサパタ氏。水圧の力で空を飛ぶ、前作のフライボードよりも、今作は数段デンジャラス度が高いんでしょう。フルフェイスのヘルメットを手にいささか緊張した面持ちのサパタ氏。スタッフが入念にフライボードをチェックします。

778420b73529b91b294ba3e499262e278ef2b263

そして、いよいよオールグリーン。シールドを下ろして、リモコンのトリガーを握った次の瞬間…。

80c4bbeb6c34f62e48ee239602753312f27901b7

ごう音とともに水面に立つ水しぶき。サパタ氏を乗せたまま、新型「Flyboard Air」はホバリングしたかと思うと、そのままギュイ~ン!

C57ce76cb94bc826681d298eb60e92afa5327726

え、高度3,048m、時速150km
スペック上は可能だって!?

De1c157520517ccb38e28ca062296bd646a3568c5dbd050b520e96ae6a4ebdc8831a7fb4d29295a4

あっという間に上空へと舞い上がっていきました。これは、明らかに水噴射方式よりも破壊力アリ。さらには、水面から延びるホースもないため、大空を自在に飛び回ることが可能な様子。

B6d6d8712df9a7b0be275b78dbfc4ff477f64a2a

眼下に広がる風景。サパタ氏のシューズよりちょっと大きいだけのFlyboard Air。本当にこれだけだっていうからスゴい。

B94c427d619699351c004c1ed105031c69ef35468206a3c820b885dbe857d37a181032e5bbecea04

テスト飛行の感じでは、めちゃくちゃスムーズに移動していますが、これ一歩バランスを間違えれば…と思うと、腰が引けてしまいますね。

3445b8bd01cafde944104dbca9e1c52b41b8ee768a90bb62c74f12ee62f9a10a88843b1da087a0f4

ランディングもバッチリ決まって、ハイタッチ!

現在のところ、公式ページでも詳細が乏しいものの、リリースによれば飛行可能高度はじつに3,048m、速度は150kmまで計算上では出るんだとか。なお、サパタ氏によると商品化の予定はないものの今後、Flyboard Air体験は可能だというのですが、よほどのエクストリームスポーツ好きでなければ、遠慮したくなりますよね。え、こんなマリンスポーツを待っていた?

Licensed material used with permission by ZAPATA RACING
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
見た感じスタンドアップパドル(SUP)とも違う、この乗り物…。歩くように“漕いで”進むという、まったく新しいコンセプトのサーフボードなんです。右、左、右、...
パラセーリングにウェイクボード、さらに人気急上昇中のフライボードなど、エキサイティングなマリンスポーツは多いですよね。ただし、ここで紹介する「サブウイング...
動画を見ると想像以上にパワフルです。でも、ドローンって主には空撮用に使われていますよね。ウェイクボードをするかのように使っていますけど、大丈夫なのこれ?使...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
その濃厚な食感は、「まるでクリームチーズのよう」と近ごろ話題の水切りヨーグルト。その名の通り、ヨーグルトの水分を切ったものですが、これを揚げるとどうなるか...
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
ロールス・ロイスといえば、自動車だけでなく、「エンジンメーカー」としても一流の名を馳せています。イギリスのヨットデザインスタジオ「Claydon Reev...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。そもそも...
パドリングしながら、波を待つ男女ーー。実はこの2人、“超人的な身体能力”の持ち主なんです。サーフボード上で、次々に繰り出される「スゴ技」に、ただただ見とれ...
1984年のロサンゼルス五輪が思い出される、背負い型のジェットパック。「ついに実用化か!?」というニュースが定期的に話題になりますが、イメージよりもだいぶ...
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...