【絶賛募集中】この夏、フランス旅行の「公式レポーター」になりませんか?

パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開され話題になっています。応募方法は、旅への思いを個性あふれる動画でアピールするだけ。さあ!あなたを待つフランスへ。

レポーターとして
フランス旅行に出発!

4b514dce48b7ca5ddf8bf79eb02988632badee63

これは、フランス観光開発機構の新年度観光キャンペーンとして展開されているもの。フランスでやりたいことや行きたい場所、フランスへの思いなどを動画でアピールし、当選すればレポーターとして、“フランス体験”の素晴らしさを日本中に伝えることになります。

応募期間は、2016年5月10日(火)日本時間23時59分まで。あなたが行きたいフランスはどっち!?

芸術と自然の「北西フランス」

3b1842673980b17fef5c52f03589b8a6d109f4ad

(c) Dietmar Feichtinger/E.Ursule-D.DUMAS

パリから北西に向かうと、世界遺産モン・サン・ミッシェルや、印象派画家たちが描いた数々の絶景、名所が点在。散策しながら名物のカマンベールチーズやシードルも楽しめます。

07fb4a82b0bd48e3b48142acac97a676fcdce6e5

(c)Andrea SOLTER

モネが愛したジヴェルニーの庭園。

Aa5710c4e91e1f662919722dded69ec7328636e2

(c)Marie-Gabrielle CLEMENT CRT

芸術の大家たちが恋に落ちたエトルタの絶景。

Ac639cdceba73307843d7983f2fca176b631fb93

カラフルでメルヘンな港町、オンフルール。

7ae34811b94e9494960ed239072488c64605da03

(c) Maggie McNulty

ドーヴィルでVIPの社交場・競馬場と『男と女』の海岸へ。

絶景と文化の「南フランス」

1217545dd03f5801ffbdf5443b377291a3d095ad

© HPTE Pierre Meyer

フランス南西部のミディ・ピレネー地方は、ピレネー山脈、山頂や断崖絶壁にある村、奇跡の泉などが見どころ。そしてワインやフォアグラ、チーズなど贅沢なグルメも!

62871b38ad25be0644fe182c88cfc3a938e2a787

©Tarn Tourisme / Luc Beziat

天空の村、コルド・シュル・シエル。

96baed9be3e9704c771a771184aa2064e56c0c2f

© CRTMP-D. Viet

絶壁に立つ、サン・シル・ラポピー村を散策。

E489eb4c94cf1ef3b072d8869a94d753251a5ed8

© P. Vincent -OT Lourdes

ルルドのロウソク行列は、厳粛な気持ちで。

74a522a4efac027840321c8212464fc2a9911e66

© Patrice THEBAULT -CRT Midi-Pyrénées

ロートレックの生誕地アルビは、街全体が世界遺産!

9f15cdc1870a0f4962fec5ad478cf0434c27f4c6

©CRTMP D-Viet

巡礼の村、コンクでは中世に想いを馳せる──。

95466a210158d0552829e99a6f842cc7d7fc57ba

© PenicheSamsaraToulouse

写真を見てウズウズしてきたそこのアナタ。応募はこちらから!

Top Photo by C. Richez OTAR
Licensed material used with permission by フランス観光開発機構
ここ最近で一番「いいな」と思ったリノベかもしれません。あるオーストラリア人家族が4年ほどかけて生まれ変わらせたのは、18世紀に建てられた「南フランスの古城...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
かつてイエスは、4人の漁師を弟子にする時に言いました。「今から後、あなたは人間を獲る漁師になる」と。そのうちのひとりは、のちの初代ローマ教皇。イエスの死後...
人口約24万人(都市部全体だと約114万人)、フランス第5の地方都市ボルドー。この町を歩いていて感じるのは、若い人が多くて活気があるということ。それもその...
1960年代から70年代あたりにフランスの〈ブルボン社〉が制作した通称「ブルボンキーホルダー」。一見おもちゃのようですが、レトロな企業ロゴのデザインや全体...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
しあわせやよろこびを他人と分かち合うことを、フランスでは「partagé(パルタージュ)」という言葉を用いて表現します。口にしてみると、口角がキュッと上が...
カラフルなインスタレーションを世界中に展開しているフランス人アーティスト、マドモアゼル・モーリスの作品には、レースや刺繍のほか、さまざまな素材を混ぜ合わせ...
7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
「mindbodygreen」のこの記事にまとめられているのは、約20年のフランス在住歴を持つRebeca Plantier氏が気づいた、フランス流食生活...
昨年末、フランスはノルマンディーにある、Tourouvre au Percheという小さな町に、ソーラーパネルでできた道路が開通した。これまでに、太陽光発...
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
アメリカと比較すると、フランスではADHDになる子供の割合が非常に少ないことがわかっているようです。そして、そこにはいくつかの大きな違いがあるのだとか。小...
仕事で疲れて家に帰った後、ゆっくりしたいけれど仕事のメールは無視できない…。これ、ビジネスマンの悩みのひとつですよね。でも、今後はそんな心配がなくなるかも...
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
海外では定番の「イケメン消防士カレンダー」ですが、中でも好評なのがフランス編。モノクロで魅せる鍛え抜かれた肉体には、強さと美しさが同居。かと思うと、時おり...
フランスにある本屋さん「mollat」のインスタグラムアカウントが大人気になっています。その理由は…、店員さんたちのこんなお遊び!本のカバーにぴったり合わ...