自分で選べて作れる!「レゴ義肢」に子供たちの目もキラキラ

コロンビアのデザイナーによって新たに開発されたこの義肢。なんと、レゴのようにカスタマイズできちゃうのだとか。

生まれつき肢体が不自由だったり、怪我で手足を失ってしまった子供たちに、自分の持っている可能性について考えてほしい。そんな願いから生まれたのが、この「IKO クリエイティブ義肢システム」です。

筋電位センサーとモーターで
自由自在

Ad9fa27cfbb3ea68d724a74e41a98341665f9f0d

レゴの協力のもと進められた開発。腕に一番近い上腕部分には、バッテリーと筋電位センサーが内蔵されています。

さらにその先の前腕部分には、モーターを搭載。先端にレゴを繋げば、自由自在に思った通りに動かせる仕組みです。

義肢が楽しい
おもちゃになっちゃう!

6a6d202d607c821b0c04b792358cb3e13af757ed

自分の腕となるのは、いつも遊んでいるレゴと同じ。これなら抵抗もなく簡単に遊びながら組み立てられます。

074b5f427b4fa8f2bfc47de68bc4cd4f07fd726e

物を掴む実用的なアームはもちろん…

B17575e047c514fbb952c3a9232c1c93151c8ba7

ブルドーザーだって、この通り!何より子供たちが楽しそうですね。

自分の義肢を
自分で決める

B20629915b431abb732874ce2798e0facf422eeb

当然ではありますが、これまでは子供が自分自身で義肢を組み立てることは困難でした。でもこの「レゴ」なら、必要なものを自分の手で作ることができます。

役に立つアームも、楽しいおもちゃも、子供が自分で本当に望むものを手に入れることができるのです。

このレゴ義肢は今はまだ試作品段階とのこと。早く製品化され、たくさんの子供たちの元に届いてほしいですね。

Licensed material used with permission by Carlos Arturo Torres Tovar, (twitter)
言わずと知れた、デンマークの定番ブロック玩具、レゴ。子どもの頃に遊んだ人も多いのではないでしょうか?国を超えて、老若男女問わず支持されているレゴですが、自...
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
「はじめて夢中になったオモチャが、LEGO®でした」。自分自身がそうだったという人もいれば、子供や兄弟、甥っ子や姪っ子が、時が経つのも忘れるほど遊んでいた...
この方法を試しているのは、小学校3年生に算数を教えているAlycia Zimmerman先生。計算を教えるための道具としてレゴを使っているそうです。とても...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
つい先日オープンしたLEGOLAND Japanや、園内で提供されるLEGOポテトなど、なにかとあの組み立てブロックが気になる今日この頃。僕を含めて、周囲...
世界有数の名門校、英・ケンブリッジ大学が「LEGO教授」を一般公募!オモチャ好きには心躍るような話題を、科学系情報サイト「IFL Science」でMor...
下の動画では、0分30秒から実際に建築していく様子が確認できますが、出来上がりもイイ感じ。さっそく見てみましょう。この建物に使われているのは、基本的に木材...
フランスに拠点を置くデジタルラボTHÉORIZ Studioが最近公開した、話題の動画を紹介します。仮想現実をよりリアルに体験するテクノロジーを応用したも...
仕事がうまくいかなかったり、大好きな恋人にフラれたり…。人生は何が起こるかわからない。良いことも悪いこともあるから心を複雑にさせる。でも、たとえ壁にぶつか...
千葉県市原市の「ふくます幼稚園(学校法人三和学園)」に、あたらしい付属施設が完成した。その名も『フクマスベース』。全体をディレクション、コーディネートした...
約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
「こんな洋服が着たいなぁ…」。女の子が描くお絵かきには、彼女たちの理想がたくさん詰まっています。「Picture This Clothing」は、そんな女...
もうすぐ母の日。世間ではさまざまなキャンペーンやCMがあふれる時期ですが、一風変わったこんな動画はいかがでしょう。病気と闘う幼い子供たちをサポートする、カ...
遺伝子組み換えの話題になれば、その対象が食であろうと生物であろうと、様々な議論を呼び起こします。そのなかでも注目されているのが「CRISPR-Cas9」と...
テクノロジー全盛の時代に、マジックはボクたちに何を示してくれるのだろう。仮想現実や拡張現実の登場は、「イリュージョン」という何となく子供だましのようで、あ...
ポーランドのフォトグラファーIzabela Urbaniakさんは、2児の母。2012年以来、夏になると、あるテーマに沿った子どもたちの写真を撮影し続けて...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...