「自室の壁にアートを・・・」まずは、代官山で鑑賞&作品集をGETするのは、どう?

2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。

日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は可能だが、一方でギャラリー=展示スペース(貸スペース)というケースも多い。そんな中にあって、ショップと全面に打ち出し、鑑賞するだけでなく、購入することを前提にした『WALLS TOKYO』は、ちょっぴり新しいお店と言えそうだ。コレクターのみならず、初めてアートを購入しようという人まで、同店のファンは幅広い。

slide11

『WALLS TOKYO』
住所:東京都文京区白山2-14-18
WEB:www.walls-tokyo.com

取り扱っているのは、バンクシーやバリー・マッギー、カウズにインベーダー、草間彌生に奈良美智、ラリー・クラークやティルマンス、リヒターといったアーティストの作品。個々の紹介は省略するが、このメンツに食指が動く人は多いはず。いわゆる現代アートやストリートアートという括りのなかでも、非常に人気が高く、そして現在進行形の作家群だ。

さて、そんな『WALLS TOKYO』をこのタイミングで紹介するのは、理由がある。今、代官山でその作品が展示中なのだ。

ビビッときたら、
作品集から入ってみる

代官山T-SITE 蔦屋書店 2号館1階のギャラリースペースでは、5月23日(月)まで『WALLS TOKYO』のコレクションの一部が展示されている。

wt541_m-2

Banksy バンクシー
『Toxic Mary』(2003)
Artwork:69.0×49.2cm
Frame:72.0×52.2cm
Silkscreen print

wt62_m-1

Barry McGee バリー・マッギー
『Untitled』(不明)
Artwork:39.0×25.0cm
Frame:56.6×43.0cm
Acrylic on paper

wt81_m

Barry McGee バリー・マッギー
『Untitled(Face bottle)』(2001)
17.8×11.0cm
Paint on bottle

meguruのコピー

Meguru Yamaguchi 山口歴
『OFF THE WALL』(2015)
Artwork:32.0×35.0cm
Mixed media

wt568_m

KAWS カウズ
『KUBRIK』(2003)
25.0×18.0×9.0cm
Soft vinyl

wt718_m

Invader インベーダー
『Camel』(2015)
Artwork:86.5×61.0cm
Frame:93.0×67.5cm
Silkscreen print

映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』が公開中のバンクシーを中心に、ストリートアートのなんたるかを体験できる機会……なのは、いわずもがな。上記の作品を鑑賞して、感じるところがある人は、同スペースで展開されている関連書籍から、作品集を購入するというのも手だ。

ライフスタイルにアートを取り入れると言っても、いきなり購入というのはハードルが高い。だけど、作品集なら手が届く。蔦屋書店でアートを鑑賞するメリットは、その手軽さに加えて、作品集という媒体をその場で立ち読みしたり、購入できることにある。

そして、これを機に『WALLS TOKYO』へ足を運んでもいいし、「いつかは自室の壁にアートを」と考えるのもいい。もちろん、その場で購入することだって!

『WALLS TOKYO COLLECTION』
会期:2016年5月23日(月)まで
時間:7:00〜翌2:00(営業時間)
主催:代官山 蔦屋書店
場所:蔦屋書店2号館 1階 ギャラリースペース


Licensed material used with permission by _WALLS TOKYO

「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
ニューヨークで活動するアーティスト、山口歴の作品が「WALLS TOKYO」に展示中だ。会期は10月8日まで。絵具の筆跡を貼り合わせる表現手法「カットアン...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
2016年3月3日、ロンドン大学クイーン・メアリーの科学者による衝撃の研究結果が発表されました。なんと、あの正体不明のアーティスト「バンクシー」を特定した...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
東京・代官山の路地裏にある、コールドプレスジュース専門のカフェ「CLEANSING CAFE」。彼らが新たにプロデュースした、身体をキレイにクレンズ(洗浄...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
いよいよやってくる夏休み。家族やカップルで出かけよう!と意気込んでいる人も多いはず。でも、いざ外出したら、暑さに負けて意気消沈。涼を求めて、用もないのにと...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...
なんとなく自分の中で勝手に限界を決めてしまっていた「プールが持つ可能性」。でも、一歩引いた視点から既存のルールを見直してみると、たしかに、まだまだ“改革”...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう!そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...