「自分を愛する者として」。チャールズ・チャップリンが書いた、10のポエム

以下、「Collective-Revolution」の記事を紹介します。

自分を愛する者として。

チャールズ・チャップリンは、サイレントフィルムのスターとして活躍したコメディアン。髭とハットが特徴ですが、知られているのはそこだけではありません。

出演作品「The Great Dictator(独裁者)」の演説では、人々の生きる権利や、強欲さから失ったことなどが語られました。機知に富んだ彼の発想やユーモアからは、今も多くのことに気づかされます。これから紹介するポエムは、自分を愛することの大切さをより深く知るために、きっと役立つはず。

01.
自分を愛する者として、

本心に背けば、悲しみや苦しみが現れるとわかった。

今日、ぼくはそれが「真実」だと知っている。
02.
自分を愛する者として、


もし、自分の欲を押し付ければ、相手の気分を害すとわかっている。


今じゃないとわかっていたら…。
相手の準備がまだとわかっていたら…。
たとえ、その相手が自分でもだ。

今日、ぼくはそれを「尊敬」と呼ぶ。
03.
自分を愛する者として、

ないものねだりはやめた。ぼくには見える。
周りにあるすべてが成長へと呼びかけてくれる。

今日、ぼくはそれを「成熟」と呼ぶ。

04.
自分を愛する者として、

どんな事情も理解した。
ぼくは、正しい時に、正しい場所にいる。
すべては起こるべき瞬間に起こる。
だから、落ち着いていられる。

今日、ぼくはそれを「自信」と呼ぶ。

05.
自分を愛する者として、

ぼくは、自分の時間を盗むことをやめた。
未来のために大きな計画を立てることもない。
歓びとしあわせだけに目を向ける。

愛すべきことや、勇気づけてくれることを、
自分のやり方と自分のリズムでする。

今日、ぼくはそれを「素朴」と呼ぶ。

06.
自分を愛する者として、

ぼくは、体に良くない物から自由になった。
食べもの、人、モノ、状況。
気分を落ち込ませることや、性に合わないもの。

はじめはそういう態度のことを、
「ヘルシーエゴイズム」と呼んでいた。

今日、ぼくはそれを「自愛」だと知っている。
07.
自分を愛する者として、

ぼくは自分の間違えに気づいた時から、
常に正しくあろうと努力することをやめた。

今日、ぼくはそれが「謙虚」だとわかった。

08.
自分を愛する者として、

過去や未来を心配しないようにしている。
今、ぼくはこの瞬間だけに生きている。

そこですべてのことが起きている。
今日、ぼくはその日1日1日を生きている。

そして、そのことを「満足」と呼んでいる。

09.
自分を愛する者として、

自らの心に邪魔されることがある。
うんざりするものだ。
しかし、強く繋がれば力強い味方になる。

今日、ぼくはそれを「心の知恵」と呼ぶ。
10.
自分を愛する者として、

言い争いや衝突、
そのほかあらゆる問題を恐れる必要はない。
たとえ隕石が降ってきて気が狂ったとしても、

今日、ぼくはそれが「人生」だと知っている!

自愛について書かれた言葉の数々。素晴らしいですよね。チャップリンの賢さがたしかに感じられます。力強いポエムは、私たちの人生や体験、そのすべてに通ずる学びを再確認させてくれます。知っているだけで、いつかきっと役に立つはず。それぞれの詩の意味を心に留めて、うまくいかないときに思い出したいものです。

自分を愛して悪いことなんてありませんよね。成長したい部分があるのも、ありのままの自分を受け入れることも、長い人生の旅の一部なのです。

そのほかより良い人生を送るためのヒントについて、「How To Change Your Life For The Better In One Month」や、Collective Evolutionの記事を読んで見てね。

Top Photo by Bettmann/Bettman/Getty Images
Licensed material used with permission by Alanna Ketler, via Collective-Evolution.
ライターのRebecca Endicottが、インターネット上で話題となっているポエムを「Little Things」で紹介しています。それは、犬から学ん...
私は知っている。あなたは寛容で上品な人なのだ。自分のことは後回し。たとえ知らない人でも、身近な誰かにありったけの愛情を注いでいる。最低な日にだって、笑顔で...
映画好きならずとも、“史上最高のスピーチ”と称されるチャーリー・チャップリンの演説は、ご存知の人も多いでしょう。20世紀の喜劇王が挑んだ初のトーキー(映像...
古代ギリシアの哲学者プラトン。彼の思想に詳しくなくても、名前だけは聞いたことがあるのではないでしょうか。ソクラテスの弟子であり、アリストテレスの師匠であっ...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
成功と失敗は、隣り合わせです。どんなことでもまずは失敗から学び、成功への道を模索していくものですし、そこが運命の分かれ道でもあります。なかには諦める人もい...
あなたは「自分の人生」というストーリーの主役です。と言われても、日々そう思いながら生活するのは難しいもの。人生経験が浅ければなおのことでしょう。でも早く気...
レゲエ好きでなくても、その名前といくつかの名曲は聞いたことがあるはず。ここでは「I Heart Intelligence」に掲載されたボブ・マーリーの20...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...
自閉症のひとつ、アスペルガー症候群の男の子ベンジャミン君(10歳)。口数が極端に少なかったり、同年齢の子どもとうまく波長が合わない、他人の気持ちが分からな...
いつも新しい視点に気づかせてくれる偉人達の金言。今だに古びませんよね。「I Heart Intelligence」は、その中から特にハッとするような言葉を...
頭に風車をつけて砂浜をテコテコ。一見するとオモチャのようですが、実はAI(人工知能)を搭載した、立派なロボットなんです。事前にプログラムされた詩ではなく、...
一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?好きなことを...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
生前はもちろん、死後10数年が経過しようとも、ポジティブな影響を与え続けてくれるマザー・テレサ。彼女が残した数々の言葉は、時を超えて私たちの胸に響きます。...
私たちの心を時には鼓舞し、時には癒し、元気付けてくれる名言。長く語り継がれてきた言葉には不思議な力があります。そんな古今東西の名言に、遠越段さんが解説をつ...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
世に恋愛の名言はごまんとありますが、不思議なものでどれだけ昔の偉人が語ったコトバであっても、そこに「古っぽさ」を感じることがないんですよね。今も昔も、愛は...
本日10月5日は、スティーブ・ジョブズ5回目の命日。いま思い出しても、その一挙一動に、どれだけの人が夢中になったことでしょう。優秀なセールスマンであり、素...