「ボクは変わり者」自閉症の男の子の詩に、本当に大切なものを思い出す

自閉症のひとつ、アスペルガー症候群の男の子ベンジャミン君(10歳)。口数が極端に少なかったり、同年齢の子どもとうまく波長が合わない、他人の気持ちが分からないなど、この障がい特有の症状を彼もまた抱えて生活するひとり。

そんな彼が書いた一編の詩を紹介します。多くの人が彼のメッセージに心震わせ、「大切なことを思い出させてくれる」とその反響は、さざ波のように世界へと広がっていきました。

“違い”を認め合う世の中へ
『I am odd , I am new』

30a9f6fd4a83fe3514d3a32b326e474ec069b28f

僕は変わり者 みんなとは違う
みんなもそうなのかな
何もないところから声が聞こえてきたり
でも、みんなはそうじゃないって分かってる。不公平だよ
悲しい気持ちになりたい訳じゃないんだ

僕は変わり者 みんなとは違う
本当はみんなもそうなんじゃないの
僕は違う星からやって来た子みたいだ
まるで“よそ者”みたいに感じてしまう
みんな僕のことどう思っているんだろう
誰かが笑えば、僕は泣きたくなる
それが僕をどんどん小さくしていく

僕は変わり者 みんなとは違う
でも今は、みんなも違うってことが分かってる
まるで自分が“よそ者”みたいに思えるけど
でも、そんな僕を認めてくれる日を夢見ている
だから、いつも仲良くできるよう頑張ってるんだ
いつか、きっとできるよね
僕が変わり者だとしても みんなと違ったとしても

39b7a89e6030ee3a337513b86881b6bde16ee75f

この詩は、2016年4月「National Poetry Month(ナショナル・ポエトリー・マンス)」の一環として、学校で自分自身について(「I am」を使った短文)の詩作を宿題に課されたときのもの。

この日を振り返り、父親のベンさんが「Today」に当時のベンジャミン君の様子を語っています。

いつになく嬉しそうな表情で帰宅したベンジャミン君、詩作にいてもたってもいられない様子で、そのままキッチンの机で一心不乱に書きつづったそうです。ただの一度も顔を上げることなく。それから、嬉しそうにその詩を両親に見せてくれたんだそう。

「最初、誰にも理解されず孤独に心傷つき、どんな想いで学校生活を送っているかを私たちは初めて知り、胸が張り裂けそうになりました。けれど読み進めていくうちに、彼も変わっているけど、みんなそれぞれに違いがあることをベンジャミン自身が気づいていること、そして、それを受け入れてほしいと努力していることを知り、涙が止まりませんでした」。

大丈夫、変わってるのは
キミだけじゃない

じつはベンジャミン君、ちょっぴり恥ずかしかったのか、せっかく書いた詩を翌日学校へ持って行くことはできなかったそうです。けれどベンさんは、「多くの人に感動を共有してほしい」とFacebookへの詩の公開を踏み切りました。

すると、これを国立自閉症協会がシェア。少年の内なる声は、瞬く間に世間の耳目に触れるところとなりました。やがて彼の元に「変わり者?ボクだってそうさ」、「みんな変なんだから安心して」、「すべての自閉症を持つ親を勇気付けてくれた」といった賞賛のメッセージが次々と届くようになったそうです。

障がい者を標的にした目を背けたくなるような事件の後だけに、ベンジャミン君の詩の中に登場する“違い”の意味を、改めて考えるきっかけになればと思います。

Reference:Today
Licensed material used with permission by Benjamin Giroux
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
以下、「Collective-Revolution」の記事を紹介します。チャールズ・チャップリンは、サイレントフィルムのスターとして活躍したコメディアン。...
「眠り姫病」。その過酷な症状とは?「眠り姫病」(Sleeping Beauty syndrome)と呼ばれる病気がある。おとぎ話の『眠れる森の美女』を思い...
生まれつきキャットアイ症候群を患うCaitin Stickelsさん。Instagramを通して知り合った有名フォトグラファーに写真を撮ってもらい雑誌に載...
「まさにプロの魂を見せつけられた気分だ」。これは、この記事の主人公James WilliamさんのFacebookに投稿された、写真とコメントを目にした人...
ライターのRebecca Endicottが、インターネット上で話題となっているポエムを「Little Things」で紹介しています。それは、犬から学ん...
6歳のアイリス・グレースちゃんは、2011年12月、2歳の時に自閉症と診断された女の子。コミュニケーションがとても苦手でしたが、両親に連れられてヨガや音楽...
自閉症の人には、世界がどんな風に見えているのでしょう?私たちが親切のつもりで声をかけいても、本人にとってはそれが負担になっているかもしれません。イギリスで...
就職活動や転職活動って、とても緊張しますよね。自分で「こんなことを話そう」と準備していても、予想していなかった質問をされるとつい焦ってしまうことも。ですが...
私は知っている。あなたは寛容で上品な人なのだ。自分のことは後回し。たとえ知らない人でも、身近な誰かにありったけの愛情を注いでいる。最低な日にだって、笑顔で...
頭に風車をつけて砂浜をテコテコ。一見するとオモチャのようですが、実はAI(人工知能)を搭載した、立派なロボットなんです。事前にプログラムされた詩ではなく、...
閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。多くの人が行き交う場所、...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
スタンフォード大学が開発を進めている「The Autism Glass Project」は、グーグルグラスを使って人の表情を読み取り、どんな感情なのかを視...
「我々は他人と同じになろうとして、自分の4分の3を失なってしまう」アルトゥル・ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)「Elite Daily」にライターのP...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
この物語には、ドラマチックな出来事は何一つ起きない。パターソンという小さな町で、バスの運転手として生きる主人公パターソンの7日間を淡々と描写しただけのシン...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
7カ国語を読み書きし、九九も元素記号も理解する天才少年ラムセス・サンギーノくん(5歳)。彼はサヴァン症候群のひとり。人並み外れた彼の記憶的才能は、このサヴ...
世界中を美談として駆け巡っている、イギリスのお話を紹介。主人公は、11歳の少年ベンくん。5歳で自閉症と診断された彼は、昨年、普通の学校から特別養護学校へと...