自閉症の画家アイリスちゃんと、彼女の心を開いた一匹の猫

6歳のアイリス・グレースちゃんは、2011年12月、2歳の時に自閉症と診断された女の子。コミュニケーションがとても苦手でしたが、両親に連れられてヨガや音楽など、様々なセラピーを体験していったところ、絵の才能を発揮しました。

夢中に作品を描いている様子がこちら。

848277c3c5203d6c391ac889a453db3ad43bf0867f69d0f7a1dc7d5ae840c67a84c53c27e8f4c8a2

色鮮やかですよね。以下に作品をいくつか。

01.

846a1915cbaaf4ca8851f324ce63ae5a6a75e96e

『Willow Grace』

02.

F18e288cd3392c0fe9aed3e04b78213939be9043

『Under the Sea』

03.

262d065f658ef2d3902a08be24f88739b7090362

『Trumpet painting』

04.

5f873257108ee9a3c67309cd17f66e7b37cd018f

『Dancing in Sunflakes』

05.

01693bce0693804c05b42b01edbec338885b1604

『Explosions of Color』

誰に描き方を教わるでもなく、自然に囲まれ、太陽の光を浴びながら、作品を描いていったアイリスちゃん。色づかいが魅力的です。

そして、彼女を支える大切な存在が、いつも隣にいる愛猫のスーラ。

B7fa1d223fa99a79af1972c21d07281da1757c0dA3fcd067149e192eea0ea5f4091fa265950f6a4187abc052a68d2a2d4162e8849e5febc4528d1d4f1d84af1eaa5e134089cb7acbdef26e98da34ba949cb7eaee047b5b675ffb42c758f59f5e2b5aa2d2C576d1fc8260ca045b313777fb81c97354429704

もともとアイコンタクトさえとってくれないほど何事にも無関心だったアイリスちゃん。それが、「スーラが来たことで大きく変わった」とご両親。

The Dodo」によれば、きっかけは2013年のクリスマス。旅行に出かける兄弟の恋人から、数日飼い猫を預かりました。特別なセラピートレーニングを受けた猫ではありませんでしたが、家にやってきた途端、少女と猫はすぐ仲良しに。そのとき、母親のアラベラさんは「アイリスにはこの子が必要なんだ」と感じ取ったと言います。

アラベラさんは、それまで自閉症という病気を自分なりに調べてきた中で、もちろんセラピー動物について学んだことがありました。が、犬に舐められるのさえ嫌がっていた娘のことを思うと、他の動物を試すには不安があったそうです。

ところが、今となってはどこへ行くにもなにをするにもスーラが一緒。それまでは、お風呂に入ることも髪を洗われることも大嫌いだったアイリスちゃん。それも、スーラがいれば平気になりました。

76fc984e73f6da6fefebcb351a958b572d9057e025e1b48063a4496f5a66971dfe2827fbb435e1e5696fd5841b27124733f9ca3d50bcf871ac093211Fc1675bd2934667b19bca0345e066d083cb873489f5870ac135fdb52f602d34074eea357d27ebcf8C46c39819e701ba0a99d0bf8a0b006daeba251f73593d142ca18e24e8010ebe855a7e8b03c54b7921011b772e3152fe94151eb1d3dcbacb0922d80ddEfc1b6077988f497c8498048a4bc9812c8978fbfD6b812657bbd4337577f2f77025af8607e93d5102d3d5023ffcd2d7b4cdf1ce88b4cdb1ff0348f0eAe053c7e21c0280226df693ecc90f8a86bb927f736503c4da7f6621c8748aea9862d28cc2fa2e09f050615063fd84fa400e33b1394fdc4939d6d05f5

朝しっかり起きて、一緒に散歩したり、ボートに乗ったり、プールで泳いだり。アイリスちゃんの不安を取り除くだけでなく、日々の活力を生んでいるのは、他でもないスーラのおかげ。

そんなふたりの関係は、同じ自閉症に悩む多くの家族にとって貴重な前例でもあります。その詳細は写真とともに書籍化され、世界中で話題に。以下の動画では、元気いっぱいのふたりの姿や、その表情を見れます。ぜひ。

Reference:The Dodo
Licensed material used with permission by IRIS
「島民16人に対して猫100匹以上」そんなキャッチフレーズがつけられた愛媛県・青島は、いまや猫好きでなくとも多くの人に知られた場所。でも、実はこれに似た「...
自閉症の人には、世界がどんな風に見えているのでしょう?私たちが親切のつもりで声をかけいても、本人にとってはそれが負担になっているかもしれません。イギリスで...
就職活動や転職活動って、とても緊張しますよね。自分で「こんなことを話そう」と準備していても、予想していなかった質問をされるとつい焦ってしまうことも。ですが...
Felicity Berkleefさんが飼っている猫たちは、普段はアクティブで外で冒険するのが大好き。だけど、雨が降ったときは2匹とも窓から外をじっと眺め...
台湾発祥とされ、現在はアメリカやフランス、デンマークにロシアまで、世界に続々と増えていっている猫カフェ。この秋ロサンゼルスにオープンする「Crumbs &...
「絵は誰にでも描ける」90年代前半に放送されていたNHKのテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気を博したアフロとヒゲのもじゃもじゃ画家、ボブ・ロス氏。30分間...
ロシア在住のイラストレーターのLandysh氏が、猫の気持ちをポップなイラストで代弁しました。愛情を注ぐほどに離れていき、知らないうちに足元にすり寄ってく...
夢に猫が出てきたら…少し気をつけた方が良いかもしれません。男性にとっても、女性にとっても、意味のある夢となるでしょう。猫が好きな人にとっては、癒される夢と...
自由気ままな猫の行動って、ワンちゃんとはまた違った癒やしパワーを感じるものです。Little ThingsのPhil Mutz氏は、そんな猫の行動に現れて...
気まぐれだけど、どこか愛らしい。猫には他の動物にはない、不思議な魅力がありますよね。ロシア在住のイラストレーターLingvistovさんも、そんな猫の魅力...
まずは、作品を見てみましょう。とても16歳の少女の作品とは思えない油絵ではないでしょうか。しかも、描いたディミトラ・ミランが本格的に絵の道を志したのは、わ...
Instagramにあふれる、キュートな猫の写真。そのうちのいくつかをよく見ると、気になるハッシュタグの存在に気付きます。「#猫バンバン」その数、累計約5...
自閉症のひとつ、アスペルガー症候群の男の子ベンジャミン君(10歳)。口数が極端に少なかったり、同年齢の子どもとうまく波長が合わない、他人の気持ちが分からな...
宮下真/Makoto Miyashita文筆家・編集者。仏教関係や東洋思想(日本・中国の古典)を主な分野として執筆。著書に『ブッダがせんせい』『おしえてブ...
とある雨の日、ダニエルさんが家に帰ろうと歩いていると、小さく動いているダンボール箱を見つけたそうです。開けてみると、そこにはまだ手のひらサイズの子猫が2匹...
スタンフォード大学が開発を進めている「The Autism Glass Project」は、グーグルグラスを使って人の表情を読み取り、どんな感情なのかを視...
閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。多くの人が行き交う場所、...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
フォロワー48万人を誇るインスタグラマー、マンチカン猫のAlbertくん。なんと言ってもチャームポイントは、その特徴的な鼻の模様。まるで人間の鼻のような模...
「そんなはずはない!」 でも、“あり得ないところ”から確かに視線を感じる…。そうした違和感を感じていたら、にゃんとこの子の仕業でした。Reference:...