家や所持品をすべて売り払い、ボートで旅に出た夫婦と一匹の猫。その写真にほっこり

仕事を辞め、家財もすべて売り払って世界旅行にでた、とある夫婦の話が「boredpanda」や「News.com.au」などで話題になっています。

大学を卒業してから結婚し、家を買ってキャリアを築いていく…といった一般的な生活に憧れていた、マットさんとジェシカさん。ある時、このままの生活を延長していいのか?と考えた末、二人の夢だったボートで旅に出ることを決意。

2008年には二人揃って仕事を辞め、所持品をすべて売り払いボートを購入。その後3年間かけて、航の操縦の練習を続けます。2011年には家も売り払い、その1年後には故郷であるミシガンを離れ夢の旅をスタート。この旅には、愛猫であるジョージーも一緒です。
すでにバハマやジャマイカなど、16カ国を訪れたといいます。ここからは、二人と愛猫1匹で、世界をまわっている写真を紹介していきます。

大冒険の始まり!
夢を追う気持ちを忘れない

travel-cat-1

彼らのブログには、訪れた国とともに船の維持費や燃料などの生活コストの情報も、掲載されています。1ヶ月にかかる費用は二人合わせて約17万円(!)ほど。節約のため、夕食はレストランよりも船のデッキで自炊するとか。

travel-cat-2

デッキに座りながら魚を眺めることが好きだという愛猫のジョージー。泳ぐこともできるそうで、ボートから海に飛び込み自力ではしごを上って戻ってくるそう。

travel-cat-3

旅の中では、自然の脅威に立ち向かわなければならないことも。大西洋を旅していた際、陸から1,600kmも離れた場所で予期せぬ嵐にみまわれ、大変な思いをしたこともあったそう。

travel-cat-4大変なこともある一方、写真を見れば彼らが生き生きと楽しんでいる様子が伝わってきます。

travel-cat-5どんな時も協力して旅を続ける二人。付き合ってから10年ほど関係が続いているそうですが、この旅を通してさらに絆が強くなったとか。

travel-cat-9

travel-cat-6travel-cat-7

travel-cat-10travel-cat-11travel-cat-12travel-cat-14365日24時間、毎日一緒に時間を過ごす二人と一匹。ケンカをしても他にどこにも行く場所がないので、自然と仲直りするとか…(笑)

すべてを捨てて、旅に出る。それは、誰にとってもできることではありません。人生は一度きり、思いきって夢に向かい突き進むことこそが、自分らしく生きるということかもしれません。
彼らの旅の記録を綴ったウェブサイトは、こちらから。今この瞬間も、彼らの旅は続いています…。

Licensed material used with permission by Matt & Jessica's Sailing Page

猫を連れた女性の旅、と聞いて思い出すのは『魔女の宅急便』。キキとジジは空を飛んでいましたが、ここで紹介するのは「海」を旅するリジィと愛猫アメリアです。小さ...
「あー、仕事辞めてどっか旅にでも行きたいなー」って思うこと、ありません?ここで紹介するスペイン人のセルジ・バーゾリさんは、3年前に仕事を辞め、故郷のバルセ...
サンディエゴの冒険家で環境活動家の、ロブ・グリーンフィールド。食糧問題や環境問題を主題に置いた独自の旅を続けてきた人物です。現在、バックパックひとつで無期...
美しい女性と一緒に旅をする。男性なら、誰でも一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。ここで紹介するのは美男美女カップルが撮影した、ある旅の動画。彼氏の...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
3つの船体をいかだのように平行に連結した、フランス生まれのトリマラン型のプレジャーボート。2013年のデビュー以来、改良を繰り返してきました。これが、スゴ...
林 季一郎 Kichiro Hayashi平岩 隆 Takashi Hiraiwa世界一周の旅のテーマは、本物の冒険を共有すること。林さんは慶應大学、平岩...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
「今から20年したら、やったことよりやらなかったことを後悔するだろう。もし迷っているなら、決断せよ。今いる安全な場所から離れて、探検し、発見しよう」ーマー...
「旅立とう!場所はどこでもいいから、部屋を飛び出そう。幸福と自由の感覚を研ぎ澄ませ、手足を広げよう。目の前に広がる景色を感じ、広く生き生きとした視野を持ち...
今すぐ旅に出たい。じゃあ、日々の仕事や生活を放り出してでも、それを叶えることができるか?と問われれば、なかなか叶えられるものじゃありません。それでも、旅の...
あなたが今すぐにでも旅に出た方が良い理由を、Elite Dailyのライターが自身の経験から綴っている。今回は彼の経験談から、その理由を紹介する。「1年間...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
もちろん休暇を取らなきゃいけないし、お金だってかかる。ほかにも悩みは尽きないけど、「旅」にそれ以上の価値を感じている人は多いもの。世界を周りながらトラベル...
大昔に比べれば、海外に行くこと自体はかんたんになりました。実際に現地に行けなくても、インターネットで各国の情報にアクセスできます。ただ、その時・その場所だ...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
何も言わず、でも全てをわかってくれているような。そして、寄り添うと感じる安心感。ペットとの絆は「家族以上だ」という人もいるほどです。同じ景色を眺めていれば...