家も車も売り払い、無期限の旅に出たバックパッカーの「持ち物」を大公開

サンディエゴの冒険家で環境活動家の、ロブ・グリーンフィールド。食糧問題や環境問題を主題に置いた独自の旅を続けてきた人物です。

現在、バックパックひとつで無期限の旅にチャレンジ中の彼が、背中に背負った中身を公開。すでに家も売払い、この荷物が彼の所有するすべてだとか。

家なしバックパッカー
荷物は全部で111個

私は今、バックパックにすべての荷物を入れ、無期限の旅に出ています。帰る家も売払い、私財を保管して置くような倉庫もありません。この地球上どこでも自宅のように感じたいのです。

9k=-2

これが、いま私が所有しているモノすべて。自分のニーズを叶え、環境にやさしい生活を送るのに必要なものだけを揃えたんです。環境や自然に配慮したエシカルで、サステイナブルなギアであること──それが、選択の基準です。

111という数字が重要なのではなく、消費を抑え、シンプルな生活が維持でき、かつ環境にも配慮した暮らしをするための必需品を揃えた結果。カッコ内の数字は枚数、量を示しています。

バッグパック(2点)

My-111-Possessions-in-backpack

(1)「 OSPREY」の38リットルバックパック
(1) 「REI」のバックパック

衣類・靴(35点)

My-111-Possessions-clothes

(2)ペアショーツ
(3)ペアパンツ
(2)ランニングショーツ
(5)Tシャツ
(3)ロングTシャツ
(1)半袖ボタンダウン
(1)下着
(5)ペアの下着
(1)ベスト
(3)帽子(キャップ、ハット、ニット)
(1)「Merrell」のサンダル
(1)「Xero」のシューズ
(2)ソックス(ロングとショート)
(3)ジャケット
(1)ネックレス
(1)ブレスレット

My-111-Possessions-clothes-packed

これらの衣類すべてを20リットルの圧縮バックに。ご覧の通り、サイズは私の胸の大きさと同じくらいです。服はほとんどが「Patagonia」のもの。環境に配慮したエシカルなものづくりを提唱するアウトドアブランドという点に共感しています。

調理道具一式(計20点)

My-111-Possessions-food-and-zero-waste

(1) トラベルポット
(3)旅行用の皿、ボウル、竹製食器
(2) 「Klean Kanteen」のステンレス製食品キャニスター
(2) 再利用可能な食料品のバッグ
(1) ナッツミルクバッグ
(3)伸縮タイプのジャー(側面に単位計り付き)
(4) 「Neat-osサンドイッチバッグ
(1)麻のスクラブ
(1)「Leatherman」のマルチツール
(1)火打ち石と鋼
(1) 速乾性タオル

(注:左下のアイテムはビーチで見つけた天然のスポンジなので、所有物としてカウントしませんでした)

水・浄水器(計4点)

9k=-1

(1)「SAWYER」のミニ浄水器
(1)「GRAYL」の浄水ボトルとフィルター
(1)「MSR」ウォーターバッグ
(1)ガラスの水ボトル

これらを駆使することで、自然の中でも飲水のない場所でも、安全に水が用意できます。

衛生・デイリーケア用品(11点)

My-111-Possessions-hygiene

(1)歯ブラシ
(1)歯磨き粉
(2)エッセンシャルオイル(ティーツリーとラベンダー)
(1)詰替え用の「Dr. Bronner's」のソープボトル
(1)ソープナッツとキャンバスバッグ
(1)爪切り
(1)麻のスクラブ
(1)バリカン
(1)マッサージオイル用ボトル
(1)メッシュ袋(中はバスタオル)

スリーピング・ギア(5点)

9k=

(1)テント
(1)スリーピングバッグ
(1)寝袋ライナー
(1)スリーピングマット
(1)ピロー

お金を費やすことなく、快適な夜を過ごすためのギアがこちら。

電子機器・テクノロジー(8点)

2Q==

(1) 「GOAL ZERO」ソーラーパネル
(2) iPod touchとケース
(1) マイク
(1) 三脚
(1) ワイヤレスリモコン
(1) 「Luminoodle」のロープ型照明と、USB充電コードやバッグを含むリチウム4400バッテリー
(1)「Black Diamond」のヘッドランプ

送電線から離れたところでも、使用できるようソーラーパネルが生きるんです。iPod touchがあれば、写真やビデオを撮ったり、編集したり、他の人と繋がることもできます。もし、誰かの家に泊めてもらう時でも、彼らの電気を使う必要もありませんよ。

その他小物類(26点)

以下のものは、メインの写真の中に移されています。

(1) カバーに入ったパスポート
(1) 予防接種カード
(2) ノートブックとペン
(1) 毎日の目標シート
(1)「Happy Healthy and Free」のための小切手、個人銀行口座
(1)「Happy Healthy and Free」のデビットカード
(1)オンデマンド型カーシェアリング「Car2go」のカード
(1) 運転免許証
(1) 社会保障カード
(1) 出生証明書
(1) スタンプ
(1) エイドキット
(1) 裁縫セット(針、糸、ボタン)
(1) はさみ
(1) パロサント(香木)のスティック
(1) セージの束
(1) イヤフォンとケース一組
(1) パラコード550
(1) スイミングゴーグル
(1) サロン
(4) 圧縮ドライバッグ
(1) スリーピングパッド、テントなどのためのキット

これで全111アイテム。重さは37ポンド(約17キロ)で、今の私の体重(約66キロ)のおよそ26%。あなたの生活に必要なすべての物が、自分の背中のバックパックにあると想像してみてください。

必要最小限のモノ
あとは、他人とつながり
自然に依存し「旅」をする

9k=-3

多くのお金と物質主義から自分を解放することにより、私は他の人と地球に尽くせるよう自分の時間を解放してきました。そうすることで、人生をシンプルにし、自分のニーズに焦点をあてることができました。地球と他人と繋がるこの組み合わせこそが、私が発見した幸せな人生なのです。

ロブ・グリーンフィールド。彼を一躍有名にしたのは、無一文の自転車旅行中に、スーパーのゴミ箱に捨てられた食品だけを、1ヶ月間食べ続けて生活したチャレンジでしょう。誰も成し得ないことに挑戦し続けるロブ。この無期限の旅行中も、きっと人間の可能性と環境との共存を見据えた、新しいチャレンジを考えていることでしょうね。

Licensed material used with permission by Rob Greenfield

仕事を辞め、家財もすべて売り払って世界旅行にでた、とある夫婦の話が「boredpanda」や「News.com.au」などで話題になっています。大学を卒業...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
ヴィクトリアとテレンスは、モデルと写真家のカップル。2人は、ヨーロッパ9ヶ国とアメリカ国内の5州を旅しながら、まるで「おとぎ話」のような写真を撮影してまわ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「今から20年したら、やったことよりやらなかったことを後悔するだろう。もし迷っているなら、決断せよ。今いる安全な場所から離れて、探検し、発見しよう」ーマー...
海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
もちろん休暇を取らなきゃいけないし、お金だってかかる。ほかにも悩みは尽きないけど、「旅」にそれ以上の価値を感じている人は多いもの。世界を周りながらトラベル...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
異国情緒を感じながらその土地にどれだけ浸透するか。バックパッカーやひとり旅の楽しみ方といえばこれ。だけど、風の向くまま気の向くまま、とはいかない期限付きの...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
旅行の写真って、見返していますか? Instagramにアップしておくだけだったり、撮って満足して1回も見返さない、なんて人もいるかもしれません。旅先で感...