ノマドのように旅しながら生きる彼の写真は、美しく、時に勇気をくれる

時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真家の生き様が反映されていればいるほど、人は心を揺さぶられる。

トラビス・バークは、写真家の中でも特別「全力疾走感」がにじみ出る作品を撮る。

「写真と冒険」への狂気が生む、圧倒的なスケール

トラビスは、アドベンチャーフォトグラフィーに身を捧げるために、惜しげ無く人生を旅に注ぎ込む。400フィートの峡谷を歩き、340km1ヶ月を要する有名なジョン・ミューア・トレイルを、機材を背負って縦走する。

常に撮影に対して全力を注ぎ込むスタイルは、数多くのクライアントから絶大な信頼をうけている。

Facebookページには、こう書かれている。

「やぁ、僕のファンページを見てくれてありがとう。もし、僕に会ったことがなかったら、すぐにでも会いたいよ。そうしたら、僕がどれだけフォトグラフィーを楽しんでいるか、シンプルな理由を教えてあげられる。僕は人生の情熱や、アクション、冒険を切り取りたい!という衝動を愛しているんだ」

アドレナリンの赴くままに撮影をするため、トラビスはある日、祖母からダッジラムバンを受け継いだ。79,000マイル走ったそのバンにソーラーシステムを組み込んで、マットグレーに塗り直した。勝手に推測するに、18%のグレーは撮影する際に色温度を管理するために使う色なので、クルマの色さえも撮影のために注ぎ込んでいる可能性がある。

Spent last night under the stars, just the way I like it! Delicate Arch, Utah. @goalzero @clifbarcompany @optcorp

Travis Burkeさん(@travisburkephotography)が投稿した写真 -

きっと今日も、トラビスはこの「Betty the Grey Wolf号」で旅を続けているはずだ。

Licensed material used with permission by Travis Burke, (Instagram)
好きな仕事を好きな場所でする。いわゆるノマドワークができたら、毎日はどんなに楽しいだろう。就活に追われることなく、学生のうちから起業してビジネスを始める若...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
ヴィクトリアとテレンスは、モデルと写真家のカップル。2人は、ヨーロッパ9ヶ国とアメリカ国内の5州を旅しながら、まるで「おとぎ話」のような写真を撮影してまわ...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップ...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
仕事を辞め、家財もすべて売り払って世界旅行にでた、とある夫婦の話が「boredpanda」や「News.com.au」などで話題になっています。大学を卒業...
猫を連れた女性の旅、と聞いて思い出すのは『魔女の宅急便』。キキとジジは空を飛んでいましたが、ここで紹介するのは「海」を旅するリジィと愛猫アメリアです。小さ...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
  001.「てっちゃん、南極行かない?」 今月2014年5/1号『BRUTUS』の表紙は、伊藤さんが南極で撮影された写真なんですよね。素敵な写真ばかりで...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...