世界中の「おはよう」を集めた風景写真が美しい・・・

フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良のツールこそ「朝日」だ、と氏は信じている。

「この世界がどれだけ美しいか。それを知りたくて写真を撮り続けているようなもの」

一度は足を運んだことのあるあの観光地。では、日の出すぐの表情を見たことはありますか?

01.
フランス
(プロヴァンス・ラベンダー畑)

Bed0e39a9c7864b5a731e5dea5c7a5a4c9f02ad9

02.
カンボジア
(アンコール・ワット遺跡群)

Deabad03533eb01a9c5a2e7aca9a63fd1eebdd5d

03.
マレーシア
(クアラルンプール)

98dab6c67fb1259cfd359e0c5715d43ba8854455

04.
アメリカ
(キャニオンランズ国立公園)

602f013f7c9d6c64fe70fa5ba6dddc98dd2bcf31

05.
中国
(上海)

3f6f69ffc61982d7dee23544d05cdb7c096ddd8a

06.
イタリア
(トスカーナ・オリーブ畑)

9ad95d23369914f05e47bd4eebdb688a9565569f

07.
タイ
(ワット・ベンチャマボーピット)

062316f7e3dcc8e4cb20eecc8c5ad03402d49eba

08.
フランス
(パリ・ポンデザール橋)

Bed377bbcb6cc78db2f8f100adf6e96dad848819

09.
インドネシア
(バリ島・ウルワツ寺院)

2a3a5a4b7b95c77135da0afb2e0fd82097919ad0

10.
イタリア
(ローマ・ヴァチカン市国)

5229a23d8cfa87978faa2f09f993f05a91bd8859

11.
クロアチア
(プレトヴィツェ湖群)

6521f0fa9bfdbec0d53944f88f36eeba20dc9961

12.
香港
(ビクトリア・ピーク)

14b9083d0fd1be24f238390dd124dfd813d89893

13.
ギリシャ
(メテオラ)

F60e274e68ec700d9ae6c15e6810a121a8055092

14.
アメリカ
(ヨセミテ国立公園)

1b1be69b51b14b2273b86754af95828db3b76ed9

15.
アイスランド
(ヨークルスアゥルロゥン)

2c8f269d33968043e9a3386e7a70cd36c328ad91

16.
フランス
(パリ・エッフェル塔)

B164ae5a815ac0b6f3bb5bdccb0930318551531b

17.
オーストラリア
(グレート・オーシャン・ロード)

99ec481cf263327ac23c1324b33611eb15fd9c3e

18.
アメリカ
(モニュメントバレー)

Ade174b74c0b706204b832ec84588c94331b7c74

突き刺すような逆光と、かすみ立つ朝もやが、それぞれの街、それぞれの土地に個性的豊かな表情を与えている。協奏曲の始まりのような穏やかな朝日に「おはよう」。

Licensed material used with permission by Beboy, (Instagram), (Facebook)
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
「おはようのキス」という響きはロマンチックですが、実際には寝起きは誰でも口臭が気になってしまうものですよね。なかでも睡眠中に口の中が乾燥し、雑菌が増えてし...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
フォトグラファーのMikko Lagerstedtさんが捉えるのは、地元フィンランドとアイスランドの自然。実際の景色とは思えないほどの美しさ、とくとご覧あ...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
風景の一部だけが異様な状態になっていて、まるで現実と幻想の狭間を撮影したような写真。だけど、こんな美しい世界に行ってみたいって憧れるようなものではなく、ち...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
世界で最もレアな髪色は何だか知っていますか?じつは「赤い色」で、世界に1%ほどしか存在しないのだそうです。20ヵ国を訪ね、130人もの赤髪の女性を撮影した...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
美しいという言葉の概念は、一人ひとり異なるもの。そこで動画メディアの「Cut」は世界中の人々に、ストレートにこう投げかけました。あなたにとって「美しい」と...
旅の醍醐味の一つは、自分の日常とは違う、その土地の「リアル」を知れること。だから、民泊をして現地の日常を覗いてみたり、地元のスーパーで食材を調達してお料理...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
2015年8月11日、NASAの公式ホームページに発表されたのは、宇宙飛行士スコット・ケリー氏が8月10日に撮影し、ハッシュタグ「#GoodMorning...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
「子どもにおっぱいをあげるって、普通なことなんです」。そう語るのはフォトグラファーのIvette Ivensさん。彼女が撮影したのは、女性の授乳シーン。一...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...