「リスペクト精神」から生まれた異世界には、大好きが詰まっている。

憧れの芸能人のファッションだったり、マンガのセリフだったり。自分の中の人生観を変えるような出来事って、誰かの手によって作られたモノが多い気がする。

デジタルアーティストのJan O'Fieldの場合は、『スター・ウォーズ』シリーズ。あまりにも好きすぎて、自分も映画の世界と融合したいという気持ちから、新たな宇宙を生み出した。

現実から憧れの宇宙へ

E93e09cd79c11f688475df931ac3c4ddd99d121b14d3a07b0233c7470b2f8971bd43806ad1cf17786eb2219a315b78853ca965dff7624dff8d7f355bB5f49da24f68f1d942f9ad44175474dea3e009e9D5e431915a6b9b94f2234ec6ba7c614975bef2b1Faef054927e4abb2002ed13e19d2501088a087cdF2be238dc1e00cfa902f39716d0d4ed9f4ae6a1fF865246c8aaf36a70f2dc303af287b10257032ba955279a53dfc5ae47f6b73de7236f6da0306374fD1906e879670fa211eac9bf9fb5a7115e83dd4b8

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』が一番のお気に入り。映画館で観た時、最高のアクションとキャラクターたちの心理描写に大興奮だった!

 

『スター・ウォーズ』はいつも、僕を現実から魅力的な宇宙へ連れていってくれる。だから、どんなカタチでもいいから、アーティストとして「繋がる」作品をつくりたかったんだ。

Jan O'Fieldのメッセージと写真を見て、私が思ったのは誰かの作品を完コピする人やアニメや芸能人のコスプレをする人たちにも相通じるものがあるんじゃないかってこと。

いずれにしても、「好き」を追いかける人たちに、“リスペクト精神”を感じてしまうのは私だけだろうか?

Licensed material used with permission by Jan O'Field
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
『スターウォーズ』をテーマにしたポップアップレストランが、ロンドンに9日間だけの期間限定でオープンするそうです。しかも場所はギリギリまで秘密で、48時間前...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
風景の一部だけが異様な状態になっていて、まるで現実と幻想の狭間を撮影したような写真。だけど、こんな美しい世界に行ってみたいって憧れるようなものではなく、ち...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
旅の醍醐味の一つは、自分の日常とは違う、その土地の「リアル」を知れること。だから、民泊をして現地の日常を覗いてみたり、地元のスーパーで食材を調達してお料理...
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
ここで紹介するのは、フランス、リヨンにある映画博物館のミニチュア作品。その完成度が高すぎると、世界中のアートやデザインを紹介する米メディア「Colossa...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
 その遺跡は突如として現れる。イスラエルの隣国、ヨルダンにあるペトラ遺跡。ペトラとは、ギリシャ語で崖を意味する。この遺跡は、映画『インディ・ジョーンズ ...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
フォトグラファーのMikko Lagerstedtさんが捉えるのは、地元フィンランドとアイスランドの自然。実際の景色とは思えないほどの美しさ、とくとご覧あ...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
自宅や映画館は言うに及ばず、ビルの屋上やビーチ、森の中、さらには無人島まで。近年は、上映イベントの充実もあり、さまざまな場所で映画を楽しめるようになってい...