無一文の旅が、私に教えてくれたこと。【オリジナル通貨編】

お金は心の余裕、というようなことをよく聞くけれど、こと「旅」に関しては必ずしもそれは当てはまらない。旅好きの冒険心は、衝動だけも十分な動機になり得る。あなただって、どこかにその心があるのでは?

ここに紹介する旅人の型破りなスタイルや、心に素直な生き方を見ていると、同じ経験をしていない自分でさえも「もっとできることがある!」と、ついその気にさせられる。3人の旅人のストーリーをめぐる『無一文の旅が、私に教えてくれたこと』、最終回の【オリジナル通貨編】をどうぞ。

持続可能な社会をつくりたい
Rob Greenfield(環境活動家)

28a72ac2c8c2b858c4d5107e7d8b21fbc8345374

ウィスコンシン州ノースランドで生まれ育ったRobは、子供の頃からボーイスカウトに所属していた。大学に進学すると、生物学、微生物学、水生科学の各専攻で学士号を取得。専門的な知識を深めていくなかで、自動車運転など、人間の日々の生活が環境破壊につながっていることの深刻さを痛感したそうだ。

2016年にRobの旅は始まった。お金を持たない代わりに、彼は「Do Good」という独自に創りだした架空の通貨を利用して、ブラジルからパナマまで渡る。Do Good、つまりは「良いおこない」をお金にしようという発想だ。

このプロジェクトの模様は、Discoveryチャンネル『Free ride』でシリーズ化され、多くの人々が彼の旅に注目していた。

Robのギモン:
豊かな人生には
なにが必要なんだろう?

彼の旅の目的は、ただ人のために良いことをするというもの。もちろん無一文で。道中、たとえ彼が「お金がないから助けてほしい」なんて言わなくても、自分からかって出る良いおこないを前に、人々は自然と彼をサポートしたくなったようで、彼のDo Goodプロジェクトはワークしていく。

通貨としてドル札を使うか、それとも“Do Goodするか”の一番の違いは、良いおこないの方が、「明らかに受け取る価値が高くなる」ということだとRob。このオリジナルの通貨を使うために、特段何かを始める必要はない。なぜなら、必要とする人が世の中にはとっても多いから。求める人がいる場所へと足を運び、彼らを助けることだけなのだから。

2750e0b4eeead52a4720bb38361463a7854bc5ec1686af0592abe2c6a292a061c43a9335af80826e
ときに果物や野菜を植えたり、ゴミを拾い、非営利団体でボランティアとして働きながら、Robはブラジルのリオからパナマへ到着。その距離およそ7,000マイル、かかった日数は72日だったという。
 
「正直言うと、途中で迷子になってリタイアしたいと思うこともあった。ジャングル、凍った山々、猛烈な砂漠など、大自然がいくつも立ちはだかったけどね。それすらも楽しみに変えて、乗り越えたよ」。
 
こう言って笑うRob。この旅が有名になったことで得た、メディア収入の100%をNPOに寄付した後、自身もHAPPY HEALTHY AND FREEを立ち上げ、持続可能な社会をつくるために、今も活動を続けている。

「必要なものはこれで十分」
背中に背負った111のアイテム

6cb789d9a749cab2132761767807a0d37cd3b493

Robはこの旅を通して、自分が生活する上で本当に必要なものは何かを学び、もっともお金のかからない方法でそれらを満たす技術を身につけたという。

「ボクの場合、欠くことのできない所有物は全部で111個。それらすべてが背中(バッグパック)に収まるものだったんだよね」。

大切なものは、
いつもすぐ近くにあるもの

14f529887298c22054adc4ef44c06e43d17ff2b0

「本当のエンターテインメントにお金は一銭もかからない。雲、空気、緑の草、木々だってみんな楽しませてくれる」。

人と人との思いやりが、Robを確かにパナマまで連れて来た。人生を豊かにするものは、必ずしも目に見えるものだとは限らない。そして、幸せに生きるために必要なものは、きっとそんなに多くないのだろう。

三回にわたって連載してきた、3人の旅人のストーリーをめぐる『無一文の旅が、私に教えてくれたこと』、ほか2人のものがたりはこちらから。

第一回
ヒッチハイク編』

第二回
自転車編』

Licensed material used with permission by Rob Greenfield
バックパックひとつの貧乏旅行が教えてくれるものは大きい。移動も寝食も楽ではない。けれど、だからこその気づきや学び、そして出会いがあるわけだ。ここに紹介する...
2010年、夏。自転車でヨーロッパを旅していて、ちょうど1ヶ月が過ぎた頃だった。美しいブドウ畑を眺めながら、ぼくは南フランスの田舎道を気持ちよく走っていた...
「広い世界を見てみたい」、という情熱だけで海外に飛び出していたころの自分は、少ない資金で毎日ギリギリの生活をしていた。バックパッキングにおいて原動力となる...
「今日は○○へ行きます。旅の話をしますので、よろしければ何か食べさせてください or 一晩泊めてください」とTwitterでつぶやいては反応を待ち、声をか...
サンディエゴの冒険家で環境活動家の、ロブ・グリーンフィールド。食糧問題や環境問題を主題に置いた独自の旅を続けてきた人物です。現在、バックパックひとつで無期...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
心の中に、いつも残っている言葉がある。「世界は一冊の本だ。世界を旅しない人は、ほんの1ページしか読んでないのと同じである」。ーー哲学者、アウグスティヌス私...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
人生に行き詰ったら、旅に出ましょう!と提案するのは、今回紹介する記事を書いたShannon Kaiser氏。どうやら、数年前に会社を辞め、自分のやりたかっ...
「旅に行きたい」とぼやいているけど、ついつい言い訳ばかりしていない?仕事で重要な案件を抱えているから。バイトを休むと代わりがいないから。挙げたらきりがない...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
アンナ・フレンチは、数年間パートナーがいないまま旅をしていた女性。異国の地に初めて足を踏み入れると、今までに気をつかっていたことがバカみたいに思えるほどの...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
ちょっとでも会えない日が続いたら、きっと心も離れちゃう…と、恋人がいるときはできるだけ離れないようにしようとするのは、ある意味自然なのかもしれません。でも...
Solen Yucelさんは、誰しもが羨む環境にありながら、すべてを手放して旅に出た。そこには、社会が期待する自分ではなく、自身が望む「本当の自分」を見つ...
青木優 Yu Aoki現在、明治大学5年生の青木優さん。2011年大学4年生の時に大学を休学し、Facebook、TwitterなどのSNS(ソーシャルネ...