UVを99%カット!100%自然に還る「エコな番傘」が海外でブーム

いかにも海外で好まれそうな日本のアイテムーーと思いきや。それだけではありません。「The BRELLI」は、地球とお肌に優しい、世界で唯一の傘なのだとか。

晴でも雨でもいい気分♪

Jamie Lee Curtis loves her #brelli! #rainorshine #regram @brelliumbrellas

AHAさん(@ahalife)が投稿した写真 -

Rainy day!!!

martacastellani84さん(@martacastellani84)が投稿した写真 -

100%生分解性の自然に還る傘

銅に張られているのは、バイオプラスチック製のクリアフィルター。カラーは以下のとおり、クリア、ピンク、グレーのほか、プリントがあるものが選べます。

05bb06b36f55d7714f3327efa38cc2e95218086bA253140fdbfd2a1392738c13f3094c8006a1f09b

骨は竹製で、糸にはオーガニックコットン、ろくろには天然ゴムを使い、そのすべてが微生物によって分解される「エコな傘」。しかも、最大風速約64km(40mph)まで耐えられる強いつくりに。

これまで、映画『トータル・リコール』に登場したり、レディー・ガガやジェイミー・リー・カーティスが購入したりとなにかと話題で、科学者の間ではもちろん、ファッションブロガーの間でも注目されている模様。本体価格は66〜115ドル(約7,000〜12,800円)で、それぞれサイズはいろいろ。

同社代表を務めるPamela Zonsius氏自身、日本の番傘から影響を受けていることを認めています。

「『the BRELLI』は、美しく伝統的な日本の番傘を参考にした、世界で唯一UVを99%カットできる傘です。日本のマーケットで展開できたら最高だと、ずい分前から考えていたんですよ」。

気軽に使えそうな見た目がイイかも。配送範囲はアメリカ国内に限られているようですが、詳しくはコチラからチェックしてみて!

Licensed material used with permission by the BRELLI
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。オーガニックなんだけど、ジャン...
大量に消費され続けているプラスチック製のスプーンやフォーク。日本でもコンビニでお弁当買ったときなどに必ずと言っていいほどついてきますが、インドでは年間12...
日本では遺体を火葬することが一般的。海外では土葬するところも多くありますが、お墓参りというと墓石や十字架の並んだ風景が頭に浮かぶもの。しかし、イタリアのデ...
これは、スウェーデン・ストックホルムにある、林の中に建てられた家。1~2月は気温がマイナス2℃まで下がる寒い地域ですが、なんと大きな温室のなかに家を建てる...
UAE(アラブ首長国連邦)の南部「リワの砂漠」に、巨大なソーラーパネルを設置した星型の施設ができるそう。その名も「オアシス・エコリゾート」。2020年のオ...
三角形のタイルを踏むことで起こる、運動エネルギーを電力に変える床発電システム。クリーンエネルギーを自らの力でつくり出すという、究極のエコ道路が世界に広がり...
炭火を使って豪快に料理するキャンプやBBQの場だったら、既製の白い紙皿がよく似合います。けれど、ケータリングや持ち寄った料理を、もっと綺麗で華やかに盛り付...
旅行や出張先のホテルで洗濯したものを「どうしても翌朝までに乾かしたい!」なんてことはありませんか?そんなときに便利なのが、超小型乾燥機「ハンディー・セコ」...
とあるバス停に設置されているこちらの公衆ベンチ、刺繍が編まれてる!珍しいですよね。たまたま通りがかった通行人がその画像をSNSに投稿したところ、瞬く間に拡...
毎日の料理でカットされる野菜のヘタや根っこ。それを水につけて再生させ、もう一度美味しく食べる、もしくは育てて楽しむ。「リボーン・ベジタブル」略してリボベジ...
使い方はカンタン。後輪に装着したデバイスにUSBでスマホを接続!あとは自転車に乗って走るだけで充電ができちゃう便利なデバイスが登場しました。しかもこれ、自...
「Zostera」という名のこのスツール。座面に使われている素材は、なんと海草。しかも、日本の水辺にも生息するあの「藻」だとか。 毎年、北海に面したドイツ...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...
これまで何年もの間、当たり前のように使い続けてきた「傘」。でも、この商品を見た後では、多くの欠点があったことに気づかされます。いや、気づかされるというより...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の...