太陽を浴びると青く染まる「サンプリント」が素敵!(藍染めじゃありません)

テキスタイル・デザイナーとして活躍する氷室友里さんは、友人の結婚式前夜祭で、染め物のワークショップを開き、参加者みんなで作ったドレスを新婦にプレゼントしたそうです。藍色のドレスに注目!

92a876319a8e604132316530debf7ac942a18ebaC7b18090e55bf863be9ac849b20a98c96b0b92a6

葉っぱや草木の模様があしらわれた藍染めのワンピースーーと思いきや、そうではないのだとか。

特殊な薬剤を生地に塗ると、太陽光が当たった部分が青く染まる「サンプリント」という方法を使っています。

太陽と植物で彩る、
世界で一つだけのドレス!

434d10df1991ade2b743216f0ece81954eab2940

ここは、山梨県笛吹市にある「芦川グリーンロッジ」。テーマは森のウエディングで、その前夜祭も自然に囲まれた場所で行われました。

みんなで植物を拾っては、それぞれ縁側に敷いた生地の上に添えていきます。

B57909f3a49dd4971969f67d60a18765db11dfa39cdfa33a5bcf1c1f4f88415319b8f818ae9273c5

日の当たる部分と影がコントラストを生んで柄になるため、デザインは時間との勝負!

Dd0568a04d53fca2443391261642f0595e33b528

氷室さんは、植物を集める参加者の発想が本当に豊かだったとコメント。

「ハートが入っているからと、クローバーやぺんぺん草を持ってきてくださったり、葉っぱをちぎって顔にしたり。見ているだけで幸せな気持ちになる素敵な柄になりました」

たしかに、つい微笑まずにはいられない模様ですよね。そして、これをしばらく太陽にかざし、水につけると…。

Da50d40900a91f1d773d2b1c64846f1965702e57

影になっていたところが青白い模様に!

C739ed55a68b61ffedf5318a13ebe5f75bb7e69e8c259b1cb3933a86f1bd8baf9de8e95e2fb3c6d9

プリントに関して言えば、あとは乾かすだけ…ですが、翌日のお色直しに着るドレスを間に合わせるため、夜なべしてミシンを踏んだそうです。ドレス姿はとても良く似合っていましたよね。なにより、みんなの思い出がカタチに残るところがGOOD!

Dc240a099c68e6d4711cc08959d259cd66bf0c41

誕生日会などのグループアクティビティにはもってこいだそうですが、特殊な染料が必要なこともあり、日本ではまだあまり知られていません。

海外では子どもから大人まで幅広く楽しまれている、知る人ぞ知るプリント手法。「青写真」と呼ばれる写真技法を布地に対して使っています。以下、その例を幾つか。

Ea4c24ab62fe437a5832a0bad978fd797fa37100

Three tiny feathers in a tiny hoop. Nothing cute about that. #sunprint #cyanotype

Emma Freeman Designs /さん(@emmafreeman)が投稿した写真 -

染料さえ用意できれば誰でもカンタンにできるもので、氷室さん自身、今後「サンプリント」を使った作品づくりや、ワークショップの開催を予定しているそうです。

詳しくは彼女のインスタグラム「YURI HIMURO」をチェック!贈り物としてはもちろん、とことん染めにこだわってみるのもいいかも。ぜひ一度体験してみたいですね。

Licensed material used with permission by YURI HIMURO
智恵子は遠くを見ながら言ふ。阿多多羅山の山の上に毎日出ている青い空が智恵子のほんとうの空だといふ。これは、高村光太郎の『智恵子抄』の中に収められた「あどけ...
サンプリントはサイアノタイプ、または見たとおり青写真とも呼ばれるプリント方法。この綺麗なブルーが特徴とされています。あまり聞いたことないという人も多いかも...
ウミガメやイルカと遭遇できる海も、鶏飯も、島人の優しさも、奄美大島の魅力をあげたらキリがない。けれど、世界で唯一、奄美でしか体験できない伝統工芸「泥染め」...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
オーストラリア・メルボルンは、カフェの街とも言われるくらいコーヒー好きに愛されるおしゃれなお店がたくさんありますが、ちょっと不安になるようなビジュアルイン...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
「まっしろ」にこだわるのもいいけれど、今こんなアレンジが流行っているみたい。ね、かわいいでしょう。しかも、どうしても地面に擦れることでついてしまう汚れを目...
都心部から1時間半ほど車を走らせたところにある山梨県笛吹市芦川町。ここは、人口400人のうち50%以上が65歳以上という「限界集落」です。遊ぶ場所がない。...
純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもある...
本物のお花を活用した作品を生み出す、マレーシア人アーティスト、LimzyことLim Zhi Weiさん。Instagramにはその多くが投稿されていますが...
国土の6割以上が山岳地帯のノルウェーは、雄大な風景を楽しむことができる絶好のトレッキングカントリー。“巨人たちの住みか”こと、北欧最大の山岳地帯ヨーテンハ...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
湿気などの影響で、嫌なにおいが出る場合もあるでしょう。そんなときは、空気中の水分で育つ植物を置いてみるといいかもしれません。「Food52」で、植物学者の...
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
もしも、成人式の振袖をウェディングドレスとして着ることができたら?とっても高価で、日本らしい絵柄も魅力的な振袖ですが、一生のうちで2〜3回しか着る機会がな...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
2016年1月20日から、1ヶ月にわたって観測された「惑星直列」。これは、「水星」「金星」「火星」「木星」「土星」の5つの惑星が、太陽に向かってほとんど一...
私たちを毎日あたたかく照らす太陽。いつも何気なく目にしているものでも、少しだけ見方を変えるだけで、それまでと違った、あたらしい側面と出会うことが出来ます。...