震災後の大地と、一緒に生きていくための「藍染め」

智恵子は遠くを見ながら言ふ。
阿多多羅山の山の上に毎日出ている青い空が
智恵子のほんとうの空だといふ。

これは、高村光太郎の『智恵子抄』の中に収められた「あどけない話」という作品の一節。阿多多羅山とは、現在の安達太良山のことで、日本名百山にも選ばれた美しい山です。

智恵子に空を美しく見せたのは、その雄大な自然だけではなく、その麓で暮らす人々の営みの温かさ、自然と共生する生き方も影響していたのではないでしょうか。

そんな安達太良山を望む、福島県大玉村。美しい田園風景が広がり、自然と結びついた村でした。

しかし、2011年3月11日の東日本大震災とそれに伴う原発事故により、多くの水田が休耕地へと姿を変えました。

その休耕地で今、染料である藍を育て、智恵子が愛していた「ほんとうの空」を藍染めでつくるためのプロジェクトが始まっています。

「藍染」で村を
活気に

0801e94e3cbdcd5bc3a4e80de2258c36db20f0fe
Photo by 竹内吉彦

大玉村は、もともと藍染めで有名な村だったわけではありません。震災後、稲作をやめてしまった畑で「藍を育ててみよう」という呼びかけで集まったさまざまな分野のメンバーからなる団体歓藍社(かんらんしゃ)がきっかけとなり、この取り組みは始まりました。

E42ee718050a02363d4065c438179945c1c0f630B9635178b990bdbb64e6af0b5e66c305c7f3f69e

日本各地の藍師から伝授された藍の栽培は、2016年から本格的にスタート。

徳島や宮城、京都など日本各地で譲ってもらった藍の種を使い、長年農業を営んできたメンバーの試行錯誤によって、畑一面の収穫を果たします。

7b5d82d480ba93ed000c536f78859487a73bcac6
Photo by 竹内吉彦
B28d5a61d0a0ea515ae274b701c48a52661ca446Cac76b22601cd8777111a9a49d45462ae062d0a4
Photo by 竹内吉彦

収穫した葉はそのままミキサーにかけて染め液にしたり、乾燥・発酵させて保存できる染料作りにも取り組んでいます。

日本では昔から各地で藍染めが行われていて、藍で染めることで布が丈夫になり、防虫抗菌にも役立つと言われていました。「歓藍社」は、そういった日本に昔からあった風景を一部取り戻す試みとしても藍染めをし、建築・デザイン・服飾・工芸・生態学など、様々な専門性をもったメンバーが集まり、それぞれの知識とセンスを活かした物作りを進めているのです。

2017年夏
「大玉村の小さな藍まつり」

388c8987580af16bab3a5a068d320f7023585b37

「歓藍社」の活動が2年目に突入した今年、藍の成長が著しい夏に、今までの活動を報告するイベントとして開催されたのが「大玉村の小さな藍まつり」

大玉村だけに限らず、周囲の市町村から100名近い参加者が集まったそうです。藍染め体験のワークショップ、ファッションショーやドキュメンタリー映像の上映などを通し、これからの大玉村の可能性を感じてもらう機会となりました。

5d4c167852bda772bbaff6c2e013a5f8082fe4fc23d34b852673b5412d2ff40abdc1f7a65f082274
Photo by 竹内吉彦

プロジェクトは始まったばかりですが、

今はまだないけれども、近い未来の大玉村に当たり前のように存在する地域生活の風景を想像する

をコンセプトに、震災後の自然と向き合う生き方を確立するための「歓藍社」の挑戦は続いていきます。

かつて智恵子抄に書かれた「ほんとうの空」の色を作る大玉村の藍染めに、これからも注目していきたいですね。

Licensed material used with permission by 歓藍社
テキスタイル・デザイナーとして活躍する氷室友里さんは、友人の結婚式前夜祭で、染め物のワークショップを開き、参加者みんなで作ったドレスを新婦にプレゼントした...
ご存知の通り、大自然のなか、とくに山のなかで過ごすことには、たくさんのメリットがあると言われています。寛容さが増し、とても穏やかな気持ちになれるそうです。...
「がんばろう!九州」、熊本県や大分県に甚大な被害をもたらした2016年4月の熊本地震以降、食で、旅行で、プロダクトで、スポーツで、さまざまな復興支援プロジ...
8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
2016年から8月11日が祝日になりました。何の日?山の日!「内閣府ホームページ」には、その趣旨として、こんな文言が掲載されています。「山に親しむ機会を得...
「ミコト屋」は、ぼく、鈴木鉄平と山代徹がはじめた小さな八百屋。自分たちが普段口にしているものがどうやって生まれ、どこからやってくるのかを知るために、201...
山の遭難者は、ここ数年で急激に増加傾向にある。アウトドアや山登りを気軽に楽しんでほしいと思う反面、その救助はとてもシビアだ。たとえば、家族にさえ「どこの山...
震災からまもなく1年を迎える熊本。その節目となる4月16日(日)、表参道COMMUNE2ndで熊本の魅力を発信するイベントが行われます。この日だからこそ、...
「Viral Hog」に掲載されていた動画は、大規模な山火事から車で逃げる様子をおさめたもの。車内で撮影された動画からは、かなりの緊迫感が伝わってきます。...
「おむすび」と聞いて、頭に思い浮かべるイメージは人それぞれかもしれません。塩むすび? 海苔はついてる? 具材は? 俵型? 三角?日本人にとってのソフルフー...
登山家・栗城史多さんは、自身の登山を生中継することで知られている。その根底にあるのは「冒険の共有」。栗城さんは自分がチャレンジするだけでなく、その姿を見た...
暮れ行く冬の空を眺めながら、テントでしっぽり。これまでの山登りでAkimamaスタッフがちまちま作った、ジャンクな山おつまみをコッソリお伝えします。おいし...
白と黒、男と女、既婚と独身…。二項対立で考えることは、物事を単純にわかりやすくするという利点があります。メディアでは二項対立による議論が取り上げられること...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。武甲山のふもと、羊山公園内の「芝桜の丘」には約40万株の芝桜が...
大人気の〈山と道〉のサコッシュ。アウトドア、タウンユース、さらには仕事の打ち合わせまでをカバー。調節簡単なストラップとしっかりマチのあるデザインが強みです。
“飛び地”をご存知でしょうか?行政はどこかの県に所属していながら、地理的には他のどの地域にも接していなく、独立している土地。日本唯一の飛び地の村・北山村は...
これはドイツ西部ラインラントの名物料理、直訳すれば「空と大地」。まるで歌のタイトルのようなネーミングですよね。空、大地がそれぞれ表すものが、木の上にたわわ...
東京・代官山の路地裏にある、コールドプレスジュース専門のカフェ「CLEANSING CAFE」。彼らが新たにプロデュースした、身体をキレイにクレンズ(洗浄...
撮影したArkadiusz Podniesinskiさんは、自身のwebサイトでこう語っています。「7年前にチェルノブイリを訪れた時には、同じような災害が...