虹色の時計「The Present」が刻むのは、あなたの365日です

誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題。もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計の針や文字盤の数字によるものだったとしたら……。こんな「if」から、ものづくりがスタートしました。

ちなみにこの時計、MoMAデザインストアで販売されているもの。記事を読んで気に入ったら、自室の壁にいかがでしょう。

時間はたっぷりあるって。
季節を刻む「一年時計」が
スローダウンを教えてくれる

B47300d2df9e8bdcd94e0429bc1757160c20377e

NYを拠点に活動するクリエイターScott Thriftさんらがデザインしたこのレインボーカラーの時計は、365日でひと回りする「一年時計」です。

たとえば上の写真、従来のアナログ時計であれば、短針と長針がぴったり重なる3時15分。でも、虹色のグラデーションで構成された「The Present」が刻む時はこう読みます。「3月21日」、つまりは春分の日あたり。この“あたり”というのが、じつはとっても大切なことだったり。

数字ではなく、
色彩で伝える季節感

2617b76c52b67b378ab7b2da6bcee93a6daabd2a

この時計が教えてくれるのは、時間ではなく季節。真冬の寒く雪のイメージから、雪解け、早春から若葉萌える初夏へ。夏を過ぎ、木々が色づきそしてまた冬へ。いま、自分が一年のうちどの辺りを過ごしているのか、を漠然と知らせてくれる。その程度。

春分、夏至、秋分、冬至と季節の節目を最も色の濃い位置で表現しているだけ。あとはThe Presentを壁にかけるユーザーそれぞれの感じ方に委ねているんでしょうね。 

針が真上を刺すときは夏至(12月21日)ごろにあたることになります。そう、この時点では1月1日を迎えておらず、ちょうど1時に差し掛かったあたりが、この時計でいう新しい一年の始まりです。

83bc2776a7c20ba43d01c8e3f913c84a91836147

あくまでも刻むのはアバウトな季節感。

「今日多くの人が時間に縛られ、時間がないと思い込んでしまっている。本当にそうでしょうか?要は、時間という概念の捉えようだと思うんです

1分、1秒が視覚化されてしまうことで、人々はより限定的にしか「今」を捉えることができず、結果として時間の浪費にばかり目がいってしまう。

「時間がない…!」その不安や焦りから解放されるには、Scottさんの言うようにもっと大きな概念で「今」を捉える必要があるのかもしれない。The Presentのコンセプトは、ここに集約されているのではないでしょうか。

0ee553fd5a6fc449a9a5b179edb31f0beb1eb3d5E38dee07cb87a22822b78c433db18ae769c81098

それこそ時間を知るためのガジェットは、スマホでもタブレットでもPCでも、日常のあちこちにある訳で。わざわざ部屋にひとつ飾る壁掛け時計ならば、このくらいゆるくて、アバウトなものでも十分なのかもしれません。

時間よりも毎日を意識
こっちは一日時計「Today」

41ef14d364018e420d31a78f9b01fb162f84468f

The Presentよりもう少し短いスパンで、一日を追う時計も登場。新たにリリースされた「Today」です。

3層に分かれたグラデーションは太陽の位置に連動するように、円の下半分は夜を、上は日中を表すこちらは日時計。「なんとなくお腹空いたな…」、Todayに目をやれば針が真上を刺している。秒針も短針も、そして数字も取っ払うことで、一日がもっと大きな概念に変わるんじゃないでしょうか?

1717638719f781fe702654c647be01897ebf04c3

現在は品切れのようですが、前述の通り「The Present」は、MoMAデザインストアにて31,320円(税込み)販売中。「Today」の方も、クラウドファウンディングサイトですでに目標額を達成。先行予約は88ドル(約9,500円)のものから。

Licensed material used with permission by The Present
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
「砂」から「泡」へ──。正確な時間を刻む砂時計。その中身をシャボン水に代えただけで、「計る」ための道具は、時間の流れそのものを「楽しむ」ためのものになりま...
本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
秘密は、世界で初めて採用された、腕時計型アクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーなるもの。いまいちピンとこないが、この未来の素材によって、まるでワ...
……え、時計だったの?と、思わず心の中で呟いてしまった。このアンティーク調な建物のオブジェ、窓にともる光で時間を知らせてくれるというシロモノ。何時を指し示...
「STORY」は、銀色の球体が木製の台の上を浮遊し、時間を知らせてくれるプロダクト。とはいえコレ、もはや単なる時計以上の存在だと思います。というのも、時の...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
「あ、今日は予定があったんだった…」ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必...
知る人ぞ知る宿泊施設が、湘南・葉山にある。「THE HOUSE on the beach」と名付けられたそれは、以前にこちらの記事で紹介した「THE HO...
これは、2016年8月22日ミズーリ州ニューヘイブンで撮影された写真。当時、雨は降っていなかったということですが、大地を覆う霧の上に“色のないアーチ”がか...
液体が動き、時刻を表示する。とても単純に聞こえるその仕組も、以下の映像を見るとその表現力の豊かさに驚く。使用されているのは「Ferro Fluid(磁性流...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
この時計を購入したのは、30歳ぐらいの時。もともと亡くなったおじいちゃんの遺品に〈OMEGA(オメガ)〉の腕時計があって、それをずっと使っていたんだけど、...
オーストラリア、タスマニア州に住む12歳のキャンベル・レマスくん。なんと彼、病気で苦しむ子どもたちのために、自分のお小遣いをつかってテディベアをつくり、プ...
全身の筋力低下と筋萎縮が徐々に進行する、脊髄性筋萎縮症。これから紹介するのは、そんな難病と闘う男の子が、目線によるピアノ演奏にチャレンジしたコンサートの模...