『婦人画報』7月号の表紙が7種類ある理由

旅行で金沢に出掛けたときに、ふらりと立ち寄った本屋。たまたま手に取った雑誌が金沢の工芸について特集をしていたから購入し、記事を参考にしながら旅行を続けた。

さて、旅行から帰ってすぐ、地元の街の本屋に出掛けたら、このあいだ旅先で見掛けた雑誌が……何故か同じ雑誌なのに表紙も中身も違う。一体なぜ?

実はこれ、女性月刊誌『婦人画報』が7月号で創刊111周年の記念企画として挑戦している、女性誌初の試みだ。

1つの雑誌で通常の東京版に加えて、札幌・金沢・福岡の都市と、北海道/東北、中部/関西、中国/四国/九州/沖縄の地域を表紙にしたエリア限定版が、合計で7つも同時に刊行しているのだ。

Efa2f165e8f7d7b2a3c4e55810272a0fe5787d5c9c1b4ca2300105dcbc6619cac6eeadfff7bba165

雑誌とともに、街を旅する

例えば『婦人画報』7月号の全国版では、東京・下町の職人にフォーカスを当てており、おなじく7月号の北海道/東北版と札幌版では北海道で話題のレストランを取材しているといった具合に、記事の内容も中部/関西版と金沢版、中部/四国/九州/沖縄版と福岡版、それぞれの4つのエリアによって異なる。

ただでさえ時間とコストが掛かる雑誌づくり。それにも関わらず7冊も同時に刊行できるのは、老舗ながら常に新しいことにチャレンジしている雑誌だからこそ為せる技と言えるだろう。

エリア限定版はそれぞれの地域限定で販売されるため、ネット書店やすべての版を取り扱う一部の大型店を除くと、本屋で手に入れるためにはその地域へ足を運ぶ必要がある。せっかくだから、旅行も兼ねて実際にその地方へ出掛けて手に入れたいところだ。

老舗雑誌が提案する
「新しい雑誌の在り方」

それにしても一体なぜ『婦人画報』はこんな試みをおこなったのだろう。

出版業界の低迷が叫ばれ、雑誌の廃刊が続くなか、出版社は生き残りをかけて様々な戦略を打ち出しつつある。

そのひとつのキーワードが「地方」との連携だ。

地方をテーマにマガジンハウスが運営するWebマガジン『Colocal』や、新潟に編集部そのものを移転した『自遊人』など、いま、地方に目を向けはじめた出版社も少なくない。

思えば雑誌全盛の時代、情報はすべて東京から発信されていた。ところがインターネットの発達によって誰でも積極的に発信できるようになったいま、地方には面白い文化がたくさん存在することが少しずつわかってきた。

5ea35573007892390778d3d7cf80b8f84fae7cdf

『婦人画報』では早くから連載企画「この郷をゆく」で、地方のヒトやモノ、コトに焦点を当ててきたが、そこから更に一歩進めて「雑誌×地方」の連携を地域ごとに深めていくつもりではなかろうか。

長らく取材を続けてきた老舗雑誌だからこそ、地方の面白さに気づいた。そして、それを活かす形で、新しい雑誌の在り方を模索するーーその第一歩が『婦人画報』の7種類同時発売なのかもしれない。

Licensed material used with permission by 『婦人画報』
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
短冊に願いごとを書き、織姫と彦星の切ない恋模様に思いを馳せる。そんな七夕の日は何月何日か知っていますか?「もちろん7月7日に決まってるでしょ!」。そんな多...
どうして、男性が楽しめる「エロ」のほうが、女性のものよりも多いのか。これは、今に始まったことではありませんし、表現する自由があるはずの美術史においても同じ...
夜に空を見上げれば、いつでもすぐそこにある月。とっても身近な存在ですが、本当はどれくらいの大きさか、すぐに答えられますか?身近だけど意外に知らない、月にま...
夢の中でする旅行は、少し不思議な気分になるものですよね。一度も行ったことがない場所や絶対に行けないような場所であれば、なおさら。でも、そんな旅行の夢には、...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
マンチェスター出身のプロデューサー兼コンポーザー、そしてDJとして活動している「Floating Points」ことサム・シェパード。ロンドンを拠点に活動...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
9月8日の発表から、見どころを抜粋して紹介。国内で発売されるiPhone 7 / iPhone 7 Plusは、約0.1秒でデータの読み書きができるFel...
高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
旅好きの女性に、ぜひともオススメしたいアイテムがこちら。ちなみに、自分の周りではかなり好評なんです。一緒に旅行に行く男性からすると、持ち運びが大変だなあと...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...