「ポカリを飲むと酔いやすくなる」ってホント? 大塚製薬に聞いてみた

「ポカリスエットを飲むとお酒に酔いやすい」

この噂、聞いたことある人も多いでしょう。お酒を飲んだ後、コンビニでポカリを手に取ったところ「アルコールがまわっちゃうよ」と言われたことがある人だっているかもしれません。それほど有名な噂です。

なるほどたしかに、ポカリスエットと言えば水分を体内に素早く吸収するイメージ。となると、アルコールの吸収も早くなるのでは? と想像は膨らみます。

なんて素人が考えても仕方ない! ポカリスエットの発売元である大塚製薬に直球でぶつけてみたところ、意外な答えが……。

Q:ポカリスエットを飲むとアルコールが早くまわるって本当ですか?

Medium 5fdce9938043b61eb7e55dbac45ea165deeac404

「ポカリスエットを飲むことで、お酒に酔いやすくなったり、アルコールが早くまわるというのは、誤解です」

質問に対する大塚製薬の正式な回答です。ここまでは誰もが、そうだよな〜といったところでしょう。まあ普通に考えて、そんなに危険な飲み物がここまで一般に流通して、長い間愛飲されるわけありません。意外なのはその後の話です。

「むしろ、ポカリスエットはお酒を飲んだ時こそ、飲んでもらいたい製品なんです

運動時にポカリという人はいますが、飲酒後にポカリを一杯というのはあまり聞きません。

なぜ、飲酒後にいいのか? そこにはポカリスエットのスゴイ機能が隠されていました。ここからは、その機能をまとめて紹介していきましょう!

飲酒後に注意したいのは、
ズバリ「脱水状態」

Medium d4dc661e213ec5b42cd4ff49b01cef3557ab7a2e

過度なアルコール摂取が、さまざまな健康障害を引き起こすのは周知の事実。一方、自分では適量と思って飲んでいても、注意したいのが脱水状態です。

よくお酒を飲んだ後、喉が乾くことってありませんか? あれはアルコールの利尿作用によって、体内の水分が大量に排出されることなどが原因。ビールを1000ml飲んだことで、1100mlの尿が出た……という試験データもあるぐらいなんです。つまり、飲むアルコール量が少なくても、尿として体外に出る水分量のほうが多くなることだってあるわけです。

たいていの人は、飲酒時に酔っているかどうかを気にしていますが、酔っている時はもちろん、自分では酔っていないという時でも、脱水状態には気を配るべきなのです。

「体の水」に近いからこそ
補給もスムーズに

Medium 9218f24df1edf0a05d01ff05e0e2ca9000ea2ee0

ポカリスエットのHPには、「水よりも、ヒトの身体に近い水」と掲載されています。

よく言われる通り、人間の体の約60%は水でできています。ポカリスエットは、ナトリウムなどのイオン(電解質)を体液に近いバランスで含んだ健康飲料。つまり、体を作っている水に近いので、利尿によって失われた水分を素早く補給できるわけです。

お酒を飲んで、喉が乾いた時には水をたくさん飲むといいと言われていますが、ペットボトルの水よりもポカリスエットのほうが水分補給がスムーズにできます。

ちなみに運動や夏の暑さなどによる発汗で水分が失われた場合でも同じ。厚生労働省と日本体育協会が熱中症対策として推奨する飲料の塩分濃度は0.1〜0.2%。これは100mlの水に対して、40〜80mgのナトリウムが含まれている計算になります(※)。そして、ポカリスエットは100ml中に49mgのナトリウムを含んでいます。

飲酒後の脱水状態に、熱中症対策に、ポカリスエットがいいというのは、同じ話なんですね。

平成21年6月発表、厚生労働省「職場における熱中症の予防について」より

飲んだ後の
キープ力もすごい!

Medium 2278811e04395368a64e847579d168f5c80ad765

こんな試験データもあります。

健康な成人男性12名が、水とポカリスエットを飲んで2時間安静に座った後、体内に残ったそれぞれの割合は水が約38%、ポカリスエットが約57%でした(※)。

数字が示す通り、ポカリスエットは、水に比べて体の外に排出されにくく、長い時間体を潤してくれます。これも理屈としては、水分補給と同じ。体液に近い組成だからこそ、体に吸収されることで、結果体内でその水分をキープすることができるのです。

飲酒後・運動後だけでなく、飲酒前・運動前に飲んでおくのもオススメできそうです。

※『Doi T,et al:Avlat Space Environ Med(2004)』を改編

知ってた? 
飲酒後に無料で水分補給
「ポカリタクシー」

飲酒後にポカリスエットがオススメ、というのは、現在少しずつ浸透しつつあります。例えば、今年の1月21日〜2月20日まで行われたキャンペーンでは、日本交通タクシー60台とポカリがコラボレーション! 

コラボタクシーでは表示灯がポカリ型なのに加えて、乗車すると車内のタブレットでポカリスエットのCM動画が。それを最後まで見ると「1本飲む!」ボタンが表示され、乗務員からポカリスエット500mlペットボトルがプレゼントされるという、なんともユニークな取り組みでした。

飲酒後は、ポカリ。脱水状態を防ぐために、あらためて覚えておきたいところです。

Medium 253c5ab4c77ed9eadec4b0ab37e40909f5addb9e
Sponsored by 大塚製薬
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
脱水症状といえば、夏に起こるもの。こう思っている人ほど、じつは危険。真夏のようにダラダラ大量の汗をかかなくても、昼夜の寒暖さが激しい、今の時期だからこそ気...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
現在の自分の体重から「1日に必要な水分摂取量」を割り出す計算式を、健康情報サイト「Health & Love Page」より紹介します。意識して飲...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
お酒を飲む人にとっては、飲み過ぎて記憶をなくした経験は誰もが一度は持っているかもしれない・・・。人間関係を潤滑にしたり、ストレスを発散したり、適量を飲んで...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
呼気からアルコール濃度を検知し、その日のペース配分や、明日への影響、お酒が抜けるまでの時間などをアドバイスしてくれるポケットサイズのアイテム。その名も「T...
今回紹介するのは、最近話題になっている、とある映像。先にストーリーを説明すると、受験直前の女子高生が緊張で自信を失いそうになる中で、さまざまな思い出を振り...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
特売でお肉やお魚をたくさん買い、小分けしたり冷凍して使うことってよくありますよね。しかし、一度冷凍してしまうと、色が悪くなったり、臭みが出たり……さらには...
2日酔い防止のために、いろいろな方法を模索している人、きっと多いですよね?でも、どうやら全部無駄だったのかもしれませんよ。残念…。アメリカ科学振興協会(A...
健康維持のため控えるべきものの代表例といえば、アルコールと砂糖。では、その両方を1ヶ月間断つと、人間の身体にはどんな変化が現れるのか?体当たりでこの実験に...
普段あまり気にしていないかもしれませんが、尿の色って様々な健康状態を表しているもの。「AsapSCIENCE」の動画では、様々な環境によっても変わる色とそ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
最近「お酒の量がめっきり減った」のは、体力的な問題?そう自問自答する人へ向けた記事がこちら。「Elite Daily」が、医療ジャーナリストのKevin ...