「鎌倉が好き」という人も、こんな風景は見たことないかも・・・

イメージしていた景色や匂いと、実際がまったく違っていたとしても、全然OK。なんと言っても、旅は発見があるから素敵です。

鎌倉は、とくに関東に住む人にとって身近な観光地。テレビや雑誌でも何度となく取り上げられているし、そのイメージは多くの人のなかで固定されています。けれど、視点を変えれば、新鮮な風景はいくらでもあります。

Medium 82a77f9bf47c7ab51bd1416a4ff1fea9e0d14c53

この記事で紹介するのは、そんな鎌倉のアナザーサイド。早朝から夕方まで、1日を鎌倉で過ごし、撮影しました。きっと新しい発見があるはずです。

早朝の海岸は、漁師たちの仕事場

Medium 963fb1be7468fb14e333afe4e2680c392b757791Medium 25b6efc5699419a30e22eaa091b9de3baf7c0e29Medium 50098c150d5d7622c01f858c2b0f798e68837960Medium 2dcdace89200ef9c0b1f1ebbe5254b69b66f2cf8

早朝の材木座海岸。観光客がやって来る、ほんの数時間前のこと。

そこでは、地元の漁師たちが出勤する姿を見つけられます。彼らは名物であるシラス漁へ出かけるところ。砂浜で枯れ木に火をくべて暖を取り、漁船を停泊させた近くの港にまで行く船を手で押して海へ出るーーこれもまた鎌倉の風景です。

自然の力強さがみなぎる、市場の野菜

Medium e37b2ba1dbd6e769207435048138aa54069a5715Medium ecb9c6f8b553ae4a488860649d48971ef2d74369

早朝の海岸を散策した後に立ち寄るなら、海岸にほど近い鎌倉市農協連即売所。レンバイの名前で親しまれるここは日本初のマルシェと言われているけれど、無骨で装飾のない雰囲気。市場と言ったほうが、なんとなくシックリくるかも。

並べられた地元で育った鎌倉野菜に目を凝らしてみると、水滴や土がついていることに気づきます。そして、スーパーではなかなか見ることのできない野菜の色。鮮やかなだけでなく、どこか土っぽい自然の彩りに惹かれます。

ハンドドリップのコーヒーで一息、北鎌倉は名所への道程も楽しみたい

Medium 94bef2c0c4b1ad67ead12f46b43bba27f60ec20b

早朝から鎌倉を散策するなら、朝7時にオープンする『THE GOOD GOODIES』は、覚えておきたいスポットです。昼間は観光客も多いけれど、朝のコチラは地元の常連たちが出勤前の一杯を楽しむお店。その雰囲気が、またいいんです。

オーナーが作り上げるのは、無機質なのにほのかに温かみを感じる小さな空間と酸味が印象的なハンドドリップのコーヒー。

場所は、御成通りの路地。北鎌倉へ行く前に一息つくなら、ココです。

Medium 1b5563ec2b75e05c922ae5faeaa3eb1caf162b29

北鎌倉と言えば、寺院等の名所が多いエリア。コーヒーショップほどではないにしろ、比較的早い時間から寺院は開いているので、過ごしやすい朝の時間帯に訪れるのがベターでしょう。

写真は、明月院へと向かう道すがらで見かけた紫陽花。水を張った大きな瓶の中に、飾るともなしに浮いていました。

目的は観光スポット。でも、そこに向かう途中にも発見はたくさんあるーー鎌倉の魅力って、名所以外の風景にもあるんです。

Medium 9023dc54a3593ee0aafe3a538f17f7cd123df9efMedium 137fbd00c04c582c578e60ec850004592a90a839Medium 2f4af5f183857d1d9709aeeb346250f9a1348d56

同じく、北鎌倉の風景を。

一帯は、新緑と一言で片付けるのはもったいないほど、緑のバリエーションが豊富。竹林もあれば、水滴が輝く葉っぱが美しい森林もあります。苔に覆われた、佐助稲荷神社の祠(ほこら)の鬱蒼とした緑にも惹かれるでしょう。

このあたりは、晴れた日でも木々が生い茂っているため、光が入りにくい。だからこそ、表情豊かな緑が目を楽しませてくれます。

鎌倉だからこそ説得力が増す、カリフォルニアスタイルのランチ

Medium 3fa8a8d489f84cb3dfeab8fd129116f2b2713977Medium a4277f569fc1befb69bea6804f262fcbd325496d

混みあってくる時間帯には、北鎌倉を後にして、再び海の方へ。

小腹を満たすなら、カリフォルニアテイストのダイニングバーはどう? 巷で人気が再燃しているアメリカンカジュアルの世界も、街中ではなく海沿いだからこそリアルに感じられます。

例えば、由比ヶ浜の『シードレスバー』。なにを頼んでも美味しいけれど、お店の世界感を堪能する意味でもビッグサイズのバーガーは外せません!

再び海へ
サーフィンは「見る」のも、いい

Medium 8a31f80332a27b59bbfa99c9907d6fde8da5c123Medium 45ccb3545334c8a01041fc523fe0faa4477e18d0

海での過ごし方は、なんでもOK。なにかしてもいいし、なにもしないというのも手です。

例えば、波と戯れるサーファーたちを遠目に眺めているだけ、とか。アクティビティとしてじゃなくて、風景としてサーフィンを楽しむ。案外これが贅沢な時間だったりします。

お決まりのスポットだって、
視点を変えれば新鮮に!

Medium 6c36618a454f7a59408caab5a0a8ed5fa15f8c40

鎌倉と言えば、江ノ電。定番です。記念撮影も悪くないけれど、どうせならちょっと視点を変えて撮影してみるのはいかがでしょう? 元来フォトジェニックな車体。あえて周囲の雑然とした風景を合わせることで、臨場感が増し、思い出の一枚に。

カメラと一緒に歩くことで出会える
見たことのない鎌倉の風景

テレビや雑誌で見たことのあるところだって、カメラと一緒なら、自分だけの視点で楽しめます。「撮りたい!」と思うのが、必ずしも人気スポットとは限りません。

例えば、『EOS M3』。コンパクトながらも本格的な写真が楽しめる、このミラーレスカメラなら、同じ風景でもまったく異なる捉え方が可能です。また、レンズを変えられるので、望めば表現力は無限に広がります。

鎌倉に何度も訪れているという人も、もう一度カメラを持って出かけませんか? もちろん、鎌倉じゃなくたって構いません。きっと新しい発見が待っていますよ!

Medium 4ac9a815b9d077a5d8c053fa1c7e96883d4c1be7

この記事の写真はすべて『EOS M3』で撮影しています。

Sponsored by キヤノンマーケティングジャパン株式会社
突然ですが、少しだけ小学校時代を思い出してみてください。時期は夏休み終盤。ニ学期の開始まで、残り一週間を切っています。ほとんどの人は依然として宿題が残って...
もはや今さら言うことでもありませんが、鎌倉・江ノ島は多くの魅力が詰まった人気観光地。都心からわずか1時間ほどでアクセスできる利便性も相まって、週末になると...
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおうーー。経産省によって公開された...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
時代が移ろいゆくにつれて、どんどん便利になる世の中。たとえば、発達する医療。そのおかげでわたしたちは、長生きができるようになりました。現在の日本人の平均寿...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
ファッションと音楽とカウンターカルチャー、そして政治へのメッセージが絡み合い、世界の若者たちがムーブメントを起こした70年代。この時代にファッションを発信...
“幻想的すぎる滝”が、主にInstagramユーザーの間で話題になっています。なんでも、あまりに美しいその景色を一目見ようと、訪れる人が後を絶たないのだと...
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...
亡くなった祖母の化粧台から見つけた小さな手かがみ。最初は、祖母の記憶の断片を探すように、ただ手かがみを置いて撮影していた。それがいつしか、どこへ行くにも手...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...
フォトグラファーのMikko Lagerstedtさんが捉えるのは、地元フィンランドとアイスランドの自然。実際の景色とは思えないほどの美しさ、とくとご覧あ...
もしかしたら、これから登場する写真が、あなたにはただの風景画にしか映らないかもしれない。けれど、これが「斜め45度」の世界。2枚、3枚と続くうちに、いつし...
ポルトガル、ウェールズ、ドイツ、フランスとベスト4が出揃い、ますます目が離せなくなってきた「UEFA EURO 2016」。連日寝不足気味で出勤している、...
スマホのおかげで、それまであまりカメラに興味がなかった人でも、気軽に手元に写真を残せるようになりました。「みんな、もっと写真を撮ればいいのに」と思...
空っぽでも十分イケてるけれど、ビールを注げばより味が出る。実はいま、そんなグラスの注目度がグングン上がっているようなんです。ビールが夕空を演出し、風景がノ...
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...