ついつい「モノを買ってしまう人」への、ゆる〜い皮肉。

先日、Amazonでイヤホンを買ったとき、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」で、イヤホンケースを発見。何の変哲もないデザインなのですが、思わずポチってしまいました……。でも、後悔はしていませんよ。だって、安かったし、バッグの中でコードが切れる心配もないワケだから。

だけど、ここで紹介する「アート作品」を前から知っていたら、あのとき、僕の指はきっと違う動きをしていたはず。

現実だと違和感たっぷり…

41328233ee102548427eb6d2c312ee6fa1bc74a8Fb5b0f6efc11aaa1d28ae0b68a46538c1ff8851cD6ac591fe4fe7e17fe2ad24610074c566a700be47da51047f4ba90e9bf35a9b475cc3fe60e0f7c668f3335f286279f498bcac3dc324f798c118e56b8Eb36c496e147af628bef90ac5e4e751c1159887fE58b901b15163eaf3ba26a53178a2562d5f77d9d4fee2c5f1dc6f254e1078c59b820db1d38185c2d

アーティストのScott KellyとBen Polkinghorneによる観光をメインにした作品は、僕のような人に向けられたもの。つまり、レコメンド機能に反応して、衝動的に何かを決めてしまう人

キッパリ止めろ!と言いたいのではなく、「本当にイイのか?」と、一歩立ち止まって考えられるようになって欲しいのだとか。

現実生活で考えてみれば、こんなことをしていたのかと痛感してしまいます。彼らは、多くの人をギクッとさせるだろうことも言っています。

「もしも、ネット情報で行動が決まってしまうならば、僕たちの決定権ってどこにあるんだろう?」

Licensed material used with permission by Scott Kelly, Ben Polkinghorne, Homepage
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
女性ブロガーのSusannah B. Lewisは、生まれた日からひねりのある性格だったと豪語します。ドライなユーモアで、面白半分に爆弾発言をポロッと投げ...
一瞬、明るいコミックかと思いきや、皮肉で毒っ気たっぷりのブラックジョークがまぶされた作品に出会った。一癖あるコミック集『LOLNEIN』を世に送り出してい...
これは「Expanded Consciousness」に掲載された、ジョークや著名人の発言などを抜粋したもの。一瞬考えさせられますが、ウィットに富んでいて...
サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会へ...
以前のぼくは「欲しいモノを持っていない」自分を不幸に感じていた。しかし本当は僕の願いはすべて叶っていたし、欲しかったものはすべて持っていた。家も仕事も服も...
眺めていると楽しくもあるんだけど、ちょっとチクっとくるレトロな絵にう〜んと、考えさせられてしまった。この作品の生みの親は、イギリスで活躍するイラストレータ...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いたのは、テクノロジーに依存した社会を風刺したもの。確かに…と思えるものやドキッとする作品は必見...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
私たちは日々、数え切れないほどの広告に囲まれて生きています。テレビを見るとき、電車に乗るとき、ネットサーフィンをしているときも、至るところで「広告」を目に...
社会風刺アニメが国際的にも認知され、いまや国際的な映画祭で数多くの賞を受賞する作品が次々に登場しています。ここに紹介するアニメも考えさせられます。とくに仕...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
ブリティッシュ・コロンビア大学の研究曰く人間は「モノよりも時間を買ったほうが幸せになれる」。でも、そもそもなぜ現代人はここまで「時間がない」のか。「瞑想ブ...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
私たちが普段、新聞やニュースでよく目にする「GDP」や「株価」などの、お金の動きの背景には、様々な人と人とのつながりがあり、信頼関係があります。そのような...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
「モノに溢れた豊かさは、本当の意味での幸せではない」。父の死を乗り越えるため、自分への試練を課したライターAssya Barrette氏。200日の経験か...
「お金は、モノに替えるよりも経験に使うべき」。一見、当たり前に思うことほど、おざなりにされてしまいがち。経験にお金を使うことが、どれだけ人生の財産になり得...