まるで映像化!ゴッホ作品をエブルアートで再現(動画あり)

水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。

と、小難しい話はさておき。トルコのアーティストGarip Ayは、この方法でゴッホ作品『The Starry Night』を再現。その制作工程を記録した動画は、エブルアートならでは。絵画が静かにうごめく様子に目が奪われます。

サイン入り完成画は、Etsyで購入可能。

この描画方法は、今ではズボッと腕を浸してペイントを水圧転写させる「ボディマーブリング」などにも応用されていますが、唯一無二の模様が描けることから、昔は公文書や重要書類の装飾として使われていたと言われています。転写後の絵画も見応え充分。以下、彼の作品をいくつか。

9a45430f343a9229c2c45ebd67a517f95bca2470A33dbbcc30dfb54e1ac5e14632cd65687c556ce3Cb571080ca75cd51eae7ce31f87a0cbc6fa82a21

色が混じる境界線が印象的ですよね。そのほかInstagramに作品が投稿されているので、気になった人はチェックしてみて。

Licensed material used with permission by garip ay(Facebook, YouTube)
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
チェコ生まれで、現在はノルウェーで暮らしているエヴァさん。今年で69歳になった彼女に、パートナーはいません。ここ数年間相手を探し続けているのですが、なかな...
歴史に残る名画に、“動き”をつけたらどうなるか?そんな疑問を、「モーフィング」という映像技術を使って再現してしまったのは、イタリア人映像作家Rino St...
「絵は誰にでも描ける」90年代前半に放送されていたNHKのテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気を博したアフロとヒゲのもじゃもじゃ画家、ボブ・ロス氏。30分間...
水や砂糖など、身近にある材料を使って描いた作品が注目を浴びているイギリス在中のAravis Dolmennaさん。どれも遊び心いっぱいで、絵本の中のような...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
ドイツ出身のSusanna Bauer氏は、自然のものを使って様々なオブジェを生み出すアーティスト。木のかけらや石など、普段はなんとなく見過ごしている素材...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...