【現実になる日も遠くない!?】死者の生前の記憶を再現する<MRI技術>が最先端すぎる・・・

日進月歩する最先端の科学技術は、警察の「犯罪捜査」においても重要な役割を担っている。指紋鑑定や声紋鑑定もその一部だし、DNA型鑑定の精度も昔とは比べものにならない。そして、ひとつの画期的な捜査技術が開発された。それが「MRI捜査」、人の脳に残された記憶を映像化するという技術だ。

使い方を間違えればパンドラの箱ともなり得る「MRI捜査」とは、一体どのような捜査なのだろうか──?

死者の脳に残された記憶を映像化する「MRI捜査」

Medium 8261f1ef69048069bd83643975d2042f49249a08

「MRI」とは「Memory Reproduction Imaging」の略である。臓器の断面像を得るために用いられている医療技術とは根本的に異なる。簡単に言えば、「MRI捜査」は殺人事件被害者などの脳に強力な磁気を当て、故人が生前に見ていた映像をスキャンし、その映像を捜査に活かす、というもの。

再現できるのは人の記憶に残された映像のみ。音声は再現できないため、捜査に十分活かすためには読唇術が不可欠となることや、死後時間が経った脳では映像化がそもそも不可能であること、スキャンしたものをスクリーンに映し出すには、まず死者の記憶を捜査官の脳に移行しなければならないなど、この捜査方法には物理的な課題もまだまだ多い。

期待されるメリット・・・捜査効率が格段にアップする

Medium 9871127afe6c0847cf76cd01cad3de7ee18c2684

事件前後の記憶をすべて蘇らせることができるとなると、捜査効率が良くなるのは言うまでもない。例えば、被害者の脳をスキャンすれば、そこには被害者が最期に見たであろう「犯人」の姿が写っているはずだ。となれば、何ヶ月かかっても解決できなかった捜査もほんの数日で解決できてしまうだろう。

不安視されるデメリット・・・法的証拠として適用できない?

Medium eada0c684256a28afbd92afcbeb0d32b1fb3ff5c

ただ、MRI捜査にはデメリットもある。脳内映像は当人の主観によるものであり、客観性が認められないため法的証拠にはならないのだ。つまり、現状では確実な裏取り捜査が別で必要になってくるということ。さらに、事件に関係のない記憶をも映像化してしまうので、モラル的観点からしても「完全な正義」とは言い難い。

そして、もうひとつ。じつは一番恐れられているのは、MRI捜査に従事した人間の精神に異常をきたす可能性があるということ……。死者(犯人や被害者)の喜怒哀楽といった感情ともいえる記憶も移行されてしまうため、客観性を失った瞬間、脳内が死者の記憶に浸食されてしまうのだ。もしそれが猟奇的殺人犯のものだったら──精神錯乱も致し方ないだろう。

近い未来には現実に……!?

実はこの「MRI捜査」、すべて架空の産物。とはいえ、現在の技術も既にその一歩手前まで来ていると言っても過言ではない。例えばカリフォルニアでは映像を見た時の脳内の血流を解析し、測定値から脳内映像を再現させることに成功したという例もある。2017年には、イタリア人医師の手によって世界初の「頭部移植手術」が現実に行われようとしている。

それら技術の延長線上にMRI捜査は存在する。制度として確立すれば警察業界に革新をもたらすのは間違いないだろう。

「MRI捜査」が実現した近未来をリアルに映像化!映画『秘密 THE TOP SECRET』

「MRI捜査」が取り入れられた未来は一体どのような世界になるのか?それをリアルな映像で観ることができるのが8月6日(土)に公開される秘密 THE TOP SECRET』だ。

映像不可能とされた清水玲子の手による人気原作コミックを大友啓史監督が満を持して映像化。2060年の警察庁を舞台に、MRI捜査を用いて事件の真相を暴いていくという手に汗握るストーリーもさることながら、映像化に5年の月日を要したと言われる脳内記憶を映し出すスクリーンやMRIスキャナーのセットは必見だ。

映像にさらなるリアリティを吹き込む俳優陣の演技も見どころ。生田斗真や岡田将生、吉川晃司、松坂桃李、栗山千明、リリー・フランキー、椎名桔平、大森南朋など実力派はもちろん、特筆すべきなのは今回ブラックヒロインに抜擢された織田梨沙の怪演。まさに記憶に刻み込まれること間違いなしの映像をぜひ劇場で体感して欲しい。

Medium c34459c0964581c6a65b663cbdadc7e3a2695def
Sponsored by 松竹株式会社
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
「年に1度、私の誕生日だけ空に無数の光が飛ぶの!」育ての親ゴーテルによって、幼い頃から塔に閉じ込められていたラプンツェルの唯一の楽しみ。それは年に1度だけ...
元FBIおとり捜査官という異色の肩書きを持つLaRae Quy氏。捜査官時代に経験した訓練施設での体験を通して、成功のためのプロセスをどう自分自身で描いて...
子どもの頃や学生時代はあれだけ盛大にお祝いしてもらっていた「お誕生日」。でも大人になるにつれて、お祝いしてもらえる機会って少なくなってきますよね。ここで紹...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...
「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれません。が、北米放射線医学学会の研究で、色素の一種である「メチ...
2016年3月3日、ロンドン大学クイーン・メアリーの科学者による衝撃の研究結果が発表されました。なんと、あの正体不明のアーティスト「バンクシー」を特定した...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。とはいえ、「継手」とはなんぞや?という人も多いはず。それは、大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だ...
自分が生まれた日に、何の映画が全米で興行収入一位だったのかを簡単に調べられるサイト「Playback.fm」が話題になっています。自分が生まれた日の全米N...
「ナ、ナンダ!」「スゲェ、予想をはるかに超えてる!」これは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着して、ポルノを見た人たちの反応。VRとは仮想現実...
「VRメガネ」をつけてゲームや動画を楽しむ人が増えました。ここで紹介する動画作品は、VRメガネがレンズ型へと進化した未来を描いたSF作品。最後に待っている...
20代を振り返って反省したり、将来のことが心配にもなってくる30代。「本当にこのままでいいのか?」と不安が襲ってくるのは、アナタだけではありません。そんな...
『光を灯す/future with bright lights』と題された動画は、電気設備工事などで知られる総合設備企業「関電工」によるwebムービー。な...
ワンちゃんはマブダチ!ファミリー!そう思っている人も多いはず。じつは、彼らも人間の感情をちゃんと理解していると科学的に示された研究結果があります。2014...
警察官が人を呼び止めるケースは、どうしても「犯罪の取り締まり」のイメージが強い。でも、ここカナダ・ナナイモでは、真逆のことが行われています。彼らが捕まえて...
「遊んでばかりいないで宿題やんなさい!」と怒られた記憶のある人も多いかも。でも、ゲームが上手い人程、頭がいいという理論は、いろいろな調査によって確かになり...