ドアを開け閉めするだけじゃない。「ドアマン」という仕事人から学ぶ、プロフェッショナルの流儀。

ドアマンという職業を知っているだろうか。ホテルやレジデンスのドアをひたすら開け閉めする、あのお仕事。表舞台に出ることのない仕事人からこそ、彼らから学べる姿勢というものがある。

「住民にドアを触れさせない」

Medium c63256d70b1824a1a8c08a9486b94f7e6ca7ad09

ホテルやレジデンス(居住)ビルの玄関で、燕尾服のような制服に身を包んだスタッフが、笑顔でドアを開ける。統計によると、ニューヨークで働くドアマンの平均年収は3万5,000ドル(約350万円)。「ロビーに突っ立って、ドアを開けるだけでそんなにもらえるのか」と思うなかれ。

ドアマンの仕事の幅は広く、深い。試験や資格こそないが、空気を読む力など高いコミュニケーション能力が求められる。

日本ではまだ馴染みが薄い職業だが、ここニューヨークでは、ドアマンビルに住んでいることは、ちょっとしたステータスでもある。マンハッタンの居住ビルのドアマンたちには「住民にドアを触れさせない」というポリシーもあるらしい。

Medium 95a874baa40c50cdd56d18d320fa916758fc06b0

さて、ドアマンの仕事は、住人や客を迎え入れ、送り出すだけではない。人の出入りを注意深く観察し記憶するのも、保安管理と信頼維持、両方の点から重要な仕事だ。いまビル内にいる人、いない人を把握できていればいるほどいい。また、届いた荷物の管理、言いつかった用件やトラブルを、的確な判断で冷静に片付ける。何よりも、「ビルの顔」として常に誠実であることが求められる。

面白いのは、仕事の得方。自分の働きをアピールすることこそが出世の定石ともいえるアメリカ社会だが、ドアマン業界(サービス業界全般といえるかもしれない)では、「ヘッドハンティング」だ。

ドアマンの求人は大きく市場に出ることはなく、新しいホテルやレジデンスビルが完成する頃、現存の中から優秀なドアマンを探す。「あのビルのあいつがいい」という、評判ベースの引き抜き合戦が行われるのだ。

「いつも誰かが見ている」ことを意識

Medium 580661dd9fb1f1395f29750f7cdc8c36288a8626

実際に、高級ドアマンの仕事ぶりって、どんなものなんだろうか。セントラルパーク近くの高級レジデンス、「Grand Tier」に勤務するドアマンを訪ねてみた。

Medium 234aa4a4520bcbecd583dd229051b96826a7baab

制服負けしない凜とした立ち姿が、その存在を際立てる。ドアの内側から通りを見つめる眼差しは鋭いが、過度な緊張感はない。フロントデスクにいようと、彼らの意識は常にドアの前方と後方にある。25年のキャリアを持つというチャーリーは、静かに語る。「わたしたちの仕事は、このビルのクオリティーを体現するものだから」。

「いつ誰が見ているか分からないからしっかりやれ」という、小さい話ではない(そうであっても教訓にはなるが)。お天道さまが見ているという言葉があるが、チャーリーが周囲への心配りを意識したのは、自身がひざの手術のため1週間ほど休んだ後、職場へ戻ったときだったという。

Medium e29d5ff98d3397b8fc30d82b8ade8b1c0f6fb42d

「最近見なかったけれど、どうしてたの?」

住民ではない。ビルの前をいつも歩いているという通行人が声を掛けてきたのだ。「気づかないだけで、常に誰かが見ていてくれていたことに気付いたのです。こんな素晴らしいことってないでしょう?そうと知ったら、下手な態度で仕事はできません」と微笑む。

Medium 09cc5418a26ef8d2f8161283061675f4fe474b4b

自意識過剰ではなく、他者に与える印象を意識して自らを律するために、胸を張り背筋を伸ばす。この姿勢こそが、プロフェッショナルの流儀だ。

「誰かがどこかで働きを見ている」。ドアマンのヘッドハントは評判ベースであると前述したが、出世のためだけではなく、プロとしてその意識を持つのと持たないのでは大違い。ドアマンだけでなく、どんな職種のプロにも教訓となる姿勢だ。ではドアマンとして、住人やコミュニティーと良好な関係を築くコツとはなんだろう。

つかず離れず。絶妙な距離感を保つ

Medium 75262e7339baba0a392f5dfc8d23fd2daeacac8f

住民の家族形態は様々、年齢も様々だ。人間も十人十色。「適切な距離感をどう学ぶ?」と聞くと、「とにかく感じて学んでいくしかない。“too much(やり過ぎ)”だったら、相手の顔と態度で分かる」と、若手のペドロは答える。「失敗した」と感じたら軌道修正し、ベストな関係を築くために日々、誠実に冷静に仕事で示していくしかないという。  

住民とドアマンが、ハイファイブ(手を掲げてたたき合う)やフィストバンプ(こぶしをぶつけ合う)で気取りのない対等なあいさつを交わす姿を見ると、「いいレジデンスなのだろう」と思う。そんな日常の一コマが、ここニューヨークにある。「誰かが見ている」そう意識するだけで仕事の質も人間関係も向上するならば、一つやってみようじゃないか。

HEAPS

「時代と社会の、決まり文句にとらわれない」ニューヨークに拠点を置く、サブカル&カウンターカルチャー専門のデジタルマガジン。世界各都市の個人・コミュニティが起こすユニークな取り組みやムーブメントをいち早く嗅ぎつけ配信中。世界のマイノリティたちの生き様を届けます。www.heapsmag.com

Text by HEAPS
Photos by HEAPS
イギリスやアメリカで活躍するフォトグラファーのSam Golanskiさんは、一風変わった写真を撮っている。それは、ニューヨークのドアマン。昔ながらの変わ...
キーケースから鍵を出す、あるいは、ナンバーロックを打ち込む。「Ola」ならそれらの動作は必要ありません。ドアノブに手をかけるだけで、家主を指紋認証。1秒足...
ネットやAIが急激に発達している現代では、技術というとなんとなく無機質なイメージ。毎日触れているのに、どこか近寄りづらい印象すらある。でも、その根底にある...
仕事ができる人をスポーツ選手になぞらえて「プロフェッショナルだ」「アマチュアの域だ」と評することがあります。では、この「プロ」と「アマ」の境目には、何があ...
「営業は大変なもの」「嫌なことを我慢するから成績が上がる」というのは本当でしょうか?答えはNOです。私は、ある日を境に、やりたくない営業や苦しいことを克服...
五島聡エフピーステージ株式会社代表取締役ソニー生命保険に入社後、2年4カ月という同社最短記録でエグゼクティブ・ライフプランナーに就任。「継続貢献営業」や「...
五島聡エフピーステージ株式会社代表取締役ソニー生命保険に入社後、2年4カ月という同社最短記録でエグゼクティブ・ライフプランナーに就任。「継続貢献営業」や「...
五島聡エフピーステージ株式会社代表取締役ソニー生命保険に入社後、2年4カ月という同社最短記録でエグゼクティブ・ライフプランナーに就任。「継続貢献営業」や「...
犬や猫のような見た目ながらも、骨格むき出しな見た目やカクカクした不気味な動きでたびたび気味悪がられていた四足のロボットたち。ただ、その能力は高く、悪路走行...
「好きなことを仕事にしている人」は、ほんのひとにぎりかもしれませんが、「仕事で好きなことを見つける人」なら周りにもけっこういるのではないでしょうか?なぜ、...
五島聡エフピーステージ株式会社代表取締役ソニー生命保険に入社後、2年4カ月という同社最短記録でエグゼクティブ・ライフプランナーに就任。「継続貢献営業」や「...
海外各紙が、俳優アラン・リックマンの訃報を報じています。69歳でした。映画『ハリー・ポッター』シリーズで、セブルス・スネイプ役を演じ、原作ファンからも「ス...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
次の仕事が見つかるまでは、今の仕事をやめちゃいけない──。そんな世間の常識(?)を無視して退職し旅に出た、エイプリル・バークさん夫婦。彼らは、訪れた11ヶ...
シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつ...
クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハ...
ニューヨークを好きになったきっかけは『Sex and the City』だった。キラキラした大都会で、主人公のキャリーが気取らないリアルな毎日を送っている...
「一切のムダを出したくないので、レストランをはじめます」。 そんな型破りな宣言とともに突如ブルックリンに現れた“残飯”レストラン「Saucy by Nat...
時代が進むに連れて、必要とされなくなっていく職業がある。世界の歴史を紐解くと「こんな仕事が昔はあったんだ!」と驚くものがたくさんあった。ここでは、世界から...
寂れた街のストリートを、夜な夜な吹き溜まる不良どもが占拠する。おもむろに立ち上がると思うとスプレーを一振り。ふと朝目を覚ませば、昨日までなかったそれが、壁...