「プロフェッショナル」と「アマチュア」の10の違い

仕事ができる人をスポーツ選手になぞらえて「プロフェッショナルだ」「アマチュアの域だ」と評することがあります。では、この「プロ」と「アマ」の境目には、何があるのでしょうか?

厳格な境界線があるわけではありませんが、主にこんなところがプロとアマの差なのでは?

1.高い目標と明確で厳しい基準を持っているか、いないかの差

高い目標と基準

プロと言われる人は、目標を達成するために、目標と現実がかけ離れていても地道に根気よく続けます。
しかし、アマチュアで終わる人は、すぐに諦めるか、基準を緩めて妥協するので目標を達成できずに終わってしまいます。

2.常に成長を意識し、成長するための方法を考えているか、いないかの差

プロと言われる人は、現状に甘えるこことなく常に高みをきわめようとし、そのためにどうすれば良いのか、その方法を徹底して考えます。
アマチュアで終わる人は、何かを行って壁にぶつかったとき、これで十分と諦めて自分を慰めます。
あるいは、できるための方法を考えるのではなく、できない理由を見つけて、言い訳を自分や他人に対して言うことで現実からすぐに逃避します。

3.いつも明確な目標を忘れず、自己を良い意味で追い込めるか、追い込めないかの差

目標を忘れずに良い意味で追い込む

プロと言われる人は、常に目標を意識し、そのために今、何をやるべきかが明確に分かっています。
そして自分を良い意味で追い込み、無駄な時間を過ごしません。
アマチュアで終わる人は目標があっても、その目標が明確になっておらず、娯楽や息抜きについつい貴重な時間を浪費しています。

4.自分自身に強い自信と高いプライドを持ち、辛抱強く頑張れるか、頑張れないかの差

プロと言われる人は、強烈な自信とプライドを持って、目標を実現するためのモチベーションにして、辛抱強く頑張ります。
アマチュアで終わる人は、自信とプライドが持てていないので、挫折したときなど、早々に努力を諦めてしまいます。

5.自己の可能性を信じられるか、信じられないかの差

自分を信じられるか

プロと呼ばれる人は、可能性を信じられると、挫折をしても、壁に跳ね返されても、スランプで不調なときでも前へ進むエネルギーが失われません。
プロと言われる人には不可能の文字がありません。
可能性だけがあるので、いったん立ち止まっても、またすぐに前へ進み始めます。
アマチュアで終わる人は、可能性を信じていないので、立ち止まるだけでなく十分な努力をする前にギブアップしてしまいます。

6.自己保身が強いか、強くないかの差

自己保身が強いと、すぐに自分を守ろうとします。
守るために戦うというというより、戦いに負けることを嫌って現実から逃避します。
プロと呼ばれる人は、厳しい局面になっても自己保身に走らず、徹底して自己と戦い、現実から逃避しません。
アマチュアで終わる人は、自己が傷つくことを恐れ、すぐに現実から逃避します。

7.達成感に酔う時間が長いか、短いかの差

達成感に酔う

大きな目標を達成するまでには、途中でいくつもの小さな達成を繰り返しています。
プロと言われる人は、途中の目標を達成しても、その達成感に長く酔うことはありません。
大きく喜ぶことで次の目標にチャレンジするモチベーションを高めることはしますが、すぐ次に向けて気持ちを切り替えます。
アマチュアで終わる人は、喜びの余韻に長く酔って次へのスタートをなかなか切れないで、現状にとどまり続けます。

8.現状に満足するか、しないかの差

プロと言われる人は、初期の目標を達成したら、さらに次の高みを目指してチャレンジをします。
例えば、オリンピックで金メダルという最高の目標を達成できても、二連覇を目指して明日からでもチャレンジャーの気持ちで努力を継続します。
あるいは、常に進化する意識が強くあくなき探究心があります。アマチュアで終わる人は、燃え尽きてしまい、次へのチャレンジを簡単に諦めてしまいます。

9.確固たる信念に裏付けされたスタイルを持っているか、いないかの差

確固たる信念

プロと言われる人は、信念に裏付けされたスタイルを持っているので、ブレがなく前へ、前へと進みます。
しかし、アマチュアで終わる人は、自分自身に信念がないので、目標に向かうためにやるべきことがチグハグになり、右往左往したり、時には後退をしてしまうことがあります。

10.肩に力が入らない自然体で自分をしっかりコントロールできるか、できないかの差

プロと言われる人は、決して目をギラギラさせて、がつがつとした努力を行っていません。
むしろリラックスして自然体で努力を行います。
そのため、アマチュアで終わる人のようにやり過ぎて、しばらく休憩するなどの行動に大きな波がありません。
常にコンスタントに継続して努力をします。
また、自分を冷静にコントロールできているので、一喜一憂することもなく自己を的確に分析して長所を伸ばし、短所を強化します。

プロフェッショナルとアマチュアの違いを10個紹介しました。これはスポーツの世界でも、ビジネスの世界でも、はたまた男女間の付き合いにも応用できる内容です。どんな世界にもプロフェッショナルな人と、そうではないアマチュア止まりの人がいます。少しの差の積み重ねがプロとアマの大きな差につながります。紹介しましたことを1つでも、2つでも実践することで、プロと呼ばれるようになれる可能性があります。参考にしてください。

ドアマンという職業を知っているだろうか。ホテルやレジデンスのドアをひたすら開け閉めする、あのお仕事。表舞台に出ることのない仕事人からこそ、彼らから学べる姿...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
仕事に伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。このままでいいのか悪いのかさえも分からない…。そんなあなたへ、実際に成長する人、成長しない人の特徴を5つご紹介...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
プライドが高い人に共通する特徴をまとめました。また、彼らにはどのような心理が働いているのかについても、記事内では探っています。自分が当てはまっていないかど...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
本田直之さんと四角大輔さんの共著『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』では、仕事とプライベートを分ける「ライフワーク・バランス」ではなく。「...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
ある分野の頂点にたどり着くことができた人間は一流、という言い方ができる。しかし、頂点に立ったときに、自分の中で次なる頂点をまた設定できる。それをずっと死ぬ...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
人間の内面に焦点をあてる「Power of Positivity」。どの記事も“やればできる感”を与える内容が印象的です。ここでは、「自信をなくした時に思...
記憶に残るような上司はみな、いくつかの資質を持っているものです。そしてその資質は紙上には表せるものではなく、本当に必要なときに心の中にあらわれるのもの。「...
新たに迎える年には、今までと違った自分になるために、目標や抱負をしっかりと立てて頑張りたいと固い決意を持っておられる方も多いと思います。そんなみなさんのた...
私たちの心を時には鼓舞し、時には癒し、元気付けてくれる名言。長く語り継がれてきた言葉には不思議な力があります。そんな古今東西の名言に、遠越段さんが解説をつ...
昨今、「貧しくはないけれどお金持ちとは言えない」、いわゆる中流階級の層が狭まり、二極化が始まっています。お金持ちか貧乏か…もしも、前者を望むのであれば、「...
10年後、あなたの仕事はまだ存在しているでしょうか。もしくはロボットが替わりにやってくれている可能性は?現代は、仕事というもの自体が新陳代謝を迎えているの...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
働き方が多様化していく中、「本業と副業」の関係ではなく、「いくつもの本業(複業)」を平行して行なう“パラレルワーク”という働き方に注目が集まっている。ひと...
自分に自信がある男性って、かっこよく見えるもの。でもちょっと待って。じつはその人、単なるナルシストかも…?「Elite Daily」のライター、Alexa...