あなたは何のために働きますか?大きな目標に到達するために、いますぐ気をつけたいこと。

どんな人でも、多かれ少なかれ、理想の未来を描きながら生きているかと思います。こちらでご紹介する上田比呂志さんは、老舗料亭で生まれ育ち、紆余曲折を経て、幼いころからの夢である「フロリダのディズニーで働くこと」を見事に実現しました。上田さんは、夢を掴むために、どんなことを大切にしてきたのでしょうか。

上田さんの著書『日本人にしかできない「気づかい」の習慣』には、そんな、自分の理想の未来に近づくためのヒントがたくさん書かれています。夢は、待っているだけでは近づくことができません。大きな目標に到達するために、いますぐ意識したいことを、上田さんの言葉をなぞりながら一緒に探っていきましょう。

Medium 5b511f65cb35f064b3d3712d65febc898b1f0a92

大きな夢への、遠い道のり

フロリダのディズニーへの研修制度があると知り、大学卒業後は三越に入社しました。入社後、紆余曲折を経てディズニー研修に参加したあと、「絶対にもう一度戻ってこよう」と、私の意思はさらに堅くなりました。

ところが、そこからが本当に長かったのです。帰国後、さまざまな仕事を任されながらも「ディズニーでもう一度働くためにはどうしたらいいんだ?」と模索する日々。

悩んだ末に導きだした結論は、「まず足元の仕事を全力でやること」。結局のところ、気持ちだけでやりたいことはできません。

ようやく念願のときが訪れたのは、それから20年後。実績が認められ、フロリダ・ディズニーの「ワールドショーケース」で日本パビリオンのディレクターとして指名を受けたのです。

三越で学んだ
仕事の「型」

三越入社からディズニーに至るまでの20年間で、私はさまざまな「型」を学びました。その中でも最も教訓になったのは、「意識すること」の大切さ。意識を持つと、身につけたスキルが他のあらゆる物事と結びついていくのです。

たとえば「人に喜んでもらうにはどんなことをすればいいか?」と考えたとき。そのためには市場調査をして、ターゲットを固め、どう接客していくか?という一連の「型」ができます。これは他の仕事をする上でも応用できること。スキルに意識が加わることで、必要なときに、覚えた技を自分なりにカスタマイズして、臨機応変に対応していけるのです。

意識の有無は
気づかいの有無

Medium 8080687dc1a9aeb6cc718ce953cb85b590e96670

仕事にしてもプライベートにしても、何かをやっていればそのうち「型」は身についていくでしょう。しかし、前述したように、「型」を他の場面に活かすためには、「意識すること」が必要なのです。では、どんなことを意識すればいいのでしょうか?

それは「周囲を見渡そうとする意識」と「人の気持ちを察しようという意識」。そうした意識のアンテナを立てておくだけで、その場にあった対応ができるようになり、気づかいの能力に直結していくのです。

老舗料亭で生まれ育ち、大学卒業後は三越に就職し、のちにフロリダのディズニーで働くという長年の夢を叶えた上田比呂志さん。ディズニーで働く彼の視点から学べるこ...
仕事の現場でもプライベートでも、スムーズにことを運ぶためには、心地よい人間関係を築くことが大切です。相手に好かれるための、良かれと思った気づかいも、一歩ま...
チームがひとつの目標へ向かい、スタッフそれぞれが、やるべきことを懸命に取り組むことは、ほんとうに大切なことです。ディズニーが夢の国であり続けられるのは、そ...
また会いたくなる人と、そうでない人。その違いは何でしょうか。もし、相手に「また会いたい」と思わせることができたのなら、仕事やプライベートなど、さまざまなシ...
まもなく新年度。就職や転職、部署異動といったキャリアの転機を迎える人も多いと思います。厚生労働省が2013年に行った「労働安全衛生に関する調査」では、...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
お金があれば幸せになれる。そう信じてはいませんか?実は、「お金」と「幸せ」は関係ありません。自著『なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないの...
「一流」と呼ばれる人たちは、私たちとは根本的な何かが違うのでしょうか。実は、当たり前のことを続けているだけなのです。ここでは、誰でもできる、チャンスを引き...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
相手の行動を先回りして準備するのはおもてなしの基本。しかし、実は先回りのし過ぎも相手に負担をかけてしまうことがあるのです。ここでは、拙著『「また会いたい!...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
ディズニーのキャラクターたちが現実に実在していたら…。そんな切り口から劇画タッチでイラストに起こしたのが、オーストラリア、メルボルン在住のアーティスト J...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
人が何かを成し遂げるためにもっとも大事なことは、明確な目標を持つことです。自分の進むべき道やゴールがはっきり見えていないと、努力を続けることも困難になって...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...